【小冊子プレゼント】発達障害グレーゾーンの子の学力の伸ばし方:ワーキングメモリを鍛えるのが肝

 

ワーキングメモリで勉強が苦手な子どもを救う

ワーキングメモリを鍛える
方法で、毎日ママがおうちで
サポートするから、


発達障害グレーゾーンの子
の学力をUPしたい!

というママの願いが叶います!

 

この小冊子を読んで実践すると…

 

  • 作文・書くことが苦手なお子さんの
    文章力がUPします

     
  • 文章題が苦手なお子さんが、自分で
    スラスラ解けるよう
    になります

     
  • 集中力がすぐに切れるお子さんが、
    集中して取り組めるようになります

     
  • 言葉で説明するのが苦手なお子さんの
    会話力が伸びます

     

 

 

目から鱗の学習サポート方法が満載です!

 

これ以上
勉強への苦手意識を
強くしたくない!!

ランドセルを背負う女の子

発達障害・グレーゾーン
のお子さんは
様々な特性があるため、

 

学校の勉強についていく
のが難しいケースが珍し
くありません

 

勉強・学習の
読む、書く、聞く、話す、
計算すること、
集中することには、

どれも
ワーキングメモリーが深く
関係しています

頭に入ってくる情報を
整理整頓して処理する
ワーキングメモリーという
力が弱いと

勉強・学習が苦手に
なりやすいのです

そんなお子さんには
適切な対応をしないと

ますます
勉強への苦手意識が
強くなってしまう
可能性があるんです!

これ以上勉強への
苦手意識を強くしたくない!

 

 

「わかった!」「できた!」
経験を増やして、学習意欲を

UPさせたい!

 

 

と考えるのであれば、
今が、ママの力
ワーキングメモリを鍛えて
学力を育てるベストタイミングです!

 

発達グレーゾーンの 子育てに悩むママを ゼロにする未来を 創りたい!

★ 小冊子目次 ★

    1. 発達障害・グレーゾーン小中学生の勉強のお悩み徹底調査!
    2. 第1位「作文が苦手」第4位「書くことが苦手」への対応とは?
    3. 第2位「文章題が苦手」への対応とは?
    4. 第3位「集中力がすぐに切れる」への対応とは?
    5. 第5位「口で説明するのが苦手」への対応とは?
    6. おうちでできるワーキングメモリーを伸ばすワーク
    7. 発達科学ラボの仕組み

 

 

発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求&限定プレゼントはこちら
タイトルとURLをコピーしました