【ギフテッド(2E)男子の変化成長ストーリー特集】「どうせ僕なんて!」自己否定するギフテッド男子がチャレンジする子になったストーリー特集

孤高の天才はもう古い!
 
 

ギフテッドは、学校で浮きこぼれると言われています。授業で好奇心が満たされない、周りの子どもたちと違うところに興味を持つからだと言われています。

 

 

しかし、好奇心が満たされないから、ギフテッドの子どもたちは学校に行きたがらないわけではありませんし、難しいことばかり考えているわけではありません。

 

 

仮面ライダー、ガンダム、電車に昆虫、ゲームにYouTubeなど、みんなと同じようなことにも興味を持ちます。ただ、そのことについて、周りの子どもたちよりも情報収集能力が高く、記憶力が高い。

 

 

オタク度(専門度)が高く、熱量が高過ぎるために一方的に話をしてしまい、理解してもらえず、勝手に怒り出したり、落ち込むので周りとの距離が生まれます。するとそのことを敏感に感じ取り、僕のことはわかってもらえないと感じるようになってしまうのです。

 

 

すると、わかってもらえないからと自分に気持ちを隠します。わかって欲しいと癇癪を起こしたり、どうせ僕なんて・・・と自己否定を始めてしまう。

 

 

けれども、自分の気持ちを話せるからこそ、自分の居場所はできていきます。

 

 

私の息子は、友達はいない!学校を爆破してやる!と不登校になりました。

 

 

しかし、発達科学コミュニケーションを実践していくことで息子は学校に復帰し、友達からのススメで読み始めた本から視野が広がり、幅広い分野を学ぶようになりました。

 

 

学校に行く行かないかが問題なのではありません。才能が伸びる環境をただ用意すればいい訳でもありません。

 

 

自分の気持ちを話し、居場所を作れるようになること、そして、成長したいという欲を育てることでギフテッドの子どもたちは、人と関わる力をつければ、人と支え合い、切磋琢磨することで成長していけます。

 

 

この特集記事では、私が発達科学コミュニケーションを手渡した100人のママの中から、「僕はいらない子なんだ。」「生まれてこなかった方が良かったでしょ。」と孤独を感じて荒れていた子が人と関わる力をつけて、少年野球に取り組むようになった、弟に付き合えるようになった、チャレンジするようになったなど大きく成長した子を紹介します。

 

 

できるのにやらない、マイペースで自分勝手だと誤解されてしまうことが多々あるギフテッド男子が自分らしく幸せに生きていくお役に立てて頂けると嬉しいです。

 

 

【特集内容】ギフテッド(2E)男子が変化成長するヒーローズジャーニー

【6歳Rくん】「僕のこと嫌いなんだ」と頭を叩いていた子が自分で行動する子になりました!

【6歳Sくん】自分を傷つけてママを脅していた子がやりたいことにチャレンジする子になりました!
【8歳Sくん】高IQなのに母親の言う言葉は一切聞かない!小学校でトラブルばかりだった子が夢に向かって走り出しました!
【8歳Rくん・前編】 生まれてこない方がよかったでしょ!自己否定していたギフテッド男子が居場所を作れるようになりました!
【8歳Rくん・後編】生まれてこない方がよかったでしょ!と言っていたギフテッド男子が失敗しても挫けない子になりました!
 

【人が好きなのに学校が苦手なギフテッド男子って、何?】

ギフテッドはIQではわからない!うちの子はギフテッドなのか?発達障害なのか?

 人が好きなのになのに学校が苦手になるのは、なぜ?
 
【ギフテッド男子の困りごと解消にオススメのテクニック】
ギフテッド男子が意思を曲げない理由は、ここにあり! 
ギフテッド(2E)男子がゴミ箱にゴミを捨てられるようになる方法
貧乏ゆすりが止まらない!貧乏ゆすりの原因は、ギフテッド男子の気持ちにあり!
待てないギフテッド男子の待ち時間が学び時間になる方法

 

タイトルとURLをコピーしました