小学生 発達障害

宿題しない子がやる気を出す!発達障害の子どもに効果的な対応を2つ紹介します!

投稿日:

「何度言っても宿題をやろうとせず、最後にはバトルになってしまう…」こんな子どもの宿題問題で悩んでいませんか?大丈夫!発達障害の特性を理解して正しい対応をすれば、宿題しない子のやる気を引き出すことができるんですよ。
 

【目次】

1.「何度言っても宿題をやらない…」と悩んでいませんか?
2.発達障害の子どもが宿題をやらない理由とは?
①ワーキングメモリが少ない
②エンジンがかかりにくい
3.宿題しない子に効果的な2つの対応
① 準備をしてあげる
② 「宿題しなさい!」と言うのをやめて〇〇する

 

1.「何度言っても宿題をやらない…」と悩んでいませんか?

 
 
運動会や発表会などの行事が多く、発達障害の子どもにストレスがたまりやすい2学期。こんな中、お子さんはスムーズに宿題に取り組めていますか?
 
 
・宿題もせずにいつまでも遊んでいる
 
・「宿題をしなさい!」と何度言ってもなかなか取り組まない
 
・最後には宿題を巡って子どもとバトルになってしまう…
 
 
こんなふうに悩んでいるお母さんもいるかもしれません。
 
 
宿題は基本的に毎日出るものなので、子どもがスムーズに宿題に取り組んでくれないとお母さんも辛いですよね。
 
 
でも大丈夫!発達障害の脳の特性を理解して正しい対応をすれば、宿題しない子が自分から宿題に取り組むようになるんですよ。
 
 
  
 
 

2.発達障害の子どもが宿題をやらない理由とは?

 
 
ではなぜ、発達障害の子どもはなかなか宿題に取りかかることができないのでしょうか?
 
 
実はこれには発達障害の脳の特性が大きく関係しています。
 
 

◆①ワーキングメモリが少ない

 
 
発達障害の子どもはワーキングメモリと言う作業記憶の容量が少ない傾向があります。
 
 
ワーキングメモリが少ないと、見通しを持って行動するのが苦手、視界に入らないものは意識から外れてしまう、気が散りやすいなどの行動が現れます。
 
 
だからいつまでも宿題に取りかからずに遊び続けているんですね。
 
 

◆②エンジンがかかりにくい

 
 
発達障害の子どもは脳の発達が未熟であり、やりたくないことをするときに大人の何倍ものエネルギーを必要とします。
 
 
そのため「なんとなくめんどうだな」くらいの苦手意識があるだけでも、すんなり行動に移せなくなってしまうのです。
 
 
だから、お母さんが何度言っても宿題に取りかかろうとしないんですね。
 
 
つまり宿題しない子のやる気を引き出すためには、発達障害の特性に合わせた対応をして宿題に取り組みやすい状態を作ってあげることが大事なんです。
 
 
 
 

3.宿題しない子に効果的な2つの対応

 
 
では宿題しない子のやる気を引き出すために、お母さんにしてほしいこととは何でしょうか?
 
 
ここでは発達障害グレーゾーンの小1の息子を持つ私が、実際にやって効果的だった宿題対策を2つ紹介します。
 
 

◆① 準備をしてあげる

 
 
1つ目は宿題の準備をしてあげることです。
 
 
我が家では息子は学校から帰ってくるとまずプリントを出してくれます。
 
 
そのタイミングで今日の宿題が何かを一緒に確認し、宿題に必要な物をランドセルから出して机にセットしておきます。
 
 
先ほどもお話ししたように、発達障害の子どもは少しでも「めんどくさい」と思うと一気にやる気を失います。
 
 
でもこうやってあらかじめ準備をしておくと「宿題をしようかな」と思った時にすぐに取りかかることができるため、子どものやる気を損なわずに済むのです。
 
 
また、発達障害の子どもは見通しを持って行動することが苦手です。
 
 
宿題に必要な物を目につく場所に置いておくことで、子どもに宿題の存在を忘れさせないようにする効果もあります。
 
 
ちなみにこの「帰ってきたらまず、宿題一式を出しておく」と言う方法は、「親力」で有名な親野智可等先生もよく紹介されているオススメの宿題対策なんですよ。
 
 

◆② 「宿題しなさい!」と言うのをやめて〇〇する

 
 
2つ目は、宿題しない子に対して「宿題しなさい!」と言うのをやめて子どもが今できていることを褒めるようにすることです。
 
 
先ほどお話ししたように、発達障害の子どもは嫌なことに対してエンジンがかかりにくいと言う特性を持っています。
 
 
そのため、お母さんの声かけで子どもにエンジンがかかりやすい状態にしてあげることが必要です。
 
 
実は「宿題しなさい!」と言っても、発達障害の子どものやる気を引き出すことはできません。
 
 
なぜなら子どもはできていないことを指摘されると、やる気をなくし行動しなくなるからです。
 
 
反対に、子どもは自分の行動を褒められると自信がつき、自分で考えて行動するようになります。
 
 
つまり宿題しない子にエンジンをかけるためには、子どものできているところに注目してたくさん褒めてあげることが大事なんです。
 
 
「そうは言っても宿題しない子のどこを褒めればいいの!?」なんて思われるかもしれませんね。
 
 
褒めると言っても特別なことである必要はありません。例えば私の場合、毎日息子が帰宅した後は、
 
「ちゃんと1人で帰ってきたね!」
 
「重いランドセル、頑張って背負えたね!」
 
「プリント持って帰ってきたね!」
 
「手を洗ったんだね!」
 
「本を読んでるんだね!」
 
こんな感じで息子がやっていることをそのまま口に出してあげています。
 
 
子どもができていることを、そのまま口に出してあげるだけでも褒めているのと同じ効果があるんです。
 
 
 
ポイントは、子どもが宿題に取りかかろうとしたらすかさず褒めることです。始めた時間がどんなに遅くても、嫌々でもそこはスルーしてください。
 
 
あくまでも宿題に取りかかろうとしている姿勢にだけ注目してください。
 
 
「あ、椅子に座れたね」
 
「鉛筆出せたね」
 
「プリントに名前書けたね」
 
と、スモールステップで褒めてあげてください。
 
 
このように宿題に取りかかろうとしている姿勢を褒めることで、発達障害の子どもが持っている宿題への苦手意識を徐々になくしてあげることができるです。
 
 
いかがでしたか?宿題しない子のやる気を引き出すためには、
 
 
・宿題の準備をして取り組みやすい状態を作ってあげること
 
・今できていることを褒めることで子どもにエンジンをかけること
 
 
この2つが必要です。今日からぜひ取り組んで、宿題バトルから卒業してくださいね!
 
 
 
 
執筆者:森あや
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
子どもがサクサク宿題に取り組める方法を多数紹介中!
「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしています。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-小学生, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.