ママの学び方・働き方

子どもの成長を加速させる!発コミュトレーナーには〇〇のないお母さんが最適な理由

投稿日:

 

子どもの成長を加速させる!発達科学コミュニケーションでは、受講する生徒さんもトレーナーも「お母さん」だということをご存知でしたか?今回は、なぜトレーナーも「お母さん」が最適なのかについてお伝えします。
 

【目次】

 

1.生徒である「お母さん」とトレーナーである「お母さん」の違い

 
 
「お家づくり×言葉」の発コミュトレーナーの募集が人気で、申し込みが続いています。
 
 
どんな人に挑戦して欲しいか?と言うと、非常識な人に挑戦してほしいと思っています!
 
 
発コミュは、非常識な発達支援だからです。
 
 
発コミュは、発達のプログラムを受講する生徒さんは「お母さん」です! では、先生は誰か?と言うと、先生も「お母さん」です!
 
 
ですが、生徒のお母さんと、先生のお母さんには明確な違いがあります。
 
 
生徒さんのスタートは発達支援の”常識”をまとっています。
 
 
・本当に個別対応じゃなくていいの?
 
・本当に問題に対処しないのに問題が解消されるの?
 
・本当に本人に会わないでいいの?
 
・本当にコミュニケーションを変えるだけでいいの?
 
 
疑問だらけだと思います。
 
 
 
 
しかし、生徒として約3ヶ月学び、接し方を変えることで子どもが変わっていく姿を見たら、スタート時に思っていた疑問が解消し、発達支援の常識を脱ぎ捨てた状態になれます。
 
 
こうなったら講師の素質あり!
 
 
本当に効果の出る非常識な発達支援の講師には、常識を持ってないお母さんが最適だからです!
 
 
発達支援の常識に染まってないからいい講師になれるんです!
 
 

 
 

2.子どもの成長を願う「お母さん」と一緒に新しい発達支援を!

 
 
今まで、いろんな分野でイノベーションが起こってきましたが、イノベーションを起こしているのは分野外の人というのを、ご存知ですか?
 
 
例えば、iPS細胞で有名な山中伸弥教授の研究参謀として活躍している高橋先生は、もと細胞や遺伝子の専門家ではありませんでした。
 
 
まったく別の分野にいた人だから、他の分野では当たり前の手法を再生医療の分野に持ち込んで、iPS細胞の発見へと繋がったのです。
 
 
新しく分野に入った人は、分野内の人が思いつかない方法で行動できるメリットがあります。
 
 
だから、新しい方法で成果が出る!
 
 
私も最初は脳科学の専門家ではありませんでしたが、子どもの脳の発達が知りたくて専攻を変え、たった1ヶ月でそれまで「難しい」と言われていた実験を成功させました。
 
 
それは、私がそれまで別の分野にいたからです。 正直、私に与えられた課題が難しいとさえ知らなかった。だから、成功できたんだと思います。
 
 
そして数ヶ月後、すぐに成功してしまった結果を学会で発表したら偉〜い先生に「そんなことは絶対にあり得ない!!認めない!!」とケンカを売られましたが、コレがあり得るんです。
 
 
その分野の当たり前にどっぷり浸かっていると、見えないものがあるのです。
 
 
だから私は、今の仕事を始めたときにも、発達業界に染まっている人だけでなく、新しくこの分野に入る人と仕事がしたいと思いました。
 
 
だから、私は子どもに誰よりも愛情があり、子どもとの経験が誰よりも深く、発達分野の常識に染まりきってない”お母さん”と一緒に新しい発達支援を実現したい!と思ってスタートしました。
 
 
 
 
 発達の分野に染まりきっていたら、「様子を見ましょう」と言うアドバイスに違和感はありません。
 
 
ですが、非常識なお母さんだからこそ、様子見するという常識を捨てて、今できることにすぐに着手するという非常識を選択することができます。
 
 
無知は宝!
 
 
私の脳科学の恩師は、先ほど話した学会で偉い先生に派手に喧嘩を売られてあまりにも無知で右往左往していた私にこう言ってくれました。
 
 
「無知は宝だよ」 そして、こうも言ってくれました。
 
「You have to be there!」(君はここにいなきゃダメだよ。)
 
 
だから、しっかり勉強しなさい、と。 私も今、心から言えます。
 
 
みなさん、もし自分は何も知らないから無理…と思っているなら、その無知は宝です!
 
 
本当に効果の出る発達支援のために、子どもたちの未来のために、この現状を変えたいなら You have to be there!
 
 
この分野に関わるべきです。
 
 
私が、直接みなさんにお教えしますので個別相談に来て、発達科学ラボの門を叩いてください!
 
 
【個別相談】 「お家づくり×言葉」で発達グレーゾーンの子どもの脳を伸ばす専門家になる!!
詳細・申し込み
 ↓
 
 
非常識だからこそ、イノベーションを起こせます。挑戦する!と決めた人だけ個別相談にお越しくださいね!
 
 
 
 
子どもの脳を伸ばしながらお母さん自身も専門家としてトレーナーの道に進みたいと思ったらメルマガからも情報ゲットできます。
▼ご登録はこちらから!

 
 
執筆者:吉野加容子
(発達科学コミュニケーショントレーナー、学術博士、臨床発達心理士)
 

-ママの学び方・働き方
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.