ヒゲの処理を嫌がる発達障害グレーゾーンの子が変わる環境の整え方

 

発達障害グレーゾーンの男子高校生がヒゲを処理してくれなくて困っていませんか?理由をなかなか教えてくれなかった息子が、やっと教えてくれた、その方法についてお話しします。
 

【目次】

 
 

1.発達障害グレーゾーンの子がヒゲの処理を嫌がるのはどうして?

 
 
発達障害グレーゾーンの高校生が、生えたきたヒゲの処理を嫌がることに困っていませんか?
 
 
うちの息子には、ヒゲが生えそうなタイミングで電動ヒゲソリを与えていました。
 
 
ところが剃らずにそのまま学校へ行くため、「ヒゲを剃ったら?」と、声かけをしますが、スルーされてばかり。
 
 
なぜだろうと不思議に思っていました。
 
 
高校生活はどっぷりコロナ禍のマスク生活でしたし、身嗜みに厳しくない学校だったので注意を受けることはありませんでした。
 
 

 
 
何度か「どうして剃らないの?」と尋ねるものの、理由は教えてくれません
 
 
ですがこの先、ヒゲの処理くらい自分でできないと本人が困りますよね
 
 
\子どもが素直になる朝の声かけ35つき/
癇癪・暴力がスッとおさまる!
脳科学に基づく接し方
↓↓↓
 
 

2.不安を抱えやすい特性とは

 
 
発達障害の特性に、初めてのことや場所に苦手や不安があります。
 
 
例えば、見通しを持つことが苦手な子どもは、これからどんなことが起こるか予測したり、想像したりすることができないため、どう行動すればよいのかが分からない状態です
 
 
また、嫌なことや気乗りしないことは、大人でもすぐに行動に移せませんよね。
 
 
これは脳にとって大きな負荷がかかることが原因です
 
 
ヒゲソリを避けていた息子は、先の見通しがつかないために不安を抱え、行動することができなかったと考えられます。
 
 

 
 
親は子どもの脳の特性を知り、子ども自身が努力しても、なかなか行動に移せないことを理解してあげることが必要です
 
 
子どもを理解するためには、お母さんとのコミュニケーションが鍵になります。
 
 

3.息子が不安を話してくれる

 
 
ある日、息子をドライブに誘って出かけた帰り道、息子が本音を話してくれました。
 
 
いつもより多弁な息子にさらりとヒゲソリについて聞いてみたところ、学校での体験を話してくれました。
 
 
同級生で早くにヒゲの生えた子が、ヒゲソリをして顔に傷を作り、学校へ来たのを見て「怖い」と思ったそうです。
 
 
おそらく、同級生の子は手動のカミソリを使い、あやまって刃を横にすべらせたのでしょう。
 
 
電動は安全だと分かっている私には、これまでずっとヒゲソリを拒否し続けた息子の気持ちが全く分からないままでした。
 
 
 ですが、この時初めて息子の拒みたい気持ちを理解できたのです。
 
 
息子は電動ヒゲソリを使った時の予測がつかず、剃ったら顔をケガするかもしれないという不安にかられていたと考えられました
 
 

 
 
その場で私は、電動式と手動式との違い、安全性などを息子がイメージしやすい形で説明しました
 
 
すると、「週末に父さんに聞いてやってみようかな」という言葉を聴くことができたんです!
 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

4.安心できる環境を整える

 
 
電動ヒゲソリの安全性を体験して理解した息子は、今では一人でジョリジョリとヒゲの処理ができるようになりました。
 
 
受け入れるかどうかは「安心できるかどうか」だったようです。
 
 
また、安心だと伝える側の大人が息子にとって信頼できるかどうかも問題だったように思います。
 
 
うちの場合は、思春期以降に親子関係が良いとは言えませんでした。
 
 
息子の本音は、私が発達科学コミュニケーションで学び、関係性を改善できたから聞けたことでした
 
 

 
 
みだしなみを整える必要は分かっていても怖くてできなくて…どうしていいのか分からず困っているのは本人です。
 
 
親にできることは、製品の安全性を伝えることはもちろんですが、それ以前に子どもが安心して本音を伝えられる環境づくりではないでしょうか。
 
 
この記事が子育ての一助になれば嬉しいです。
 
 
 
 
パステルキッズの学校生活をより良くするためのヒントが多数あります!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者: 宝井あつみ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました