Nicotto グレーゾーン 発達教材

【Nicotto!限定】⽂字を書くこと、写すことが苦⼿な発達障害・グレーゾーンのお⼦さんに朗報です! お家で楽しくトレーニングできる教材ができました!

更新日:

読み書きや運動が極端に苦⼿な⼦が、何度練習しても上達しないのは、その⼦の努⼒の問題ではないのです。苦⼿なことをひたすら練習することは、⼤⼈でも⾟いですよね。発達障害・グレーゾーンの⼦どもでも遊び感覚で楽しくできる教材ができました!
 

【目次】

 

1.発達障害・グレーゾーンの⼦どもが1番伸ばしたい“◯◯⼒”

 
 
何度練習しても⽂字の覚えが悪い、読めないほどのバランスが悪い⽂字を書く、マスの中に⽂字が書けないなどの⼼配事はありませんか。
 
 
⼩学⽣のお⼦さんでしたら、板書(⿊板に書かれた⽂字や図形をノートに書き写すこと)が苦⼿だったり、計算ドリルの問題をノートに写し間違える、連絡帳の⽂字が汚くて読めないなどの困りごとはないでしょうか。
 
 
何度注意してもできなかったり、間違えたりするので、周りの⼤⼈は、「努⼒不⾜」「怠けている」と誤解してしまうかもしれません。
 
 
でも、その⼦の背景には視覚機能の問題や発達障害の特性があり“⾒る⼒”が⼗分に育っていない可能性があります。
 
 
ここで⾔う“⾒る⼒”とは、視覚機能のことで視⼒とは性質が異なります。
 
 
普段、私たちは、⾒え⽅の良し悪しを視⼒で判断してしまうことに慣れてしまっていますが、⾒ることに困難を抱えている⼦どもの中には、視⼒が良い⼦も、メガネで矯正している⼦もいます。
 
 
視⼒に問題がなくても、“⾒る⼒”に問題を抱え、⾒え⽅や体を動かすことに困っている⼦がいます。“⾒る⼒”に問題がある⼦は、他の⼦と同じように物を⾒ることが難しいのです。
 
 
分かりやすく説明すると、⽂字が重なって⾒えたりするために⽂章を読んだり、⽂字を書くことにとても苦労します。
 
 
先ほどもお話したように、読み書きの苦⼿があったり、体を動かすことが苦⼿な⼦は、本⼈の努⼒不⾜や能⼒不⾜として考えられがちですが、“⾒る⼒”に問題を抱えている⼦も中にはいます。
 
 
特に、発達障害・グレーゾーンの⼦どもは、この“⾒る⼒”が⼗分に発達できていないことも多くあります。
 
 
私たち⼈間は、情報の約8割から 9割を視覚から得ていると⾔われています。視覚が⼗分に働かなければ、それだけ学習や運動、⽣活でも不利になってしまいます。
 
 
“⾒る⼒”に問題がある⼦どもが、勉強や運動が苦⼿となってしまうわけです。発達障害・グレーゾーンの⼦どもは、まず“⾒る⼒”を伸ばすことが、とても⼤切なことだと分かって頂けたでしょうか。
 
 
⽇常⽣活でなるべく眼を使ったり、トレーニングすることで、“⾒る⼒”をつけていけば、読み書きや運動の悩みごとが改善できます。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, グレーゾーン, 発達教材
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.