ADHD グレーゾーン

トイレが怖い!?発達障害・自閉症スペクトラムアスペルガータイプの子どもが外出先のトイレを我慢してしまうのはなぜ?

投稿日:

発達障害・自閉症スペクトラムアスペルガータイプの子どもは、トイレに行きたくなっても外出先では、トイレが怖いと言ってトイレに行かないで我慢してしまう子どもがいます。それはなぜか?トイレを怖がる筆者の息子の外出先でのトイレ対策についてもお話したいと思います。
 

【目次】

 

1.外出先のトイレは我慢?トイレに行かない!?行けない!?

 
 
発達障害・自閉症スペクトラムアスペルガータイプの子どもが、極度にトイレを怖がったり、嫌がったりすることがありませんか?
 
 
わが子は、物心ついたときから外出先のトイレを極端に嫌がることがあり、なんでだろう…と不思議に思っていました。
 
 
ふつうに行けるときもあるのですが、「怖い~、怖い~!」といって泣き叫ぶこともありました。
 
 
 
 
「大丈夫。大丈夫よ~!」といって無理やり連れて行こうとしても、尋常でないほど怖がるのです。
 
 
家のトイレは行けても、外出先でトイレに行かなかったり、行けないとなると、我慢するしかなくとても困りますよね…。
 
 
楽しいはずのおでかけが、トイレ探しで楽しむどころではない…ということにもなりかねません。
 
 
今日は そんな『トイレ問題』についてお話ししたいと思います。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.発達障害・自閉症スペクトラムの子どもが外出先のトイレに行かない・行けない理由

 
 
外出先のトイレに入るのを極端に怖がり嫌がる…
 
 
これは実は、発達障害・自閉症スペクトラムの特性からくるものなんです。
 
 
発達障害・自閉症スペクトラムの子どもは、その特性から初めてのことや場所は苦手、不安なことがあります。見通しがつかないんです。
 
 
家のトイレにウオッシュレットがない場合、一体これは何なのか、いつ何のために使うのか、何のボタンなのか不安なんです。
 
 
水の流し方もレバーだったり、ボタンだったり…。ボタンの位置や表示や形もちがいます。
 
 
外出先のトイレは、家のものと違うことがほとんどです。
 
 
最近では、センサーで勝手に電気がついたり、音がでたり、水が流れたり…。
 
 
洋式便座が自動で開いたりってところもありますが、触らなくていいので大人は嬉しいですが、何も知らない子どもは、びっくりしますよね。
 
 
発達障害・自閉症スペクトラムの子どもは感覚過敏もある子が多いですね。
 
 
家のトイレと違うにおいや音などが嫌だったり、そのトイレの雰囲気やそのトイレの空気感などでも、トイレが怖いと感じ嫌がる場合もあると思います。
 
 
 
 
また、特性からくる独特なこだわりなどもあるかもしれません。
 
 
さらには、発達障害・自閉症スペクトラムの子どもたちはネガティブな記憶をため込みやすいのです。
 
 
以前にトイレで何か困ったとか、よくわからないボタンを押してしまって急に音がでてびっくりしたなどの記憶があれば、またそうなるかもしれない…と不安に思っている場合もあります。
 
 
外出先のトイレは予測もつかないし、よくよく考えたら不安になる気持ちわかりますよね。
 
 
このように、外出先のトイレを怖がる、または嫌がる理由はその子によってさまざまなんです。
 
 
▼おうちで楽しく!集団で困らないスキルを身につけよう!
 
 

3.発達障害・自閉症スペクトラムアスペルガータイプの息子がトイレを怖がる原因

 
 
わが子の場合、トイレが怖い原因は外出先のトイレによくある手指乾燥機(エアータオル、ジェットタオルなどと言われています。)が怖いという理由でした。そのためトイレに行けなかったのです。
 
 
手指乾燥機の何が怖いのかを尋ねたところ、「音が怖い…」とのことでした。
 
 
当時、発達障害自閉症スペクトラムのことを全く知らなった私は、確かに音は大きいけれど、なんでそんなにも怖いのかなあ…変な子だなあ…と思っていました。
 
 
それを知ってからは、外出先のトイレで手指乾燥機があるかないかを確認するのが私の役目になりました。
 
 
そのため、いつも出先では、手指乾燥機がないトイレを探しまわっていました。
 
 
あるとき手指乾燥機が故障しているトイレがあったので、「壊れているから、音鳴らないし大丈夫だよ」とトイレに行くことをすすめました。
 
 
音が鳴らないので大丈夫だろうと思っていたのですが、息子は「行かない」とかたくなに拒否…。
 
 
落ち着いてからゆっくり聞いてみると「顔も怖いんだよう…」。手指乾燥機の顔も怖がるということが分かったんです。
 
 
音はわかりますが、顔って…??はじめは意味がわかりませんでしたが、手指乾燥機の見た目、形のことでした。
 
 
顔という表現が独特ですよね…。
 
 
手指乾燥機の形のどこが怖いかは、私には理解できませんでしたが、息子にとってはとても怖かったのです。
 
 
こういった自閉症スペクトラムの子どもの「こだわり」に関しては、こちらの記事でも解説していますので、併せてチェックしてみてくださいね。
 
 
 
 
 
 

4.外出先のトイレに行かない・行けないときのわが家の対策

 
 
うちの息子はありがたいことに、どうしても我慢できないときは、誰もいないトイレであれば、息子の耳を私がふさぐことで、なんとかトイレに入ることができました
 
 
もちろん、誰かが入ってきて、手指乾燥機を使う可能性があるので、用を足したら大急ぎで走り出るという感じですが。
 
 
今思うと、なんとかこの対策を取ることでトイレに行くことができて本当に良かったなと思います。
 
 
プライベートで外出するのはいいのですが、園や学校などの遠足などでは困りますよね。
 
 
遠足に行く前から、「トイレ大丈夫かなあ…」といつも不安な様子でした。
 
 
トイレの心配で、「遠足に行きたくない…」ということもありました。
 
 
どこでトイレにいくのか、どんなトイレかもわかりません。
 
 
そんな時は、その都度先生に事前に伝えるようにしていました。
 
 
 
 

5.トイレに行かない・行けない原因で共通していえることは、「○○」できないから

 
 
そんな息子でしたが、小学校3年生あたりから、手指乾燥機の音と顔は怖くなくなり、手指乾燥機があるトイレにも行けるようになりました。
 
 
この当時、自閉症スペクトラムのことは全く知らなかったのですが、トイレのことはそっとしておくのがいいだろうと思って、何も言わないことにしました。
 
 
トイレが怖いと嫌がる原因で、共通して言えることは「安心」できないから…なんです。
 
 
うちの息子は、安心できるか安心できないかが、基準になっているようです。
 
 
これはトイレに限らず、日常生活でもいえることです。
 
 
ですから、今もしトイレにいくのが怖いというお子さんをもつお母さんは、「いつか怖くなくなるだろう…」と思って神経質にならないでドーンと構えてもらいたいと思います。
 
 
小さい頃は特に、自分で外出先のトイレが怖い、または嫌な理由を説明できないかもしれません。
 
 
無理強いせずに見守るようにして過ごしましたので、もちろん、練習などしていません。
 
 
ある日突然、手指乾燥機があるトイレに「ちょっと入ってみようかな…」という日が来たんです。
 
 
こわごわでしたが、「うん…大丈夫みたい…」
 
 
その後は手指乾燥機が怖いということは完全になくなりました
 
 
うちの息子のように、手指乾燥機の音が苦手だったり、トイレでまわっている換気扇の音や脱臭装置の「ブーン」という音が怖いということもあります。
 
 
息子のように、理由がわかるケースもありますが、小さいお子さんの場合はうまく説明できなかったり、はっきりとした原因が自分でもわからなかったりする場合もあります。
 
 
お母さんが気付けていないこともあるかもしれません。
 
 
同じ年頃の子どもは、普通にトイレに行っているからといって「みんな行けてるのに何で行けないの!」と問い詰めたり、お出かけの時など「何で、トイレに行かないの!今行かないと、次なかなかトイレないんだからね」などと、トイレに無理やり連れて行ったり、叱ったりはしないでくださいね。
 
 
 
 
特性により、どうにもこうにも「安心」できないんです。
 
 
本当に困っているのは本人だということをわかってあげてほしいと思います。
 
 
私たち親にできることは、できるだけ子どもが安心できる環境を整えてあげることだと考えています。
 
 
イライラすることもあると思います。
 
 
でも、いつか必ずトイレの悩みがなくなる時がくるので、まずは子どもの気持ちを大切にしてあげてくださいね!
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもの「ゼロか100か思考」についてはこちらから!
 
 
 
自閉症スペクトラム傾向の子どもの困りごとへの対策を公開中!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:愛川まいこ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-ADHD, グレーゾーン
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.