Nicotto 半年前から始める就学準備 幼児

【Nicotto!限定】「どんなときも子どもファースト」~発達障害・グレーゾーンの子どもの小学校生活をスムーズに送るための子育て軸~

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子育ては一筋縄ではいきません。お母さんも心配が尽きないですよね。お母さんが子育て軸を持つと問題が起こっても対応に迷いません。小学校入学を「子どもファースト」の子育て軸で乗り切ったお母さんにお話を伺いました。
 

【目次】

 

1.小学校生活を乗り切るための作戦とは?

 
 
発達科学ラボリサーチャー・森中さんの息子さんは発達障害・注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプ小学校1年生
 
 
もともと支援級を希望されていましたが、就学相談を経て通常級(通常学級・普通級)に入学されました。
 
 
今回、この1年を振り返って、就学相談や入学準備、入学後の先生との協力についてインタビューさせていただきました。全4回でお届けしています。
 
 
第1回は就学相談、第2回は入学後の行きしぶり、第3回は授業中の立ち歩きについてお話しいただきました。
 
 
 
 
 
 
今回は最終回。入学前から心配されていた立ち歩き問題が解決し、行きしぶりも解消した森中さん。
 
 
今後の小学校生活や子育てについてお聞きしました。
 
 

――今後一番心配なことは何ですか?

 
 
「立ち歩き問題も行きしぶり問題も1学期で解決したのですが、長期休み明けや進級の際はまた再発するかもしれないなと心配しています。
 
また、息子のお友達から『〇〇くん変わってる』というようなことを言われることもあり、そういうことを気にするようにならないかな、というのが心配しているところです。
 
特に体力がなく、運動会の練習がきつかった、という思い出がインプットされてしまったので、来年以降も運動会の季節には悩みそうです。」
 
 
運動会が大きな課題だと判断された森中さん。来年は運動会をどう乗り切るのか、作戦を教えていただきました。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン

5   +   8   =  
   

-Nicotto, 半年前から始める就学準備, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.