小学一年生で不登校になった子どもの国語力を伸ばす交換日記の活用法

 

不登校で毎日YouTubeとゲーム三昧、絵本を開くことも嫌うようになった息子が「勉強」を意識せず楽しく国語力を伸ばしたいと思いついたパパとの交換日記。作文を書いたことのない小学一年生でも楽しく続けられる交換日記のアイデアをご紹介します。
 

【目次】

1.小学一年生の6月から不登校、無理強いせずに国語力をキープしたい
2.不登校中でも国語力を伸ばしたい理由
3.小学一年生が交換日記を継続させるポイント
①読ませない、書かせないで負担をなくす
②子ども先生作戦で子どもの欲求を刺激
4.回答率が上がりパパのやる気もアップ!不登校中の息子とパパの交換日記

 

1.小学一年生の6月から不登校、無理強いせずに国語力をキープしたい

 
 
我が家には発達凸凹グレーゾーンの小学二年生の息子がいます。
 
 
小学一年生のゴールデンウイーク明けから登校渋りが始まり、6月に入ってからは不登校となりました。
 
 
もともと読み書きが苦手だったこともあり、小学校の授業は辛いものだったのだと思われます。
 
 
不登校でも学習習慣があって家で勉強ができれば安心しますが、そんな様子は全く感じられませんでした。
 
 
 
 
・勉強しよう
・〇時からドリルしよう
・ドリルやってから動画見ても良いよ
 
 
など声掛けをすると機嫌が悪くなってYouTubeやゲームに没頭する毎日でした。
 
 
絵本を開くことも嫌がるようになり字を自分で読むことも、会話をすることも減っていきました。
 
 
不登校生活でも勉強ということを意識せず、楽しく国語力を伸ばしていきたいという思いで閃いたのがパパとの交換日記でした。
 
 
交換日記を始めたものの、読み書きが苦手な子どもに交換日記に興味を持ってもらえないこと、子どもからパパへメッセージが貰えないことに悩みました。
 
 
実際、始めたころのパパからの内容は
 
 
・〇〇しようね
・〇〇だったね
・〇〇してね
・〇〇したんだね
・〇〇だよ
 
 
一方的な内容で子どもからの返事は
 
 
・早く帰ってこないで
・いびきがうるさい
・トイレ
・パパのパソコンより
 
 
など、的を得ておらず会話も成り立っていない状態でした。
 
 
パパも息子からの返事にやる気をなくしていく一方でした。
 
 
\子どもが素直になる朝の声かけ35つき/
癇癪・暴力がスッとおさまる!
脳科学に基づく接し方
↓↓↓
 
 

2.不登校中でも国語力を伸ばしたい理由

 
 
子どもたちが生きていくこれからの時代に身に着けておきたい「力」とはどんな力でしょうか?
 
 
それは小学一年生から国語の中で学ぶ「必要な情報を正しく理解して分かりやすく伝える力」です。
 
 
インターネット技術が発達し、パソコンやスマホで検索すれば知りたい情報が簡単に見つかる時代になりました。
 
 
情報が次から次へと入れ替わりたくさんの情報が溢れるこれからの時代、文章を正しく読み取る力がないと情報を誤ってインプットしてしまいます。
 
 
そしてインプットした情報や自分の気持ちを相手に伝わりやすく伝える力がないと自分の思いが伝わりません。
 
 
「正しく情報を受け取り」「分かりやすく伝える」力、これが自分の夢を実現、成功させる秘訣になり、これからの情報社会AIに負けない人材となっていくのです。
 
 
 
 
受け取る情報も伝える情報も全て言葉すなわち国語です。
 
 
日常的にコミュニケーションで使う国語だからこそ、不登校でも家族間で楽しくコミュニケーションを取りながら伸ばしていけます
 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.小学一年生が交換日記を継続させるポイント

 
 
苦手なこと、抵抗があることは無理強いしないことです。
 
 
息子のように小学一年生で不登校になった場合、読み書きに不安のある子どもが多くいます。
 
 
親側の「〇〇させよう」という気持ちが先立ってしまうと、親側も使命感に囚われて負担になってしまいます。
 
 
子どもも苦手なことをやらされるので負担に感じ、嫌になってしまいます。
 
 
不登校だからやらせようではなく、不登校生活をどうやって楽しもうかな?と置き換えて楽しみながらやるのが継続させる秘訣です。
 
 
以上を踏まえてパパとの交換日記をするに当たって気を付けたポイントを2つご紹介します。
 
 
 
 

◆①読ませない、書かせないで負担をなくす

 
 
パパからのメッセージを私が読み、子どもからのメッセージを私が代筆しました。
 
 
交換日記は読まなければ始まりません。
 
 
指でなぞりながらパパからのメッセージを私が読みました。
 
 
子どもからの返事をもらわないと交換日記は続きません。
 
 
書かせるのではなく子どもからのメッセージを貰うことをゴールにして代筆をしました。
 
 
私が代筆した子どもからのメッセージを私が声に出して読み上げて確認をしてもらいました。
 
 
もちろん字を読んだり、書いたりすることに抵抗がなく自分でできるならば、どんどんやってもらいましょう。
 
 

◆②子ども先生作戦で子どもの欲求を刺激

 
 
作文や日記を書いたことのない一年生がいきなり日記を書いたり、伝えたい事をことばにするのはハードルが高すぎます。
 
 
不登校で外出をせず自宅で過ごす毎日では日記にする内容も限られま、息子はパパに何を伝えたいのか、何を伝えたらいいのか困っていたのではないかと思います。
 
 
そこで子どもがクイズが好きなこと、ハマっているゲームやYouTube番組のことは張り切って説明してくれることに注目をしました。
 
 
子どもが得意なことや好きなことへの質問をして子どもに教えてもらう「子ども先生作戦」を思いつきました!
 
 
子どもの好きな事を知ってほしい、自分の知っている知識をみんなに知ってもらいたいという気持ちをくすぐる作戦です。
 
 
パパからのメッセージを工夫して子どもの好きなゲームについてパパからの疑問を投げかけてもらういました
 
 
質問形式にすることで子どもはその質問の答えを言うだけなのでメッセージに悩むことがありません。
 
 
先生になって知っていることを教えることで自信もついてきます。
 
 

4.子どもの回答率が上がりパパのやる気もアップ!不登校中の息子とパパの交換日記

 
 
ご紹介したポイントのうち特に「こども先生作戦」の成果は子どもにもパパにもいい結果が現れました。
 
 
 
 
・子どもがメッセージに回答するスピードが上がり、メッセージの内容も会話の成り立つ文章となって返ってきました。
 
 
・質問への回答だけでなく、その答えの解説をしたり、逆に子どもから問題を出すようになりました。
 
 
・帰宅したパパに子どもが交換日記の内容について積極的に会話するなど親子間の会話の手助けにもなりました。
 
 
・パパもメッセージの内容を考える時間が減りました。
 
 
・交換日記の内容がお互いに噛み合う内容になってきたことで、パパにもやる気が出てきました
 
 
「子ども先生作戦」は子どもの好きを活かした作戦で子どもも積極的に自信をもって取り組め、パパの負担も減らしてお互いのやる気アップにつながりました。
 
 
パパが忙しくてメッセージを貰えない日もありますが、パパも無理のない範囲で続けています。ぜひ交換日記を試してみてくださいね!
 
 
 
 
 
 
不登校でも大丈夫!不登校中の過ごし方や対応方法をご紹介しています。

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:福原かおり
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました