小1で癇癪・暴言がひどいのは発達障害?反抗期?子どもが素直になる対応とは

 

小1の子、小学校へ行き始めてから急に反抗的になってはいませんか?母にだけ反抗したり、癇癪がひどいと発達障害?反抗期?と不安にもなりますよね。様子見は厳禁!即対応がおススメです!小1で癇癪や暴言がひどい子が素直になる対応をお伝えしますね。
 

【目次】

1.小1の子の反抗・癇癪・暴言に困っていませんか?
2.小1で癇癪が酷いのは発達障害?反抗期?
3.反抗・癇癪・暴言が酷い子が素直になる対応
①ストレスゼロ作戦!
②全肯定

 
 

1.小1の子の反抗・癇癪・暴言に困っていませんか?

 
 
小学1年生になって急に、
 
 
・言葉遣いが悪くなった!
 
・怒りっぽく、乱暴!
 
・生意気!
 
・イライラして癇癪を起こす!
 
・母にだけ反抗!暴言をはく!
 
 
小学生になって荒れ始めた我が子に、もしかして発達障害?反抗期?と悩まれていませんか?
 
 
「小学生になるとみんな口が悪くなるよ!うちもね…」 ママ友や周りの人に励まされ、 先生からも、「学校では問題ないです!頑張っています!」と言われ、様子をみてはいませんか?
 
 
 
 
 
実は私の娘も小学校に行き始めたころから急に言葉が悪くなり、母にだけ反抗的な態度をとり、些細なことで癇癪を起こすようになりました。
 
 
優しかった娘に 「ママなんか大きらい!」 と言われて、ビックリしたのを今でもはっきりと覚えています。
 
 
みんなこんなものかな?そのうち落ち着くかな?と様子を見つつも、もともとこだわりが強かった娘に対し、反抗期?もしかして発達障害?と不安を感じるようになりました。
 
 
そしてなんとかしたい一心で、「親に向かってそんな言い方はダメでしょ!」と、強く叱りつけたり諭したりしてしまいました。
 
 
もちろん状況は悪化し、暴言・暴力が酷くなり生活自体が回らなくなりました。 発達科学コミュニケーションに出会うまでの2年間、私たち家族はどん底の生活を送る事になりました。
 
 
「ママは悪くないよ!十分に頑張っている!」 確かにそうですが、頑張りどころを間違っていては状況は良くなるどころか悪化します。
 
 
私はもっと早く正しい対応を知り、自分の頑張りどころを変えていればあんなにひどい状況にはならなかったと後悔しています。
 
 
ですから、もし小学校に行き始めて、少しでも反抗や癇癪がひどくなったと感じているのであれば、反抗期?発達障害?と悩む前に、今すぐ対応を変えて欲しいと心から願っています。
 
 
ママが変わるとお子さんも変わりますよ!
 
 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓

 
 

2.小1で癇癪がひどいのは発達障害?反抗期?

 
 
実は年長から小学校中学年ころは中間反抗期と言われ、何でも自分でやりたがる時期になります。
 
 
外ではいい子を振舞うのに、家では今まで見られなかったような口答えや屁理屈を言い、反抗的な態度が増える時期です。
 
 
しかしまだまだ甘えたい時期でもあります。特に小学1年生頃は、きょうだいの誕生や小学校入学など、環境の変化が大きく心が不安定になりやすい時期です。
 
 
反抗的で言うことを聞かない、癇癪が増えてもおかしくはない時期とも言えますね。
 
 
また発達障害・グレーゾーンのお子さんの中には、幼児期は大きな困りごとがなくても、小学校に入り集団生活が始まってから困りごとに気が付くケースがあることも確かです。
 
 
例えばこだわりが強い、気持ちを言葉で伝える事が難しい、対人関係が苦手、感覚の過敏さがあり集団のザワザワ自体が苦手など…
 
 
これらのストレスが誘因となり癇癪が酷くなることも考えられます。
 
 
頑固で人の言うことを聞かない、怒りっぽいなど、反抗的な症状や行動が6か月以上続くと、反抗挑戦性障害の診断を受けることもあります。
 
 
うつ病や不安症から反抗的な態度がみられることもあります。
 
 
実は近年、子どものうつが増加しています。発達障害による特性が絡んでいることも多く、また学校問題が原因になっていることが多いと言われています。
 
 
これらを正確に判別するには、もちろん専門家の医師による診断が必要ではあります。
 
 
しかし過去の私のように厳しくしつけようとしたり感情的に怒るなど、謝った対応が原因で状況が悪化していることも多いです。
 
 

 
 
私たち親子のように苦しむ親子が少しでもいなくなるように、小学校に行き始めて癇癪が酷くなった反抗的なお子さんに、今すぐ試して欲しいママの対応をお伝えしますね。
 
 
【期間限定 5月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.反抗・癇癪・暴言がひどい子が素直になる対応

 
 

◆①ストレスゼロ作戦!

 
 
ストレスゼロ作戦!とは名前の通り、ストレスを取り除く作戦です。ストレスを感じない期間をしっかりと作ってあげることです。
 
 
例えば、宿題のストレスが大きいのであれば、先生に相談して宿題を減らして貰ったり、やらなくても怒らないように配慮をお願いするなどです。
 
 
学校に行くこと自体にストレスを感じているのであれば、休ませてあげることもひとつです。
 
 
小学校へ行き始めると同時に新しい習い事を始める方も多いとは思いますが、もし習い事に疲れているようであれば、一度休ませてあげることも得策ですよ。
 
 
特に低学年のうちは、子ども自身も何にストレスを感じているの分からないことが多いので、ママがよく観察してストレスの原因を取り除いてあげましょう。
 
 
小学校に行き始めてから、反抗や癇癪が増えたのであれば、学校自体がストレスになっていることが多いはずですよ。
 
 
ここで1点気を付けておきたいのが、ママが知らず知らずのうちに子どもにかけているストレスです。
 
 
学校で困らないように、子どもの為だと思い、苦手な運動に挑戦させようとしたり、苦手な字を無理やり練習させようとしたり、苦手な野菜をなんとかして食べさせようとしているのであれば一度見直しましょうね。
 
 

◆②全肯定

 
 
そして一番大事なこと、それは子どもを全肯定することです。何をしても子どもを認め褒めることです。
 
 
学校が始まると、新学期頑張って欲しいと思うママ、頑張ろうと無理をする子ども…
 
 
つい、宿題やったの?早くしなさい! 忘れ物はない? などの声かけをしてしまう方は多いと思いますが、このような声かけは子どもにとっては否定的で、怒られたと感じやすい声かけになります。
 
 
ですからこれらの指示を出すような声かけは封印して、できている事だけを褒める声かけに変えてみてくださいね。
 
 
例えば、帰宅後ランドセルをポーンと玄関に置きっぱなしにしたとしても、「おかえり!」と笑顔で迎え入れ、ランドセルのことはスルーします。
 
 
宿題せずにおやつを食べていたとしても、美味しそうに食べているね!と笑顔で 一緒に食べるのもいいですよ! 宿題をしていないことはスルーして、今できていることだけを褒めましょう!
 
 
子どもだって新しい環境と生活に、疲れやストレスが貯まっています。 特に癇癪や反抗的な態度が増えているのであれば、なおさらです。 お子様からのSOSかも知れません。
 
 
まずはできていることだけを、認めて褒めてあげましょう。
 
 
声をかけるとうるさい!と言われるなら、 優しい視線やグッジョブ!などのジェスチャーで伝えることもおすすめですよ!
 
 
ストレスを取り除き、ご機嫌で過ごす時間が増えていくと、子どもが自ら動き始めます。
 
 
 
 
私は小1の初期に対応を間違ってしまったので、子どもの元気を取り戻すまで非常に時間がかかりました。
 
 
しかし発達科学コミュニケーションを学び、ストレスの減らし方、褒め方のバリエーションをたくさん知ったことで、今では素直さと優しさを取り戻し、思春期にも関わらず反抗的な態度はなくなり、楽しく会話ができるようになりました。
 
 
もし小1の子の反抗的な態度や癇癪に悩まれいるのであれば、今すぐ対応を変えてみてくださいね。 きっと毎日笑って過ごせる日がくるはずです! 
 
 
 
 
▼子どものメンタルケアについてはこちら▼ 

 
 
ひどい癇癪が落ち着く対応をお伝えします

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:優木はるこ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました