コミュニケーション 発達障害

発達障害・グレーゾーンの子どもの立場を尊重できる人とできない人の違い

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもが危険な行動をしようとした瞬間、とっさに出てくる言葉は無防備になりがちです。子どもの行動の裏にある気持ちを察し、子どもの立場を尊重した言い方ができれば、大人が伝えたかったことも受け止められやすくなります。
 

【目次】

 

1.とっさの言葉ほど気を付けて!子どもの気持ちがおいてけぼりに!

 
 
みなさんは、子どもが危険な行動 または問題につながりそうな行動をした時どんなふうに接していますか?
 
 
たとえば「高いところに置いてあるコップをとろうとした」という場面。とっさに出る言葉はどっちでしょうか?
 
 
A:「あー!!あぶない!ママがやるから!!」
 
B:「コップがほしかったのね。危ないから、ママがとるね」
 
 
A・Bで比較するとBを選ぶ人は多いはずです。
 
 
でも、実際このような場面になるとAのような接し方をしている人が多いかもしれません。
 
 
今回は、子どもとより良い関係を築いていくために、知っておいてほしいことをお伝えします。
 
 
 
 

2.発達障害グレーゾーンの子どもの行動の裏にある気持ち

 
 
子どもが「喉がかわいたな~。何か飲みたいな~。コップを持っていって、ママに飲み物をもらおう」といった軽い気持ちでコップをとろうとした瞬間、「あー!!あぶない!ママがやるから!!」と怒鳴られた…。
 
 
コップを取ろうとしただけなのに。なんでママはそんなに怒るの?
 
 
そう思われても仕方ありませんよね。子どもは先の先まで考えて行動することはまだできません。危険を予知する能力はまだ未熟で、様々な経験から発達していくものです。
 
 
大人はとっさに気づいても、子どもは気づけません。ADHDタイプの子どもならば、なおさら欲しいと思ったものに一直線です。
 
 
ママは危険を教えたつもりの言葉ですが、子ども側の立場からみたら…
 
 
ママは何もわかっていない。
自分のことを理解してくれない。
受け入れてくれない。
 
 
と受け止められてしまうかもしれません。
 
 
 
 

3.子どもの未熟な脳を発達させるのはママの言葉かけ

 
 
子どもは、とっても正直です。自分をしっかり認めてくれる人には心を開きますが、上辺だけの人には心を開きません。
 
 
なぜ、子どもは大人の気持ちを見抜くのか?
 
 
それは、心の中の思いが表情や言葉のトーンとして表れるからです。
 
 
子どもの脳はまず、非言語情報を処理します。非言語情報とは、言葉で表現されている内容以外の情報です。つまり、表情や声色、声の大きさ、強さなどです。
 
 
恐い顔と強い語調で「あー!!あぶない!ママがやるから!!」と言ってしまった場合、言葉の内容はもはや子どもには伝わりません。
 
 
突然 怒られて、自分を否定されたように感じとられてしまいます。
 
 
一方、穏やかな表情で「コップがほしかったのね。危ないから、ママがとるね」と言われた場合。子どもは、きっとこんな気持ちでしょう。
 
 
「そうなんだよ。コップをとりたかっただけなんだ。コップをとりたいときは、ママに言えばいいのか。」
 
 
ママは自分をわかってくれている。そう思った子どもは、これから何かあればママに言おうと思うはずです。
 
 
一方的に自分の意見を押しつけるのではなく、子どもの立場を尊重して接することができる人。そんな人は、お子さんと良い関係をずっと築いていけるはず。 常に心がけて行動したいですね。
 
 
 
 
執筆者:須藤ゆかり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
子どもとママの関係をよくするメルマガを毎日無料配信!

▼無料で毎日情報をお届けしています

Nicotto!塾生募集中

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-コミュニケーション, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.