対応 発達障害

【リサーチャー動画】文章を書くのが苦手な発達障害の子どももサクサク書ける!日記・作文・読書感想文のサポート方法

更新日:

 
 
文章を書くのが苦手なお子さんでも、おうちでのサポートでサクサク書けるようになります!
 
 
発達科学コミュニケーショントリサーチャーの渡辺みゆきです。
 
 

文章を書くのが苦手な発達障害の子どももサクサク書ける!日記・作文・読書感想文のサポート方法

 
 

 
 

レッスンスクリプト

 
 
小学生になれば、作文や日記、読書感想文といった、長い文章を書く機会が増えますよね。作文を書くのが苦手!という発達障害のお子さんは、たくさんいらっしゃると思います。
 
 
私が小学生の頃は、週に1回は宿題で日記が出されていました。この宿題を出される日が一番辛かったのを覚えています。
 
 
お子さんは、日記や作文と聞いただけで辛そうな顔をしていませんか?文章を書くのが苦手な子にとってはまさに苦行です!
 
 
では、どうして文章が書けないのでしょうか?
 
 
発達障害の子どもは過去を振り返らず、未来も考えず「今」を生きているタイプです。過去を振り返らなくては書けない日記や作文は、そもそも合っていないのかもしれません。
 
 
また、日記や作文は、
 
・頭で思い出したり考えたりする
・文字でアウトプットする
 
この2つの作業を、同時に行わなくてはいけないのです。
 
 
特に読み書き障害(ディスレクシア)の子どもは、文字を書くことが困難ですのでかなりハードルの高い作業となります。
 
 
ただ、大人になると、卒業論文や履歴書、企画書など、長い文章を書く機会が増えてきます。大人になる前に、文章を書くことに対する苦手意識は取り除きたいですよね。
 
 
発達障害の子どもが長い文章を書くとき、どんな風にサポートしていけばいいでしょうか?
 
 
まずお母さんたちに知っていただきたいのは、「何を書いたらいいのか分からない」という子どもに対して、「何でも好きなことを書いていいのよ」という答えでは解決しないということです。
 
 
「何でも好きなこと」という表現が抽象的なので、子どもには理解できないからです。子どもから答えを引き出すには、具体的で短い質問をすることです。
 
 
「今日、何が一番楽しかった?」
「この本で、どのシーンが一番好き?」
「○○して、どう思った?」
 
 
このように質問をすることで、子どもが一番鮮明に記憶していることを明確にします。お子さんが答えてくれたら、それを紙に書いていきましょう。
 
 
子どもの楽しい記憶を引き出すには、お母さんが楽しそうに質問するのがコツです。
 
 
お母さんの質問に子どもが答えたら、「へーそうなんだー」とか「いいね!」などの肯定的なリアクションもプラスしてください。
 
 
次のステップは、先ほどお子さんから聞いた内容をふくらませるために、メモリーツリーの形式で書き起こします。
 
 
メモリーツリーとは、キーワードを中心に、それと関係するキーワード連想ゲームのように、ツリー状に書いていくものです。
 
 
発達障害やグレーゾーンで、ワーキングメモリに課題がある子どもは、記憶することが苦手です。
 
 
お母さんと今話したことでも、話題が変われば忘れてしまいます。そこで、後から見直せるように、紙に書き起こしましょう
 
 
作文を書く際のメモリーツリーのキーワードは、さきほどの質問に対する子どもの答えです。
 
 
そこから
「それはどうして?」
「その後に何があった?」
「そのときどう思った?」
 
など、質問を重ねて、メモリーツリーを広げていきます
 
 
この段階では、できるだけ大きなメモリーツリーを作ることを意識しましょう。内容のある文章を書くには、ネタは多ければ多いほどいいのです。
 
 
メモリーツリーが完成したら、実際に書く内容を選びます。あとはそれをつなげて書くだけです!メモリーツリーを書きながら、ネタが足りなければ質問を重ねて足していきましょう。
 
 
お母さんがメモリーツリーを見直して、作文が書けそうかどうかをチェックしてみてください。
 
 
日記の宿題や、長期休みの読書感想文、各種作文。すべてこの方法で解決できます!ぜひ試してみてくださいね。
 
 
 
 
文章を書くのが苦手な子でもサクサクかけるようになる方法をお伝えしています!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!

 
 
講師:渡辺みゆき
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

 

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.