小学生 発達障害

学校に行くだけで疲れる発達障害・グレーゾーンの子どもの心を軽くするお母さんの対応

更新日:

全国で学校が再開されましたが、お子さんは楽しく登校できていますか?発達障害・グレーゾーンの子どもは集団生活に苦手を感じやすく疲れやすい傾向があります。行き渋るなどの疲れのサインが見えたらぜひやってもらいたい対応をお伝えします。

 

【目次】

 

1.学校に行くだけなのに疲れてしまうってどういうこと?

 
 
学校が再開し、登校した子どもがヘトヘトで帰ってきたり、家でもグズグズしたりと疲れている様子はないですか?
 
 
長い休校がやっと終わって、みんな気持ちを新たにしての学校生活スタート!
 
 
お母さんとしては、今までのお休みを取り戻すつもりで、子どもにはぜひ頑張ってもらいたいという気持ちだと思います。
 
 
しかし、子どもは登校すること自体で精いっぱい…なんてことがあるかもしれません。
 
 
特にコロナの影響で思い描いていた学校生活は予定通りにいかず、行事もたびたび変更となると子どもの気持ちも落ち着かないのではないでしょうか?
 
 
そんな中、学校への行き渋りがあったり、グズグズして登校準備が進まないなんてことになると、お母さんとしては、
 
 
「ちゃんとしなさい!」
「ほら、頑張って」
 
 
という言葉をかけてしまいがちです。
 
 
けれども、発達障害やグレーゾーンの子どもは集団での行動が苦手で疲れやすい傾向があるのです。  
 
 
 
 

2.なぜ、発達障害・グレーゾーンの子は集団が苦手なの?

 
 
発達障害やグレーゾーンの子の中には脳の特性によって、色々な苦手があります。例えば
 
 
・新しい環境で周りの様子や刺激に慣れず、気持ちが落ち着かない。
・感覚過敏があってざわざわした音が気になって仕方がない。
・先の見通しが見えないことが不安。
・先生の話を集中して聞くことができず、内容が頭に入ってきにくい。
・空気を読んだり、あいまいな表現の会話はよく分からない。
・運動が苦手だったり、手先が不器用で周りの子と同じようにできない。
 
 
このように発達障害の子どもはそれぞれの苦手をかかえながらも、学校という集団の中で頑張って過ごしているのです。
 
 
特に日本の学校ではみんなと同じようにすることが求められがちです。
 
 
みんなでそろって挨拶をするとか、給食は残さず時間までに食べないといけないなど、細かくルールがあったりします。
 
 
そのため、発達障害・グレーゾーンの子どもは、自由でリラックスできる家とは違い、集団の中で他の子と同じように振る舞うことに一生懸命。
 
 
子ども自身も「なんだかうまくいかない」「ほかの子と同じようにできない」と自分に対してネガティブな思いを感じているのです。
 
 
「ちゃんとしなきゃ」と子どもがずっと気を張って緊張した状態でいるのなら、疲れてしまうのは仕方がないこと。
 
 
では、そんな疲れやすい子どもに、お母さんはどのように対応するといいのでしょうか?  
 
 
 
 

3.発達障害・グレーゾーンの子どもの気持ちが楽になるお母さんの対応

 
 
ここでは、発達障害・グレーゾーンの子どもの気持ちが楽になるお母さんの対応を2つお伝えします。
 
 

①十分な休養をとらせる

 
 
大人もそうですが、また明日からも頑張ろうと思うためには、気力・体力が必要です。
 
 
そのためには十分な休養が重要になってきます。 発達障害の子どもは私たち親が考えるよりも心も体もヘトヘトに疲れてしまっています。
 
 
そのため、早めに寝かせることももちろん大事ですが、さらに本人の状態に応じて学校をお休みすることも検討してみてください。
 
 
変な休みグセがついちゃうんじゃない?と思うかもしれません。
 
 
しかし、日々の疲れから学校への拒否感をもってしまうよりも、心のバランスをとりながら登校できた方が、子どもの気持ちのあり方としてもいい方法ではないでしょうか。
 
 

②自己肯定感が上がる声かけをする

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもは周りの子と同じようにできなかったり、注意されることが多く、ありのままの自分を認めるという自己肯定感が低くなりがちです。
 
 
この自己肯定感が低いと「頑張ろう」という意欲がわき起こりにくくなり、子どもの成長過程で大きな影響がでてきます。
 
 
ですからお母さんには「毎日子どもを褒める、認める」という対応をしてもらいたいのです。
 
 
でも「グズグズしてなかなか行動できないのにどこを褒めたらいいのかわからない!」と思うお母さんもいるかもしれません。その気持ち、わかります。
 
 
けれども、子どもは今やれることを精一杯頑張っています。
 
 
その頑張りをお母さんはわかっている、認めているよということを毎日伝えてあげればいいのです。
 
 
「今日は5時間目まで授業受けたのね、大変だったね」
「お友達とたくさん遊んだのね、よかったね」
「今日はたくさん歩いたね、お疲れさま」
 
 
こんなふうに、子どもの行動を肯定した言葉かけは
 
 
「今のあなた、そのままがいい」
 
 
と伝えることになります。
 
 
すると、子どもは大変だけどお母さんは自分を分かってくれていると感じることができます。
 
 
認められていることが子どもにとって気持ちの拠り所となるのです。
 
 
 
 
いかがでしたか?発達障害の子どもは私たちが考えるよりも、学校で頑張って過ごしています。
 
 
子どもに疲れが見えた場合には、早めの休養をとらせ、肯定的な言葉かけをして、気持ちが軽くなるようサポートしてあげてくださいね。
 
 
学校で疲れている子どもの心を軽くするお母さんの声かけについてメール講座でお伝えしています。ぜひご登録ください。
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:井上喜美子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-小学生, 発達障害
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.