発達障害・グレーゾーンの子どもの「登園前の感覚過敏を悪化させない」ママの会話術

 

発達障害・グレーゾーンの子どもが登園前になると感覚過敏がひどくなり困っていませんか?朝の行動が遅いだけでなく癇癪まで起きてしまうと、どうしていいかわからなくなってしまいますよね。今回はその理由と感覚過敏を悪化させない会話術をご紹介します。
 

【目次】

 
 

1.発達障害・グレーゾーンの子どもの朝の行動が遅いことに悩んでいませんか?

 
 
わが家の発達障害・グレーゾーンの娘には感覚過敏感覚鈍麻があります。
 
 
とくに皮膚の感覚が過敏で、普段から洋服選びには気を使っています。
 
 
それにもかかわらず、登園前になると過敏さが強くなりかんしゃくが起きていました。
 
 
おなかまわりの服がしわになると大暴れ
 
 
上着を着る時に袖がしわになると最初からやり直し
 
 
くつ下の先とかかとのフィット感が気に入らないと脱ぎ捨てる
 
 
   
 
 
すべての行動が遅い娘と毎朝遅刻ギリギリで家を出発していました。
 
 
何度やり直してもかんしゃくはおさまらず、パジャマのまま車に乗せたこともありました。
 
 
こんなにちょっとしたことで大暴れなら、保育園ではトイレに行くたびに大変な思いをしているのでは?と思いました。
 
 
ところが保育園での着替えの様子を聞くと、問題はないようでした。
 
 
\子どもが素直になる朝の声かけ35つき/
癇癪・暴力がスッとおさまる!
脳科学に基づく接し方
↓↓↓
 
 

2.感覚過敏が登園前にひどくなるのはなぜ?

 
 

◆感覚とは?

 
 
私たちは視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・固有覚(力加減)・前庭覚(平衡感覚)など、いろいろな感覚で周りの世界を感じて生活をしています。
 
 
 
 
目や耳、鼻などの感覚器から受け取った情報が脳に送られ、好きなにおい、嫌いな音、安心するさわり心地…とさまざまなことを感じています。
 
 
何が好きで何が嫌いか一人ひとり違いますが、感覚過敏とは日常生活に支障を来たすほどのレベルのことを言います。
 
 

◆感情の脳エリアとは?

 
 
感情の脳エリアは、
 
 
・喜怒哀楽の表情を作り出す
・他人に共感する
分の感情をコントロールする
 
 
などの役割があり、成長するにつれ発達するエリアでもあります。
 
 
 
 
人間関係にも関わる脳で、一生かけて発達していきます。
 
 
発達障害の子どもに多い、感情のコントロールの苦手さは、実は自分の気持ちが分からないことも要因のひとつ。
 
 
自分が今感じている気持ちが「楽しい、悲しい、くやしい」など、言葉で分かるということは、感情のコントロールにもつながります。
 
 

◆感覚と感情は深くかかわっている

 
 
不安やストレスを感じていると、感覚過敏が強く出ることがあります。
 
 
娘の感覚過敏がひどくなるのは登園前。実は、娘は保育園の年中頃から登園しぶりがありました。
 
 
朝の行動が遅く、「いそいで!」と声をかけることが増えてしまい、「行きたくない」気持ちが大きくなっていました。
 
 
この「行きたくない」気持ちが、感覚過敏をひどくしていたのです。
 
 
不安な気持ちで何かを食べたときより、楽しい気持ちで食べるほうが「おいしい」と感じることがあるのではないでしょうか。
 
 
目、耳、皮膚などで受け取った刺激は「脳」で処理され、その時の心の状態も含めて「好き、きらい」などを判断しているのです。
 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.「おだやかな会話」で、感覚過敏を悪化させない!

 
 
時間の余裕がない時はとても難しいと思いますが、深呼吸をするなどママは感情的にならないようにしましょう。
 
 
行動の遅い子どもに「早くして!」と気持ちが焦ってしまう声かけをすると、火に油を注いで余計に時間がかかてしまうことも。
 
 
癇癪が起きて感情が暴れると、周りの言葉が脳に届かなくなってしまいます
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもが感じている感覚過敏は、他人には理解しにくいこともあり、「気にしすぎ」と思われがちです。
 
 
ですがこの不快感は気のせいではなく、子どもが本当に感じていることです。
 
 
かんしゃくで暴れてしまった感情が、感覚をさらに刺激して、子どもの手には負えないほどの感覚過敏になっている可能性があります。
 
 

「洋服のしわが気持ち悪いんだね」と共感してもらえると、子どもは「わかってもらえた」という安心感が得られます。

 
 
チクチクする服を脱いで物理的に刺激から遠ざけたら、子どもの気持ちを全部受け入れて、暴れている感情を落ち着かせてあげてください。
 
 
子どもが嫌がらなければ、優しく触れたり抱っこするなどスキンシップを取るのも効果的です。
 
 
 
 
感情が落ち着けば、ママの言葉が子どもに届くようになるので、「ママが手伝う?違う服にする?」など、おだやかな会話をします。
 
 
ママの笑顔や楽しい雰囲気は、気持ちをリセットして前向きに動き出すきっかけにもなります。試してみてくださいね。
 
 
登園・登校しぶりへの対応法は他の記事でも紹介していますので、早めの対応をおすすめします!
 
 
 
 
 
 
子どもの脳に直接届く声かけを知りたい方におすすめです!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:本田ひかり
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました