小学生 幼児

読み書きできないまま小学校に入学して大丈夫?!と不安なお母さんに伝えたいこと

更新日:

来年の春からは小学生なのに読み書きできないわが子の小学校入学に不安を抱いているお母さんはいませんか?我が家の息子も読み書きに興味がなく、できないまま入学しました。そんな息子に私がどうしたか、何を大切にしたかをお伝えします。
 

【目次】

 

1.読み書きできないまま小学校に入ることが不安になっていませんか?

 
 
来年の春から小学生なのに「読み書きに興味がなくて、まだ読んだり書いたりすることができないけど大丈夫?」と、小学校入学が不安になっていませんか?
 
 
読み書きできないと小学校に入れないという決まりはないし、「必ずできるようになってください」という事を言われているわけでもないですよね。
 
 
小学校入学までに読み書きでないと心配だと思う理由は、「周りの子ができているからうちの子もできるようにしないと」というお母さんの焦りからくるものがほとんどではないでしょうか。
 
 
今は通信教材で早くから文字の勉強に触れることもでき、早いと幼稚園の年中頃から文字に興味を持ち始める子もいますよね。卒園する頃には簡単な言葉や文章を書けるようになる子どももいます。
 
 
そのようなお友達の姿に、「うちの子はまだ何も書けない…」と焦ってしまいますよね。
 
 
周りのお友達が「読み書きできる」からと言って、自分の子どもにもできるようになってもらいたいと、いろいろ方法を考えて実践されているお母さんもいるかと思います。
 
 
しかし、無理に興味を持たせようとしてドリルを買って取り組ませても、なかなか上手くいかないのが現実ではないでしょうか。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.焦って取り組ませても上手くいかないのはなぜ?

 
 
発達障害の有無に関わらず、子どもが興味のないことに取り組むことはなかなか難しいですよね。
 
 
特に発達障害・グレーゾーンの子どもは
 
 
・興味のないことには取り組みたがらない
・集中力が続かない
・じっとしていることが苦手
・文字を見ることと書くことの同時の作業が苦手
 
 
など、様々な特性を持っています。
 
 
無理に練習させようとしても子どもがイライラしたり癇癪を起してしまい、読み書きに対してネガティブな気持ちを持ってしまうかもしれません。
 
 
親の一方的な働きかけで親子関係が上手くいかなくなってしまうだけではなく、読み書きに対して嫌な気持ちを抱いてしまっては本末転倒ですよね。
 
 
脳には発達の旬があると言われています。 子どもが「やりたい!」と思った時こそ伸びるチャンスなのです。
 
 

 
 

3.ほとんど「読み書きできない」まま入学した息子

 
 
我が家の息子は注意欠陥多動性障害(ADHD)と自閉症スペクトラム症障害(ASD)を併せ持ったグレーゾーンです。
 
 
・落ち着きがない
・思いついたらすぐに行動する
・興味のないことには集中力が続かない
・嫌な記憶に対して不安が残りやすい
・苦手なことや初めてのことには取り組みたがらない
 
 
などの特性があり、幼稚園の頃から小学生になった時の心配事がたくさんありました。
 
 
息子の特性も踏まえて、興味を持つまで無理に教えなくても良し!という考えだったこともあり、あえて通信教育やドリルをすることはありませんでした。
 
 
年長になったのをきっかけに興味を持てばと思い、お風呂場に「あいうえお表」を貼りました。興味を持って毎日見ていましたが、絵を見て字をあてるという感じで、文字を覚えるまでには至りませんでした。
 
 

 
 
そんな息子が文字に興味を持ったきっかけは、卒園式を控えて担任の先生へ書くメッセージカードでした。
 
 
クラス委員をしていた私は、メッセージカードを集めて仕上げる作業をしていました。
 
 
その時に息子は、文字を書いているお友達のメッセージカードを見ました。
 
 
そして、絵しか書いていない自分のカードとお友達の文字が書いてあるカードを見比べて「○○君、字が書けるんだね」とつぶやいたのです。
 
 
この時、初めて「文字を書く」ということに少し興味を持ったのです。
 
 
だからと言って、そこからすぐに字の練習を始めるということはしませんでした。
 
 
少し書いてみたいなという気持ちが出た程度でしたので、気が向いた時に字を書こうとする姿があるくらいでした。
 
 
そんな時は「上手に書けているね」と声をかけてあげました。
 
 
入学までにできるようになったかといえば…ほぼできない状況で入学しました。
 
 
それでも、息子は入学後の国語の授業と宿題のプリントと音読だけで読み書きができるようになりました。
 
 

▼子育ての困りごとを2022年に持ち越したくないママへ

 
 
 

4.我が家の小学校入学準備は学習より「気持ち」

 
 
息子が入学後にしっかり授業や宿題に取り組めたのは、入学前に大切にしたことがあったからだと思います。
 
 
小学校入学準備に読み書きや算数を先取り学習する家庭もありますが、我が家は学習よりも学校への期待をもてるように気持ちの準備をしました。
 
 
入学前に無理強いして読み書きをさせて学校や授業に対するネガティブな気持ちを作らないようにしたのです。
 
 
すでに小学生の娘をもつ姉から「持ち物にも名前を書くから自分のひらがなの名前が読めればいいみたいだよ」という話も聞いていたので、「読み書きができない」ということに焦りはありませんでした。
 
 
姉の話を聞いて、学校の下駄箱やロッカー、机のひらがなの自分の名前が見つけられればいいなと思い、自分の名前に興味が持てるように声をかけました。
 
 
そこで
 
 
・「学校には○○○の名前が書いてある靴箱に靴をしまうからね。」 
 
・「探しっこゲームみたいだね」
 
 
と話をして「自分の名前」に興味を持てるようにしました。 
 
 
また、筆箱や鉛筆を用意するときに「この鉛筆で字のお勉強をするが楽しみだね」とも伝えました。  
 
 
入学前に無理強いして読み書きをさせて、小学校や授業に対するネガティブな気持ちを作るより、楽しみな気持ちをもってほしいと思ったからです。
 
 
定型発達の娘は兄の影響もあるかと思いますが、年中から文字に興味を持ち、読み書きができるようになってきていきました。
 
 
特に教材やドリルをしているわけではないので鏡文字だったり書き順も間違えていますが、入学前に読み書きが嫌いにならないために書いたことに「上手にできたね」と答えています。
 
 
子どもが物事に興味を持つ時期やできるようになる時期には個人差がありますし、発達凸凹の特性も関係してくると思います。
 
 
ですから、子どものやりたいという気持ちとできたという達成感を味わうことを大事にしています。
 
 

 
 

5.入学後の心配よりも大切にしたいのは子どもの「今」

 
 
 読み書きができないことに対しての不安を持たずに、学校に対して期待をもって入学した息子は、授業が始まってから張り切って宿題にも取り組みました。
 
 
1文字の書き取り練習と音読合わせて5分もかからない宿題でしたが、毎日続けることで読み書きを覚えることができました。 
 
 
担任の先生から、音読が苦手かもしれないとお話を受けたこともありました。 
 
 
けれど、読み始めたのが遅かったこと、着実に読めるようになっていることを実感していた私は、息子の成長を見守る余裕も持てていました。  
 
 
それは入学前に焦って教えようとせずに、息子の気持ちが読み書きに向いてから一緒に取り組めたからだと思います。 
 
 

 
 
できないことや心配なことが気になり、入学前までにちゃんとできるようにならないと…と焦る気持ちもわかります。 
 
 
しかし、子どもには先の不安から辛い思いをさせるよりも、まずは「今」を大切に過ごして「学校が楽しみ」という気持ちを育てることが一番大切なことではないでしょうか。 
 
 
そのためにも、子供のためにと嫌いなことや興味のないことを押し付けて、親子の関係が崩れるよりも良好な親子関係のもと気持の準備をするほうが大事ではないかと思います。
 
 
子どもの今の姿に寄り添い、一緒に進んでくれるお母さんの存在こそが一番の栄養です。 
 
 
その栄養がたっぷりあれば、お子さん自身がタイミングをみてグングン成長していくと思います。 
 
 
その過程で苦手なことが分かり、支援が必要と気が付いた時には先生と相談してお子さんに合った対応をするのが大切です。 
 
 
まずは、4月にお子さんとお母さんがワクワクしながら入学式を迎えられることを心から願っています。
 
 
 
 
お子さんとお母さんの小学校入学前の不安を和らげるための情報をお届けしています!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!

 
 
執筆者:さとうみな
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-小学生, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.