グレーゾーン 発達障害

マイペースで行動が遅い発達障害の子どもが動き出す!特性にあわせたお母さんの声かけ&働きかけ

更新日:

発達障害グレーゾーンで行動が遅い子どもは周りをイライラさせることも…。脳の特性がわかれば、特性に合わせたお母さんの声かけと働きかけで対応できます。自閉症スペクトラムタイプにおすすめの対応法をお伝えします!
 

【目次】

 

1.発達障害グレーゾーンの我が家の娘

 
 
我が家の娘は診断はついていませんが、発達障害の自閉症スペクトラム(ASD)の傾向があります。
 
 
・保育園の準備を始めるに時間がかかる
 
・着替えを持ってきたと思ったら、一つ一つがゆっくりで遅い
 
・ぼ~っとして行動そのものが止まってしまう
 
 
という感じだったので、毎日毎日、
 
 
「着替えて!」
「止まらないで!動いて!」
「早く!」
 
 
など、私はガミガミ指示出しばかりして、楽しい会話をする暇もありませんでした。
 
 
 
 
小学校に入学すると、明日の準備だけではなく宿題もあります。保育園時代とは異なり、やることがたくさん!
 
 
たくさんあればあるほど発達障害グレーゾーンの娘はどこから手をつけていいやら分からず、わたしは放心状態になるばかりでした。
 
 
毎日がヘトヘト…イライラの日々でした。
 
 
そんな大変な日々の中で出会った発達科学コミュニケーション!ここでは、「できないことには目をつぶり、できていることから声かけをする」という教えがあります。
 
 
実は、発達科学コミュニケーションのセットの声かけをすることで、発達障害ASDタイプの娘が、何を言ってもスッと動く子どもになったんです!!
 
 
我が家の娘が動けるようになった声かけの工夫をお伝えします。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.発達障害・自閉症スペクトラムタイプの子どもの行動が遅い理由

 
 
まず、発達障害・ASDタイプの子どもの行動が遅いのは何故なのでしょうか。
 
 
大人の私たちは、その日のすべきこと、したいことを、頭に並べて段取りを組んで行動していますよね?
 
 
「今日は習い事があって帰りが遅いから、就寝時間まで2時間!
 
ご飯とお風呂に30分ずつとして、残り1時間!
 
宿題とピアノの練習、通信教育の〇〇もさせなきゃ!」
 
 
というように、子どもの用事に関してもお母さんの頭は動いていますね。でも、子ども本人はどうでしょう?
 
 
 
 
発達障害ASDタイプの子どもは、
 
 
段取りを組むことが苦手:どこから始めたらいいか取っかかりをつかむことが難しい
 
 
時間感覚の発達がゆっくり:逆算して行動することが難しい
 
 
運動発達がゆっくり:体を動かすことそのものが未熟で動きが遅い
 
 
という特性があるんです!
 
 
グレーゾーンでなかなか人にはわかってもらえない程度の発達障害でも、脳の発達に凸凹があると、このようにできそうでなかなかできないことがあります。
 
 
子ども自身も、
 
「お母さんの言っていることはわかるけど、なんかできない」
 
と思っているかもしれません。
 
 
そして行動が遅くなりがちなんですね。
 
 
そこで、お母さんの声かけを変えて、発達障害の子どもの「できない」感覚を取っ払ってあげませんか?
 
 

▼ワーキングメモリ―を鍛えるお試しワーク付き!

 
 
 

3.発達障害の子どもの特性に合わせた声かけ・働きかけ

 
 
発達障害・ASDタイプの子どもの特性に合わせた声かけと働きかけがあります。
 
 

◆①段取りを組むことが苦手な子への声かけ・働きかけ

 
 
段取りが苦手な子も、好きなことはパッと取りかかって集中して取り組むことができませんか?やる気があればできるんです!
 
 
ダラダラしてしまうのはやる気が起きないから。生活習慣そのものは、子どもにとってはどれも楽しいことではないですよね。
 
 
ですので、子どもが「したい!」と思う行動に変えてあげることがポイントです。
 
 
「お着替え終わったら何する?」
 
 
声かけで、やる気がおきないことの後に何かやりたいものを考えさせてあげてください。
 
 
発達障害の子どもの気分が盛り上がるような行動とセットの声かけにすると、気分も上がって行動しやすくなります。
 
 

◆②時間感覚の発達がゆっくりな子への声かけ・働きかけ

 
 
何かをしながら時間を気にする、というのは「ワーキングメモリー」という記憶の機能が働いてできることです。
 
 
ですが、発達障害の子どもは、ワーキングメモリーの発達がゆっくりな子が多いです
 
 
また、ワーキングメモリーが働いていても誘惑に負けるのは、脳の前頭葉の抑制機能が働いていない場合です。
 
 
子どもはワーキングメモリーも前頭葉の抑制機能も十分に発達していないので、時間を守るということはそもそも難関なんです。
 
 
ということで、生活の中の一か所から時間を守る習慣をつけましょう。特に大事なのは就寝時間です。脳にとって睡眠は必要不可欠な栄養源です。
 
 
記憶を司る海馬を成長させ時間感覚を育てたいなら、睡眠時間を確保しましょう
 
 
「9時には寝るよ。」など、約束の時間を意識させます。
 
 
「9時まであと20分だから歯磨きしよう」 声かけして、終了の時間を意識させ、逆算して行動する考え方を伝えましょう。
 
 
視覚的に残り時間を示すタイマーもお勧めです。
 
 

◆③運動発達がゆっくりな子への声かけ・働きかけ

 
 
そもそも体や手足を動かす能力が発達していないから何をしても遅いのかもしれません。
 
 
脳の発達にも運動は必要!まずは体を動かしましょう。
 
 
生活の中で活動する量を増やしていくことが大切。まずは、買い物などの簡単なものから始めて、徐々に運動量を増やしてみてください。
 
 
運動する時間が作れないご家庭は、お家のお手伝いをさせてみましょう。
 
 
家事を手伝ってもらうことで、お母さんも「ありがとう」と褒める会が増えます。
 
 
お母さんの褒めの声かけで発達障害の子どもにも自信がつき、一石二鳥です!
 
 
 
 

◆④次の行動の指示は、肯定と楽しいことでサンドイッチ!

 
 
肯定的な言葉→次にしてほしいこと→楽しいことを想像させる言葉というセットの声かけで、発達障害の子どもにどんどん動いてもらいましょう!
 
 
「ご飯、全部食べたね」(肯定的な声かけ)
 
 
「じゃ、歯磨きだね」(次にしてほしいこと)
 
 
「歯磨きの後、何する?」(楽しいことを想像させる)
 
 
指示出しだけと比べると、子どもの行動が早くなります。
 
 
子どもを取り巻く状況と脳の成長に合わせた声かけをしてみてください。きていることに注目し、苦手なことはやりやすいようにアシストしてあげてください。
 
 
ぜひお試しくださいね!
 
 
 
 
パステルキッズの学びについて提案しています!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!

 
 
執筆者:小沢月子
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.