【お悩み相談室】発達障害の息子は学校の行事が苦手です。少しでも行事に参加してほしいのですが…

小学校5年生の発達障害の息子は学校の行事が苦手で、参加できないことが多いです。息子に無理はさせたくありませんが、小学校の思い出になるので、できればいろいろと参加できれば、と思ってしまいます。何か良いアドバイスはありませんか?

11歳・男子のママ

我が家の5年生の息子も行事が苦手です。少しでも不安をなくしてほしくて行った事前準備についてお伝えしますね!

発達科学コミュニケーションリサーチャー 松尾歩

 

【目次】

 

1.小学校の行事になると渋る息子

 
 
普段の授業とは全く違う、行事の日。多くの子どもたちはワクワク、ドキドキ!楽しみにしていると思います。
 
 
しかし、5年生の息子はいつもと違うこと、いつもと違う人がいる行事ごとは、参加したくないタイプです。
 
 
 
 
うちの息子の場合、特に苦手なのが運動会。運動に苦手意識があるため、知らない人の前では恥ずかしい、うまくできなかったらどうしよう…と緊張や不安でいっぱいです。
 
 
発表会も体育館などでたくさんの保護者が見るようなときは、頑張って自分のやる気を起こさせないといけないようでした。
 
 
コロナになってから、クラスの中だけでの発表会になったときは、息子にホッとしている様子が見られました。
 
 

1日5分~OK!「できた!」で意欲を伸ばす
正しい発達トレーニングと教材を
無料で使い放題!

    ↓↓↓

 
 

2.なぜ、学校の行事などを、苦手に感じてしまうのか?

 
 
発達障害のお子さんは、脳の特性で苦手なことがあります。
 
 
そのお子さんによって苦手なことの大小はありますが、
 
 
・その子なりの解釈があるので、人とやり取りするときに誤解が生まれる
 
・不注意傾向があり、板書に時間がかかったり、先生の話を集中して聞くことが難しい
 
新しい環境に慣れるのに時間がかかる
 
・先の見通しを立てるのが難しく、急な予定変更が難しい
 
 
などです。
 
 
 
 
親としては、小学校の行事が苦手でもできれば参加させたい!もし一緒にできなかったとしても、見学するだけでもいい経験になるんだけど…という期待もあると思います。
 
 
ですが、本人に苦手なことをさせることはストレスにもなりますし、嫌なことはより記憶に残りやすいという特性もあるので気を付けてくださいね。
 
 

\2学期に我が子のチカラを伸ばしたいなら/
繊細ちゃんの不安を行動力に変える
方法が分かる本
↓↓↓

 
 

3.小学校の行事に参加したしてみたいという気持ちになる準備

 
 
本人の苦手に思う学校の行事には参加せず、学校生活をおくることを本人が希望するなら、それでもいいと思います。
 
 
もしも、見通しをたててあげることによって、参加してみてもいいかも?と本人が思いそうなら、それはいい経験にもなるので、お母さんがお子さんをサポートしてあげてほしいと思います。
 
 
息子は1学期の運動会は参加できませんでしたが、2学期の海の学習にはみんなと参加してみたい、という希望がありました。
 
 
1学期の終わりごろ、担任の先生に事情を説明して、前年までの内容とスケジュールを教えてもらいました。
 
 
場所や活動内容は去年までとほぼ一緒のようだったので、この夏休み中に現地まで下見をすることにしました。
 
 
目的地に着いた後は、訪れる施設の周りを歩いてみて、
 
 
「バスはこの場所に着くと思うよ」
 
「この施設の人が先生となっていろいろ教えてくれると思うよ」
 
「グループに分かれて行動するみたいだよ」
 
 
など、わかる範囲でそこで行われる情報を息子に伝えていきました
 
 
息子は「海の近くにこんなところがあるんだね。また来月バスで来るんだね」と、研修当日のイメージが持てたようでした。
 
 
 
 
当日の流れを理解したあとは、せっかくなので、その周辺の観光施設を訪れることもしました。
 
 
外を歩き回るのは暑かったですが、充実した日を過ごすことができました。
 
 
あとで、息子が「見に行けてよかった」と言ってくれたので、今回計画してみて良かったと思いました。
 
 
今後も、息子が苦手に感じやすい小学校の行事には、先生と連携をとって、不安をなくしていく準備をしていきたいと思いました。
 
 
息子と同じように学校の行事が苦手なお子さんがおられる方は参考にしてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 
発達障害の困りごとがあるお子さんへの対応策、多数公開中!
▼ご登録はこちらから

 
 
執筆者:松尾歩
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求&限定プレゼントはこちら
タイトルとURLをコピーしました