料理中のストレス激減!時短にもつながる!ニトリのポリ袋エコホルダー徹底解説

 

料理中の野菜のくずなどはどのように処理していますか?流しの三角コーナーでしょうか?私はニトリの「ポリ袋エコホルダー」を使うようになって、ストレスから解放されました。ポンポン捨てられてとにかく便利なこの商品を徹底解説します!
 

【目次】

 
 

1.何かと面倒!料理中の生ごみ処理

 
皆さんは料理の下準備中にでる野菜のくずなどをどうやって処理していますか?
 
 
流しに三角コーナーを置いてそこに入れておいて、最後の食器を洗った後の流れとして三角コーナーもきれいにしておく、という感じでしょうか?
 
 
実家で親と一緒に暮らしていたころは、私も同じパターンでした。
 
 
 
 
 
一応食洗器があったので、入らない調理道具を洗ったりした後、三角コーナーとシンクの受け皿のゴミ取りや掃除をするのは、時々しかしない私でも面倒だと思っていたんです。
 
 
三角コーナーのゴミは水にぬれているのでしっかり水切りする必要があるから、もありますが。
 
 
結婚後はアパート暮らしになりましたが、シンクが狭く三角コーナーを置く場所がないので、紙製の穴の開いたゴミ袋を使ってみることにしました。
 
 
けれども、私の場合は、耐水性があるのはわかっているのですが、濡れていくのが気になって長続きしませんでした。
 
 
流しには何も置かず、準備中にでる野菜の切れ端などは、そのまま捨てられるようにビニール袋や食べ終わったヨーグルトのパックを再利用して、その中に入れるようにしました。
 
 
ビニール袋は、スーパーで買い物した際の備え付けのものを再利用です。
 
 
水分の多いゴミはビニール袋の底にたまっていくので、後でまとめて処理するなどの工夫をしていました。
 
 
三角コーナーをなくしてから、それ自体の掃除もしなくていいので少しは楽になりました。
 
 
ただ、野菜のくずをビニール袋などに入れているとき、量が多くなるとビニール袋の形が崩れて外に出そうになるので、その都度こぼれないように直しながら準備しないといけないのがストレスだったんです。
 
 

クリスマス目前!
冬休み、ゲームの長時間使用が心配なママへ
↓↓↓

 
 

2.ごみをポンポン入れられてストレスフリー!しかもたたんで収納できる!

 
 
そんなある日のこと。
 
 
その日はたまたまニトリに買い物に行っていました。少し前に、TVでニトリの商品の紹介の番組をしていて、紹介されたものがどういうものか、自分の目で確かめたくなったからです。
 
 
キッチン用品のエリアをウロウロしていたら、目に留まったんです!
 
 
今回紹介している「ポリ袋エコホルダー」(サイズ 幅12×奥行9.5×高さ16.5㎝)が!
 
 
箱に写真が載っているので何をするものかはすぐにわかりました。
 
 
 
 
 
これを使ったら、ビニール袋からゴミがこぼれるのを気にしなくていいのでは?ということに気づいたんです。
 
 
手にとって箱の説明を読んでみます。すると、ゴミ袋をセットする以外にも使い方があることがわかりました。
 
 
「ビニール袋をかけるだけで使えるし、便利そう!」これは買ってもいいものだな、と即決して購入しました。
 
 
買ったその日から、早速使い始めます。
 
 
ビニール袋をセットして、野菜を切ったりしたときのごみを捨てていきます。今まで袋から出ないように気を付けながら捨てていたのがポンポン入れられて、ストレスなしになりました!
 
 
我が家では、最近小5の息子が料理を作ってくれたりします。キッチンの台が少し高いため、踏み台に乗ってから作業しています。
 
 
大人なら、三角コーナーを使っていたとしても手を伸ばせば届く範囲かもしれませんが、子どもだと手を伸ばしても届かない可能性や、踏み台の上にいるのでバランスを崩すと落ちる可能性もあるので危ないと思います。
 
 
このゴミ袋エコホルダーは息子の手の届く範囲に置けるので、その心配はありません
 
 
使った後は折りたたんで収納できることも使いやすいポイントだと思います。(畳んだ時の幅 約3㎝)
 
 
 
 

\学校も病院も教えてくれない/
発達障害・グレーゾーンの子どもを
自立させる育て方がわかる本
↓↓↓

 
 

3.「ポリ袋エコホルダー」おすすめの使い方をご紹介!

 
 
それでは、私のおすすめの使い方を紹介しますね!
 
 

◆①料理を小分けするときの便利さ

 
 
箱にも記載してあったのですが、作ったものをとりわけするときに保存用の袋をかけて使っています。
 
 
一つ一つ箸でつまめるようなもののときはわざわざエコホルダーを使う必要もないのですが、特にカレーのような水分が多いものは倒れる心配がないので、重宝していますよ。
 
 

◆②料理するとき以外の使い方

 
 
食事後食器を片付ける際、特に水切り籠がいっぱいになっているときなど、コップをエコホルダーにかぶせることでかごに入れずに乾かせます。
 
 
ペットボトルや水筒を乾かす時、水切り籠だと場所も取るし倒れると乾きにくいですが、これを使うと簡単ですし、ホルダー自体に重さもあるので倒れそうかな?のストレスもないです。
 
 
我が家では家族三人とも水筒を使うので、この商品を使って乾かしていますが、ホルダーの下に布巾を置くことで、落ちてくる水滴にも対応できています。
 
 
 
 
即決して買ったものでしたが使わない日はないくらい毎日使っているんですよ。もし、私のように料理中のちょっとしたことにストレスを感じている方がいたら、一度試していただけたら、と思います。
 
 
ー商品詳細ー
【商品名】ポリ袋エコホルダー
【サイズ】幅12×奥行9.5×高さ16.5㎝
【重量】約220g
【公式サイト】https://www.nitori-net.jp/ec/
 
 
ママが「いいな」と思う商品紹介しています!
▼ご登録はこちらから

 
 
執筆者:松尾歩
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求&限定プレゼントはこちら
タイトルとURLをコピーしました