パステルキッズの明るい未来 不登校 発達障害

発達障害で不登校の子どものきょうだいが「私も登校したくない…」と言ったらどうする?!〜我が家の妹編〜

更新日:

子どもに発達障害があったり不登校になったりしたとき、その子どもへお母さんの気持ちが集中しすぎてしまうことがあります。そんなとき、きょうだいが「学校行きたくない…」と登校をしぶりはじめたらどう対応したら良いのでしょう?体験談をお伝えします!
 

【目次】

 

1.発達障害で不登校の子どものきょうだいの気持ちは?

 
 
おうちに不登校の子どもがいるお母さん。いつもお疲れさまです!
 
 
不登校の子どもがいると、日々考えなければならないことがたくさんありますよね。「今日は登校できるかな」「家では何をして過ごそうかな」「勉強少しでもできるかな」…
 
 
不登校のお子さんが、発達障害の特性を持っていたら、さらに心配事は多いでしょう。
 
 
そんな大変な毎日の中で、ある日突然、「私も学校行きたくない!」ときょうだいが言い出したらどうしますか?!
 
 
「えー??あなたは元気に学校行ってちょうだいよ!」
「今はあなたのこと考えている余裕はないー!!」
 
 
と内心叫びたくなると思いませんか?
 
 
我が家の話ですが、5年生の長男が1年ほど前から不登校になりました。長男には2年生の妹がいます。
 
 
娘は少し聴覚過敏があり繊細な心を持つパステルちゃんです。お兄ちゃんのことが大好き、常にお兄ちゃんを真似していろんなことが早くできるようになった女の子です。
 
 
発達障害の特性を持つ息子は、小さい頃から幼稚園へ行きしぶったり、行事があるたびに熱を出したり、宿題をするときに癇癪をおこしたりと大変でした。
 
 
そんな大変そうなお兄ちゃんを見て育ったためか、娘はなんでも要領よくできてしまう手のかからない子でした。
 
 
朝もお兄ちゃんが起きたら起き、お兄ちゃんと一緒に学校へ登校し、放課後はお兄ちゃんやお兄ちゃんの友達と遊ぶという生活。
 
 
学校生活はお兄ちゃんなしには考えられなかったでしょう。
 
 
そんなお兄ちゃんが学校へ行かなくなり、最初は「今日もお休み?家では元気なのにね。」と言う程度でした。
 
 
しかし次第に「学校行かないとダメだよ!」と言って朝起きてこられない息子を無理矢理起こそうとしたり、下校してからは私と息子が話していると怒ったりするようになりました。
 
 
そんな娘に私は、「そんなこと言わないでね。」「お兄ちゃんまだ体の調子良くないんだよ。」と言い聞かせ、常に心は息子の心配ごとでいっぱいでした。
 
 
娘の気持ちを考える余裕がほとんどありませんでした。
 
 
きっと娘は
 
「お兄ちゃんはずっと家にいてずるい」
「お母さんは私のことわかってくれない」
「私は毎日学校へ行って頑張っているのに、こっちを見てくれない」
 
と思っていたかもしれません。そして、娘は頻繁に頭痛や嘔吐などの自家中毒症状を起こすようになってしまいました。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-パステルキッズの明るい未来, 不登校, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.