自閉症の子が褒めると怒る心理とは?怒りっぽい子の褒め方2選!

 

自閉症の子どもはなぜか、褒めると怒ることはありませんか?褒め方が悪いのかな?怒りっぽくて将来がとお悩みのママへ、発達障害・自閉症スペクトラムの褒めると怒る子どもの心理と褒め方の工夫をお伝えします。
 

【目次】

 
 

1.発達障害・自閉症の褒めると怒る子どもに困っていた過去

 
 
ちょっとほめただけなのに嫌な顔をしたり、「褒めないで!」と怒りっぽくなったりする子はいませんか?
 
 
褒めると怒るので、育てにくさを感じているママも多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
わが家の息子は自閉症スペクトラムで、自分の気持ちに気が付きにくく、気持ちを誰かに伝えるのは難しいという脳の特性を持っています。
 
 
自分の気持ちをうまく伝えられなかった小学校低学年の頃は「お勉強頑張っててえらいね♪」と褒めたらいきなり機嫌が悪くなり、癇癪を起こすこともしばしばでした。
 
 
ですが、それでも小学5年生の今は成長とともに癇癪ではなく気持ちを伝えられるようになっています。
 
 
だいたい小学校3年生くらいの頃から「すごいじゃん!頑張ってるね!」と私が褒めると「褒めないで!」と言葉で伝えて怒り出すように変わってきました。
 
 
褒めると急に癇癪が起きていたのは、褒められることが嫌だったからなんだ!
 
 
褒められることが嫌で怒りっぽくなっていた!ということを言葉で伝えだしてくれた3年生ごろに、私はようやく理解しました。
 
 
けれど、どうして褒めると怒るの?褒められるのが嫌な子っているの?今は怒りっぽくてもそのうち落ち着くのならほめ続けたほうがいいのかな?
 
 
そんな風に疑問だらけで、子どもの褒め方も全くわからず、息子にどう接したらいいのかと困っていました。
 
 
子ども自身にどうして嫌なの?と聞いても、「ふん!」とそっぽを向いたり「わからないけどなんかイライラしてくる」と言ったりする程度だったのです。
 
 
癇癪・暴力がスッとおさまる!
脳科学に基づく接し方
↓↓↓
 
 

2.怒りっぽい子どもの心理とは?

 
 

完璧主義で理想が高く、今までの自分を否定されたと感じて怒りっぽくなる

 
 
「えらいね、頑張ってるね」と褒めてそれを素直に喜ばしく受け取ってくれる子どもは多いです。
 
 
ですが、褒めると怒るタイプのお子さんはこんな風に感じています。
 
 
「今日えらい!って言われたってことは、今までは頑張っていないって思われていたんだ!」と、裏を読むような感情になってしまうのです。
 
 
完璧主義で理想が高く、今まで出来ていなかった自分というのは許しがたいので、否定されたように感じてしまいます。
 
 
ママは素直にお勉強してるなんて偉いねという想いで褒めていますよね。
 
 
この言葉の裏に「今まではできていなかったよね」というメッセージを感じてしまうなんて、思いもよらないのではないでしょうか。
 
 
これは、自閉症スペクトラムの脳の特性のひとつなのです。子どもの感じ方なので「そう感じるんだね」と認めてあげましょう。
 
 

子ども自身が「できていない」と感じることを褒められると自尊心が傷つく

 
 
お勉強は子どもがいつも自信を持ってできることではないですよね。
 
 
 
 
正解したり間違えたりしながら学び、知識をつけていくものなのですが、やはり不正解だと嫌な気持ちになります。
 
 
お勉強をすることは褒められる良いこと、でも本当は好きじゃないし全部正解じゃないから嫌だ。
 
 
正解できない自分はダメな自分、ダメな自分を大好きなママに見せたくない。
 
 
もともとネガティブな思考になりやすい発達障害の子どもは、こんな風に感じていることがあります。
 
 
できていないと思うことを褒められても、自信を無くすような思考回路が働き自尊心が傷ついてしまうのです。
 
 
そんな悲しみの感情を「怒る」という行動で表現しているのですね。
 
 
では、怒りっぽい子どもは褒めないほうがいいの?というと、そんなことはありません。
 
 
怒りっぽい子どもにも刺さるほめ方があるのです。
 
 
今回は二つの褒め方をご紹介しますね。
 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.発達障害・自閉症の怒りっぽい子どもに効いた褒め方2選

 
 

子どもが好きなことや自信を持っていることだけを褒める

 
 
お子さんの好きなことや得意なことはなんですか?
 
 
自信がないことを褒められると傷ついて怒り出す、という思考回路なので自信があって得意だと子ども自身が思っていることを褒めるとうまくいきます。
 
 
息子の場合は、心から楽しんで遊んでいるとき「上手!すごいね」と褒めると、得意気に「ふふん!」と言ってとても嬉しそうにしました。
 
 
ママが苦手なゲームや魚釣りを教えてもらう、というスタンスで一緒に楽しんでいるときは、ほめて怒り出すことがないと気付きました。
 
 
まずは、子どもが放っておいてもやりだすような好きなことの中に、褒めるポイントを見つけてみてください。
 
 

タイミングを見極めて笑顔で肯定する

 
 
今まで私が失敗してきた理由に、息子がお勉強している姿を見ると嬉しくなり、集中している最中にこちらから声をかけていたということがありました。
 
 
子どもが行動を始めたときに「お勉強しているね」と肯定するとうまくいく子どもももちろんいます。
 
 
ママが見てくれている!という安心感からやる気が出て、褒められてどんどんお勉強が進んでいくのです。
 
 
ですが、わが子がそんなタイプではないな、と感じるママはタイミングと笑顔を意識してみてください。
 
 
集中しているときには声をかけず、少し離れて様子を観察したり、用事をしたりして見守ります。
 
 
もしも目が合ったら、ニッコリするか、親指を立ててグッドサインを出すだけで声はかけません。
 
 
そして、お勉強を終えたタイミングで「お疲れさま~♪」と笑顔で反応します。
 
 
ここでも「頑張っていたね」という直接的な褒め方はしません。
 
 
笑顔でねぎらうようにお疲れ様と言うだけで、頑張っていたね、ママは見ていたよという肯定的なメッセージが子どもに伝わるからです。
 
 
この対応で、言葉では褒めていないけれどママが肯定的に見ていることが伝わり、子どもにとって心地よい褒め方になるのです。
 
 
 
 
そんな風に接していると、時々「見て!これやったんだ!」と報告してくれることが増えてきました。
 
 
マルつけをする段階なら、頑張ったね~♪と褒めても特に気にしたり怒り出したりすることはなくなっていきました。
 
 
ママはニコニコの笑顔で子どもを見守る、これだけです。
 
 
お子さんがどんなことを褒めると怒るのか、褒められて嬉しそうにすることは何か、ぜひ探してみてください。
 
 
子どもにママの肯定感がじわじわ浸透すると怒っぽい態度は次第に減っていきますよ。
 
 
▼怒りっぽいのは疲れたときかも!おススメの小冊子はコチラ▼
 
 
 
 
イライラママを卒業して、幸せな子育てを一緒に手に入れましょう!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:作倉 帆香
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました