姿勢が悪い子どもがバランスボールで簡単に改善!

 

姿勢が悪い子どものことがずっと気になっていました。注意をしても直るのはその時だけ。困っていたところ、バランスボールが姿勢改善に役立つのではないかと試すと、簡単に姿勢の悪さが改善されたのです!その方法をご紹介します。
 

【目次】

1.あらゆる場面で気になる子どもの姿勢
2.姿勢が悪い子どもの原因
①筋力の低下
②低緊張
③モデルとなる大人の姿勢の悪さ
3.注意せずに簡単に姿勢の悪さが改善した方法とは

 
 

1.あらゆる場面で気になる子どもの姿勢

 
 
我が家には子どもが2人おり、小学校2年生と幼稚園年中です。あらゆる場面で姿勢が悪い子どもが気になっていました。
 
 
食事中、勉強中、遊んでいるときなど椅子に座っているときは姿勢が悪いので、家にいる間ずっと気になる状態でした。
 
 
 
 
 
ここで椅子のことになりますが、机と椅子の高さが合っていないと姿勢が悪くなるという情報を聞いたことがありました。
 
 
ですから、我が家は子どもの椅子を買うときは、足置きがあり、足置きと座る部分の高さが調整できるものを用意しました。机との高さは合っているので、椅子が問題ではないと思いました。
 
 
姿勢が悪いと体に良くないですし、悪影響が出てからでは遅いと思い、心配になり注意してしまっていました。特に夫がよく注意するので父子関係にも悪影響があり、早期解決が必要だと感じました。
 
 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓
 
 

2.姿勢が悪い子どもの原因

 
 
姿勢が悪い子どもは、姿勢が悪くなっていることに自覚がない場合もあります。なので、注意をしてもなかなか直らなかったり、直せなかったりという場合もあります。
 
 
姿勢が悪い子どもの原因ですが、3つあります。
 
 

◆①筋力の低下

 
 
ゲームで遊ぶ、テレビや動画を見て過ごす子どもが増え、外で遊ぶことが減っています。そうすると運動量も減り、筋力の低下に繋がります。
 
 
更に公園の遊具が少ないところも多くなり、運動能力の低下もあります。正しい姿勢を保つ筋肉が弱くなっています。
 
 

◆②低緊張

 
 
低緊張とは、重力に逆らって自分の体重を支えることや、同じ姿勢を取り続けることが難しく、安定した姿勢を保つことはできない状態です。
 
 
姿勢を保てないことで姿勢が悪い座っている時にもじもじする寝そべることが多くなるなどの様子が出てきます。
 
 
また、集中することが苦手だったり、手先が不器用だったり、姿勢を保つことに過度にエネルギーを使うため疲れやすくなったりします。
 
 
 
 

◆③モデルとなる大人の姿勢の悪さ

 
 
筋力が低下している子どもですが、大人も同じことが言えます。運動不足により大人も筋力が低下しています。
 
 
それにより、モデルとなる大人の姿勢が悪くなっていたり足を組んだりしています。それでは子どもが正しい姿勢を学べません。自然と同じ悪い姿勢を学んでしまいます。
 
 
【期間限定 5月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.注意せずに簡単に姿勢の悪さが改善した方法とは

 
 
バランスボールを試そうと思ったのは、バランスボールで体幹を鍛えて姿勢改善になると思ったからです。
 
 
初めて子どもたちにバランスボールを見せると「大きいボール」と喜んで興味津々でした。まずは好きに触って遊ぶことから始めました。
 
 
子どもは楽しいことでないと続かないので正しい使い方よりも楽しむことを意識し、姿勢改善は焦らないことにしました。無理強いはせず、使いすぎて体を痛めることがないように気をつけました。
 
 
その他の注意点なのですが、バランスボールは思いがけない動きをするので危険がない場所で、ケガにも気をつけてください。また、バランスボールの大きさは、大きすぎたり、小さすぎたりしないようにしてください。
 
 
 
 
その後も子ども達がバランスボールを気に入り毎日遊ぶ姿が見られたので、椅子の代わりにバランスボールを使うことを提案しました。
 
 
するとすぐに使い始め、初めはユラユラして座りにくそうな様子もありましたが、次第に慣れると椅子に座っているよりも、バランスボールに座っていることが増えました。
 
 
「使って」と言わなくても使ってくれるようになりました。使い始めて気付いたのですが、バランスボールに座ると自然と姿勢が良くなります
 
 
正しい姿勢で使わないとバランスボールに座れないからです。これで姿勢が悪い子どもを注意することが無くなりました
 
 
子どもにかける言葉は、「良い姿勢だね」と、バランスボールを使って良い姿勢のときに笑顔で肯定することだけです。そうすることで良い姿勢も学べますし、親子関係も良くなります。
 
 
バランスボールを使い始めて5か月経ちますが、毎日使ってくれています。体幹も鍛えられ、良い姿勢も学べたことで、椅子に座ったときの姿勢も良くなってきました
 
 
ぜひ試してみてください。
 
 
 
 
日頃の困りごとがまとめて解決する方法があります!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:安室ゆう
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました