Nicotto コミュニケーション 対応

【Nicotto!限定】発達障害・グレーゾーンの子どもの苦手をなくす!イヤイヤ勉強中でも「集中力」が高まる声かけ法

更新日:

イヤイヤ勉強をしている子どもは、すぐに集中力が切れてしまいます。その姿を見ているお母さんもイライラ…。勉強を始めて5分。絶妙なタイミングでかけるお母さんの一言が、発達障害・グレーゾーンの子どものモチベーションを上げ、集中力をアップさせます!
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの子どものモチベーションを引き出すためにできること

 
 
子どもが机に向かって勉強しているときや、遊んでいるとき。集中して取り組んで欲しいですよね。
 
 
でも、漢字練習に計算ドリルなど、単調なものほど集中するのは難しいもの。
 
 
そんなときに、大人の一声で子どもの集中力がグッと高まる方法があります。
 
 
子どものイヤイヤ勉強でよく挙がる、漢字練習、計算ドリル、音読、算数の文章題 暗記もの、などなど。
 
 
イマイチ集中力が上がらない勉強ってありますよね?
 
単調だったり、苦手だったり、面白くかったり、イヤイヤ勉強になる理由はたくさんあります。
 
 
かったるいな〜
 
面倒くさいな〜
 
遊びたいのにな〜
 
私たちもそうでした。
 
 
でも、集中していないからこそ時間がかかる!
 
 
これが子どもにとって辛い現実となって、
 
かったるい
はかどらない
なかなか終わらない
かったるい
 
この負のスパイラルに陥ります。
 
 
なぜイヤイヤ勉強になるのか?ここがポイントです。
 
 
子どもは、大人には理解できないような意味不明なことでも真剣に遊びますよね。でも、自分のモチベーションに素直にまっすぐ行動します。
 
 
つまり、子どもが自分にとってのモチベーションを見つけさえすれば、勉強であろうが遊びであろうが子どもは集中して取り組みます。
 
 
逆に言えば、子どもが自分でモチベーションを見出せないときに、イヤイヤ勉強になり、投げやり勉強になるのです。
 
 
あなたは、漢字練習に目標を持って取り組んでいましたか?
 
 
計算ドリルに自分なりのモチベーションを持って取り組んでいましたか?
 
 
私は恥ずかしながら完全に「作業」でした。
 
 
でも、好きな先生の教科なら、頑張っていた気がします。先生が面白いだけで、本当は嫌いな教科でもやる気になるのですね。
 
 
子どもは、自分で内なる目標やモチベーションを見つけ出すのがまだ得意ではありません。
 
 
だから、子どもの頃は、ご褒美を設定したり、褒められたりして外側からやる気を引き出すことが必要になります。
 
 
やる気が出れば、子どもは集中します。
 
 
つまり、子どもを集中させるには、やる気をくすぐるような声をかけるのが1番。
 
 
イチローや本田圭佑選手みたいに、誰にも褒められなくても超ストイックに目標だけを追い求めて日々集中して練習に励むことができればいいですが、そんな風に行かないのが普通です。
 
 
だから、やっぱり重要なのはコミュニケーション!
 
 
人に関わって、褒められたり、「こんな風にするといいんだよ」ってゴールを設定してもらったりすることが、子どもにとっては不可欠なのです。
 
 
子どもがイヤイヤ勉強をしているときこそ、ぜひ声かけを積極的にしていきましょう。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, コミュニケーション, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.