スーパーで走り回る発達障害の子どもが激変!買い物で楽しく脳を育てるコツ

 

スーパーで走り回る発達障害の子どもさんとのお買い物、困っていませんか?何度注意しても走り回る、衝動性が強いADHDの子どもも、ママの関わり次第で激変します!子どもと買い物を楽しみながら脳を育てるコツについてお伝えしますね。
 

【目次】

1.スーパーで走り回る発達障害の子に困っていませんか?
2.走り回るのにはワケがあります!
3.買い物を楽しみながら脳を育てるコツ
①ミッションを与える
②褒める

 
 

1.スーパーで走り回る発達障害の子に困っていませんか?

 
 
スーパーで走り回る発達障害のお子さんとのお買い物、本当に大変ですよね。
 
 
特に衝動性が強い注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプのお子さんは、何度注意しても走り回る子が多く悩まれているママも多いのではないでしょうか。 
 
 
・目に付いた商品を触る
 
・お菓子売り場まで走って行く
 
・かくれんぼをして遊び始める
 
・カートを押しながら暴走する
 
・大声を出す
 
 
など、子どもをスーパーに連れて行くのは本当に大変ですよね。
 
 
何度も言い聞かせたはずなのに相変わらずスーパーの中を走り回るわが子を見れば、ママもつい大きな声で叱ってしまうなんてこともあるのではないでしょうか?
 
 
そして叱られてもお構いなしで嬉しそうに走り回る子をなんとか連れて帰るときには、もうクタクタ、ついお説教をしていしまうなんてこともあるのではないでしょうか?
 
 

 
 
我が家には子どもが3人います。全員で買い物に行くとなると、テンションが上がったり喧嘩になったりします。
 
 
考えるだけでも恐怖です。
 
 
ですからお金も時間も余分にかかる子連れでの買い物はとことん避ける!宅配を使い、足りないものは極力一人で買い出しに行くようにしていました。
 
 
こうして買い物問題は解決したかのように見えたのですが、甘かった!
 
 
買い物の経験をしていなかったために、たまに行くスーパーでは余計にテンションUP!
 
 
特に衝動性が強い長男に関しては、幼児期よりも小学生になってからの方が、スーパーで走り回り、行動が悪化しているのではないかと思うくらいでした。
 
 
お菓子を選ばせている間に買い物を済ませようとすることもありましたが、やっぱり嬉しそうに走って行きます。
 
 
選び終わったらまた楽しそうに大きな声でママを探し始めます。
 
 
いったいどうすればいいのでしょうか?
 
 
癇癪・暴力がスッとおさまる!
脳科学に基づく接し方
↓↓↓

 
 

2.走り回るのにはワケがあります!

 
 
しかしよく考えてみてください。
 
 
そもそも買い物について行くだけの行動、子どもにとって楽しいでしょうか?
 
 
好きなお菓子を買ってくれたとしても時間を持て余します。
 
 
・カートは危ないから押しちゃダメ!
 
・商品は触っちゃダメ!
 
・イイもの見つけたと思ってカゴに入れても、やっぱりダメ!
 
 
と怒られる。ママはどんどん選ぶのに、子どもはダメと言われます。
 
 
ダメと言われれば余計に欲しくなります。ダメと言われると余計にやりたくなります。
 
 
特に衝動性が強い発達障害ADHDの子が、次々に目に入るカラフルな食材やお菓子を見るとテンションが上がるのは分かり切ったことです。
 
 
しかし、あれもダメこれもダメと我慢を強いられます。
 
 
いくら事前に走ったらダメと伝えたとしても、スーパーに入った瞬間に忘れてしまいます。そして走り回ってしまいます。
 
 
気が付けば目に付いた商品を触ったり、走り出して次の商品を触ってしまいます。 走っているうちに鬼ごっこみたいだと感じて楽しくなってしまいます。
 
 
ママの姿が遠くでチラチラ見えると今度はかくれんぼをしているみたいで、また楽しくなってしまいます。
 
 
ママが追いかけるから逃げてしまいます。
 
 
大きな声で呼ばれると、もっと大きな声で反応しちゃいます。
 
 
もう悪循環ですね。
 
 
そこに不注意な特性も重なり、ついに商品を倒したり人にぶつかったりしたときには、ママも大声で叱ってしまう、恥ずかしさのあまりその場から逃げ出したくもなりますよね。
 
 
視覚優位な子にとって、視覚刺激の多いスーパーで見えたものに反応してすぐに走ってしまうことは簡単に想像できることですね。
 
 
ではどうすればいいのでしょうか?
 
 

 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.買い物を楽しみながら脳を育てるコツ

 
 
買い物を楽しみながら子どもの脳を成長させるポイントは2つです。
 
 
1つはミッションを与えること、1つは褒めることです。解説していきますね。
 
 

◆①ミッションを与える

 
 
衝動性が強い発達障害ADHDタイプのお子さんは、視覚に反応しやすい子が多いですよね。
 
 
そんな時は、脳の別の部分を使うようにコントロールしてあげるといいですよ。
 
 
子どもが視覚に反応し過ぎるのを避け、自分で考え行動できるようにミッションを与えるのです。
 
 
つまり買い物の一部をを子どもに任せてしまうのです。
 
 
そんなこと絶対無理と思うかもしれませんが大丈夫です。
 
 
簡単にできることから任せるのです。
 
 
・商品を探す
 
・商品をカゴに入れる
 
・商品をカゴに綺麗に入れる
 
・セルフレジでバーコードを探す
 
・セルフレジでバーコードを通す
 
・ポイントカードを渡す
 
・カゴやカートを片付ける
 
・エコバックに詰める
 
 
など少し考えるといくらでもあると思います。
 
 
例えば、商品を探すミッションです。
 
 
ママは事前に買うものリストを用意し、 子どもに商品の場所を探してもらいます。
 
 
「ピーマンはどこかな~?」
 
 
このとき商品から遠いと走って行ってしまうので、近くに来てから伝えます。
 
 
そして見つけたら、
 
 
「美味しそうなのを1つ入れてくれる?」
 
 
「見つけてくれてありがとう!」
 
 
「次は、○○どこかな?」
 
 
「さすが!見つけるの名人だね!」
 
 
という感じです。
 
 
自分に頼られ、さらに役目があると俄然やる気が出ます!
 
 
スーパーに入る前に伝える事は、「走ったらダメよ!」ではなくミッションに変えてみましょう!

 
 

◆②褒める

 
 
次に大事になるのが、褒めることです。
 
 
できたことを褒められると嬉しくなって、また次のミッションをクリアするために頑張ってくれます。
 
 
ですから、たとえ途中でやめたとしても出来たとこまでは必ず褒めてくださいね。
 
 
そうすることで、またやる気がでます。
 
 
ミッションをたくさん用意しておくと、飽きたときにも次の提案をしやすいのでお勧めです。
 
 
頑張ってお手伝いをしている姿を見ると、店員さんや周りの方からも褒めて貰える機会が増えます。
 
 
そんなときは謙遜をせず感謝を伝え下さいね!そして、家に帰ってからも褒めてあげてくださいね!
 
 
他者からの褒めは大きな自信に繋がります。
 
 
しかしここで注意です。
 
 
たとえ失敗したり迷惑をかけてしまったとしても、子どもを叱らず、ママが代わりに謝ってくださいね。
 
 
発達障害ADHDの衝動性や不注意傾向がある子は、その特性により気を付けていても先に手がでて失敗してしまうことがあります。
 
 
その失敗を人前で怒られると、どんどん自信がなくなってしまいます。
 
 
失敗したときはママがフォローすればいいのです。
 
 
失敗しても責められない、助けてくれるから大丈夫だと感じた子どもは、次に挑戦する心も育ちます。
 
 

 
 
1年生になっても嬉しそうにスーパーで走り回っていた息子と今では一緒に買い物に行くのが楽しくなりました。
 
 
勿論一人で行くよりは多少時間はかかります。
 
 
しかし走り回ることはなくなり、買い物を率先してしてくれるようになりました。
 
 
カートを押すのも、商品を見つけるのも、カゴに綺麗に入れるのも、マイバックに詰めるのも…
 
 
楽しい!自分は上手だ!と自信を持つようになりました。
 
 
子ども自身に役目があるので、無駄に走り回り回ることはなくなりました。
 
 
買い物は大変!しかしママの関わり方次第で、机に向かう勉強なんかよりもずっと成長できます。
 
 
商品探しやバーコード探しは、視覚の訓練にもなりますね。
 
 
商品をカゴやエコバックに入れるのは、まるでパズルのようです。図形の学習に繫がります。
 
 
パンや卵をそっとカゴに入れるのは、目と手の協調。
 
 
店員さんとのコミュニケーション…お金の感覚…
 
 
ママのひと工夫でたくさん学べます。
 
 
そしてたくさんの自信も手渡せます!
 
 
買い物はサッと終わらせて帰るという常識を手放し、買い物を一緒に楽しみながら子どもを成長させるチャンスに変えてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
▼遊びながら脳を伸ばす方法が分かります!▼ 

 
 
育てにくさを解決する方法を毎日お届けしています

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
負けるたびに泣いたり騒いだり、ゲームをぐちゃぐちゃにしたりと、癇癪を起こす娘の対応に疲れ、何とかする方法はないかと探していました。まさかの対応方法に、最初は半信半疑でしたが、書かれていた方法を2週間ほど実践すると、だんだん勝ち負けへの執着が薄れてきました。試してみて良かったです!
 
負けると癇癪を起こす子が
勝ち負けに執着しなくなる裏技
↓↓↓

https://www.agentmail.jp/lp/r/14181/122804/?kachimake2024-kizishita

 
 
 
執筆者:優木はるこ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました