コミュニケーション 小学生

息子が初めて1人で登校できた日【ママの自信をつけるジュエル・ストーリーズv o l.1】

更新日:

先日リリースされた、ママの自信をつける魔法のワーク「ジュエル・ストーリー」。もう使ってみましたか?この記事では、一足先にワークを使い、自分とお子さんの成長を確認することで自信をつけるタネを見つけた、1人のママのストーリーをご紹介します。
 

【目次】

 

1.魔法のワーク「ジュエル・ストーリー」リリースしました!

 
 
パステル総研では、ママのための魔法のワーク『ジュエル・ストーリー』をリリースしました。
 
 
このワークは、パステルキッズの子育てがうまくいかず、自信を失っているお母さん子どもの将来が不安で仕方ないお母さんたちが、自信をつけられるようになってほしい!という想いで研究・開発したもの。
 
 
皆さんは、自信をつける方法ってどのようなものを想像されますか?
 
 
自分のダメなところと向き合う?
 
新しいことをはじめる?
 
 
実は、このワークの中で自信をつける方法として紹介しているのは、「自分ができたこと・乗り越えてきたことにフォーカスすること」なんです。
 
 
つまり、自分をポジティブに深堀りして、それを言葉にすること。
 
 
それだけで、自分の中にある自信のタネを見つけ出すことができるんです。
 
 
 
 
たったそれだけでうまくいくなんて、本当なの?というお母さん方のために、パステル総研では、この魔法のワークを使って、自信のタネを見つけることができたお母さんたちにお話を伺ってきました。
 
 
自分の子育てに自信のなかったお母さんが、ジュエル・ストーリーを使うことでどのように自信をつけていったのか。
 
 
今日から5日間にわたって、5人のお母さんのストーリーとともにご紹介していきます。
 
 
名付けて「わたしのジュエル・ストーリーズ」
 
 
どんな自信のタネが見つかったのか、想像しながら読んでみてください。
 
 

2.子育てに自信をなくしていたママが見つけた、自信をつけるタネ!

 
 
今回お話を伺ったのは、発達科学コミュニケーションリサーチャーのMさん
 
 
Mさんは、発達障害・ADHD(注意欠陥性多動性障害)と診断されている、小学校3年生の息子さんを育てるお母さんです。
 
 
「楽観的に見られがちだけど、実は自信がなくって、子どものこととなるといつも心配ばっかりしてしまう」と自分のことを分析されたMさん。
 
 
子どもにカッコいいお母さんの背中を見せたい!
 
どうしても自分に自信をつけたい!
 
 
と思い、ジュエル・ストーリーにチャレンジされたそうです。
 
 
Mさんに、ジュエル・ストーリーを使ったことによるご自身・お子さんの変化についてお話していただきました。
 
 

ーーーまず、「ジュエル・ストーリーズ」に目を通されて、どう感じられましたか?

 
 
「タイトルの、『ジュエル』という言葉を聞き、どんなキラキラしたものが自分の中から見つかるのかなってワクワクしました。ワークのデザインもステキでした。
 
目を通してみると、身近なテーマで書けそうだったので、すぐにでも書いてみたいと思いました。」
 
 

ーーーテーマはすぐに見つかりましたか?

 
 
「はい。このワークを書くちょっと前に、ずっと付き添い登校が必要だった息子が一人で登校できるようになったんです。それがすごくうれしかったので、これを書いてみようと思いました。」
 
 

ーーーワークはスムーズに書けましたか?難しかったところはありましたか?

 
 
「1つ1つの質問がわかりやすかったので、比較的すぐ書けました。書いていたらどんどんうれしかった時の気持ちがあふれてきちゃって、ついつい書きすぎてしまいました(笑)。
 
難しかったところは特になかったです。」
 
 

ーーーワークをやってみて、新しく気づいたことや自分が変わったなと感じたことがありましたか?

 
 
「ちょっとしたエピソードだったし、はじめは軽い気持ちで書き進めていたのですが、その時の気持ちを思い出したら自然と笑顔になっていました。
 
ストーリーを書き終えて読み返してみたら、『息子も私も頑張ったなあ』って感動しちゃって。
 
言葉で書き出してみて、改めて、私の頑張りと息子の成長を実感することができました。
 
あと、最後の『今の自分から当時の自分にあてた激励』っていうのがよかったですね。昔の私頑張れ、って思うことで、今の自分があの時より進めているんだなっていうことに気づけました。
 
あとは、このストーリーを息子に読んであげたんです。そしたら何とも言えない笑顔になってくれて…。息子の自信にもつながった気がします。
 
このワークを使って、他のストーリーも書いてみたいな。もっともっと、私と息子の成長をたくさん見つけていきたいと思います。」
 
 

ーーーMさん、ありがとうございました!

 
 
 
 
ーーー
 
 
ジュエル・ストーリーを書くことで、お母さんの頑張りと息子さんの成長を改めてかみしめることができたMさん。
 
 
また、息子さんにストーリーを読み聞かせることで、息子さんの自信もつけることができたようです。
 
 
ジュエル・ストーリーをどんどん使っていきたいと語ってくれたMさん。親子でますます成長していかれることと思います。
 
 
そんなMさんの書かれた「わたしのジュエル・ストーリーズ」を次の項でご紹介しますね。
 
 

3.「わたしのジュエル・ストーリーズ」〜息子が初めて1人で登校できた日〜

 
 
小学校に入学した息子。朝1人で登校することがなかなかできませんでした。
 
 
はじめは、そのうち行けるようになるからと思っていたけど、
 
 
「1人で行けるでしょ?」と声をかけても嫌がり、「行きたくない。ついてきて」という息子。
 
 
正直、困ったなあ、不安だなあって思っていました。
 
 
だって、私は仕事もあるし、毎日は登校についていけない。
 
 
このままずっと1人で登校できないんじゃないかって心配してしまったからです。
 
 
私は、仕事がお休みの日は登校に付き添い、それ以外の日は同居の義父にお願いして一緒に登校してもらうことにしました。
 
 
息子が自分から、「もうひとりで行けるよ」という日まで待とうと決めました。
 
 
だけど、先が見えなくて。これ、いつまで続くんだろうと不安でした。
 
 
お義父さんに迷惑かけてしまってるって思っていたし、本当に1人で行けるようになるのか、息子のことを信じ切れていなかったからです。
 
 
無理させて学校に行けなくなってしまったら困るから、子どもを信じなきゃ。そう思いながら、付き添い登校を続けました。
 
 
そのうち、「帰りは1人で帰ってくるから」と1人で帰ってこられるようになりましたが、朝はどうしても付き添いが必要だったんです。
 
 
そしてとうとう、ある日「明日から一人で学校行くから」といって、宣言通り自分一人で登校できたんです!
 
 
その日帰ってきた息子は、「僕、一人で行けたよ!!」とめちゃめちゃうれしそうでした。
 
 
私も、1人で登校できるようになるなんて、息子すごい!!って感動でした。
 
 
あんなに不安だった私の気持ちも、いつのまにかすっきりして胸がいっぱいになっていました。
 
 
それは、やり遂げたときの息子の笑顔が、今までに見たことがないほど自信に満ちていたからです。
 
 
 
 
あの頃の私へ。
 
 
「息子を信じると決めたけど、先が見えなくてしんどくなってるかもしれないね。
 
 
だけど、よく見てみて。
 
 
息子くんは少しずつ、少しずつ成長してるよ。
 
 
いつか自分のタイミングで、自分のチカラでやり遂げてくれる。
 
 
だから、もう少し子どもを信じてみようよ。
 
 
あなたのあふれるほどの愛は、ちゃんと息子くんに届くからね。」
 
 
お母さんの自信が、なんで子どもの自信につながるの?って思った方はこちらをチェック! 
 
 
 
あなたも「ジュエル・ストーリー」が書いてみたくなったら、こちらの記事からダウンロードできますよ。
 
 
 
読むだけで、お母さんの自信がぐんぐん上がるメルマガを配信中!
▼無料で毎日情報をお届けしています
Nicotto!塾生募集中

 
 
執筆者:森中博子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-コミュニケーション, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.