発達障害グレーゾーンの子どもの忘れ物の多さを解決できる!ワーキングメモリの鍛え方3step

 

発達障害グレーゾーンの子どもは、不注意から忘れ物をすることが多いですが、これはワーキングメモリの弱さから起こるものなんです。ワーキングメモリを楽しみながら鍛えることで忘れ物は減らせるので、その方法をご紹介しますね!
 

【目次】

1.発達障害グレーゾーンの子の忘れ物の多さにガミガミ怒った結末とは
2.忘れ物が多い原因はワーキングメモリの弱さが関係していた
3.ワーキングメモリを鍛える方法はママの声かけ3step

 

1.発達障害グレーゾーンの子の忘れ物の多さにガミガミ怒った結末とは

 
 
小学生になると自分で毎日の準備をしていかないといけなくなりますよね。
 
 
毎日の時間割を連絡帳に板書して、明日の持ち物、宿題、プリントなどたくさんのことを自分でやらないといけない機会が増えます。
 
 
息子も毎日の時間割を書いて帰ってこない、時間割を書いた連絡帳がない。
 
 
学校からのお便りがなく申し込み期限に間に合わないなど、本当にたくさんの忘れ物がありました。
 
 
 
 
息子の通う学校では忘れ物カードをつけていて、1学期中に20個以上つくと忘れ物が多いと判断されます。
 
 
息子はもちろん20個以上の忘れ物がありました。
 
 
学校からも注意の連絡があり、毎日の学校の準備に「〇〇は持った?宿題はやった?」と忘れ物をしないようにアレコレ指示をだしていました。
 
 
ところが一向に忘れ物は減らず、私のイライラが爆発し毎日ガミガミと叱り続けた結果…
 
 
息子は毎日全科目の教科書をランドセルに詰めて、毎日パンパンのカバンを持って学校へ行くようになりました。
 
 
 
 

2.忘れ物が多い原因はワーキングメモリの弱さが関係していた

 
 
そもそも発達障害グレーゾーンの子どもは、脳の特性として「見る」こと「記憶する」ことが弱い傾向にあります。
 
 
この一時的に見て記憶する能力のことをワーキングメモリといいます。
 
 
毎日の学校生活では、このワーキングメモリが関係する場面が数多くあります。
 
 
時間割の板書も黒板に書かれた文字を見て記憶して、ノートに書き写すことが必要になります。
 
 
ところが発達障害グレーゾーンの子どもはワーキングメモリが弱いので、板書することが苦手。
 
 
そのせいで面倒くさいと感じてしまいます。
 
 
 
 
学校生活や将来において必要となるスキルにはワーキングメモリが大きく影響してきます。
 
 
低年齢のうちにこのワーキングメモリを鍛えていくことで忘れ物も減り、学校生活が楽になります。
 
 
子どもにとっても、親にとっても嬉しい効果がたくさんあるんです!
 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.ワーキングメモリを鍛える方法はママの声かけ3step

 
 
じゃあ、どうすればワーキングメモリを鍛えられるの?
 
 
それは、ママの声かけに秘密があります。
 
 
それではママの声かけ3stepをお伝えします。
 
 

ステップ1 忘れ物をしても怒らない!

 
 
まず最初にママは忘れ物をした子どもに怒らないことです!
 
 
子どもは忘れ物をしたことを学校の先生に注意をされています。
 
 
そして家に帰ってもママに怒られるのです。
 
 
そうなると子どもは「自分はできないんだ…」と自信をなくしてしまいます。
 
 
どうせやってもできない!
怒られるだけならやりたくない!
 
 
と思い次への行動を起こさなくなってしまうんです。
 
 
だから、せめてお家だけでも怒らないであげる場所を作ってあげる事が必要なんです!
 
 
 
 

ステップ2 当たり前にできていることを褒める!

 
 
毎日の生活で当たり前のようにできていることをしっかり言葉にして褒めてあげてください。
 
 
例えば「体操服出しておいてくれたね~!ありがとう」と、子どもが当たり前のようにやっていることを言葉にして褒めてあげるのです。
 
 
子どもは言葉にして伝えてもらうことで、「俺ってできてるんだ!」と 認識することが出来て自信に繋がります。
 
 
自分に自信がつくことで、次に何か行動を起こそうとする気持ちが生まれます。
 
 
当たり前のことを褒める事と忘れ物をなくすことは一見関係なさそうに思えます。
 
 
しかし、自分に自信を持つことで、次に行動を起こす時に「やってみよう」と自分で考えて行動をするようになります。
 
 
当たり前のことをしっかり褒めて、子どもが自信を取り戻す環境を整えてあげることが大切です。
 
 

ステップ3 忘れ物対策を子どもと一緒に考える!

 
 
我が家の息子の場合は、帰りに必ずみる筆箱に「時間割、持ち物ノートに書く」と書いたメモを貼る。
 
 
持ち帰りプリント用のクリアファイルを準備することをしていました。
 
 
どんな準備をするかは、学校でのルーティンがわかる息子に考えてもらいました。
 
 
どんな対策が一番子どもにあっているかを一緒に考えることで、具体的な行動を事前に把握することができます。
 
 
仮に失敗してもまた次の作戦を考えればいいだけです。
 
 
偶然でも忘れ物をしない時があれば大げさなくらいに褒めてあげてください!
 
 
そうすることで失敗してもまた次の行動を起こし、最終的に忘れ物がなくなっていくようになりますよ!
 
 
 
 
子どもの忘れ物対策に効果的なママの対応方法を多数紹介しています!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:平野 加奈子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました