どもる

お客様の声

話し方の練習をしないのに吃音がよくなった吃音×発達凸凹キッズ

お子さんの吃音がどうしても気になって注目をやめられなかったママが、しないことを決め、することを決めたことで、お子さんの行動に変化が起き、吃音までよくなったストーリーです。吃音×発達凸凹キッズの不安や繊細さをどう乗り越えたのか参考にしてみたください。
吃音

「吃音は治るから大丈夫だよ」と言ったことがある?

子どもと吃音のことについて話しにくい理由は、「吃音は治るから大丈夫だよ」と言ってあげていいのかママに迷いがあるからではないでしょうか。発達性吃音は、吃音を気にせず、明るく成長できればよくなります。ママがその軸を持って我が子の吃音を治す!と決断して言い切ってあげましょう。
吃音

娘の吃音が治ったきっかけは大好きなアレ!

3歳の頃に吃音を発症し、2年目に入ってから急激に症状が悪化した娘の吃音が治ったきっかけは、娘の大好きなアレでした!毎日5分!好きだから続けられた方法をお伝えします。
吃音

小学生の吃音で大事なことは◯◯!

小学生になると吃音について悩んでいても恥ずかしいという気持ちもあり親や先生に相談できず一人で悩んでいる子がいます。そんな子が相談しやすくなるために超重要なことをお伝えします。
お客様の声

吃音×発達凸凹キッズに教えたい「人に頼れる」って大事な力

吃音×発達凸凹キッズは人よりも「失敗した!」と感じる経験が多くなる傾向があります。困難なことや逆境を我慢や根性で乗り越えさせることを教えるのではなく、人に頼ってでも乗り越えて成功体験を重ねることも教えてほしいと思います。そんな経験を重ねることで、最終的に「自分一人でもできそう!」という自信が育っていきます。
吃音

吃音についてネガティブな記憶をためさせないために必要なこと

吃音についてネガティブな記憶をためさせないために必要な力があります。それを育てることで吃音がよくなり、また生きる力を身につけることになります。親でも手にしたい力です。どうしたら手に入るか考えていきます。
お客様の声

一早く対応を開始した吃音親子の変化成長

一早く対応を開始して、吃音をス〜っと落ち着かせた親子の変化成長をお伝えします。
無料電子書籍

「どもるのやだ…」とうつむく吃音×発達凸凹キッズの脳を育てる本

吃音も発達凸凹もつながっています。「どもるのやだ…」とうつむく子の脳を育てることで吃音の悩みも発達凸凹の悩みもともに解消していくことができます。そのために今日からすぐに実行できる3つのテクニックをこちらの本でご紹介しまう!
吃音

どもらないように工夫をする沼にはまる吃音×発達凸凹キッズを救いたい!

どもらないための工夫をして、どもらず話せるようになれば誰にも気づかれず、本人も傷付かずにすむのではないか、と考える方がいます。本当に本人は傷ついていないのかを考えた時に、ほしい未来が変わってくると思います。少し先の未来を描いて今、何ができるか考えてみましょう。
吃音

もっと具体的に知りたい!子どもに教える「吃音とは」

子どもに「吃音とは」どういうものか説明する時に、ネガティブな印象にさせないためには、どんな言い方がいいのか親なら誰でも迷うと思います。我が家の「◯◯とセット」にして「間接的に解説した」方法をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました