Nicotto グレーゾーン 対応

【Nicotto!限定】勉強時間は少なくてOK!?発達障害の子どもの学力を上げる非常識とは?

更新日:

休校中の子どもの様子を見て「勉強時間が少ない…」と悩んでいませんか?実は勉強時間が少なくても子どもの学力は伸ばせるんです!今回はアンケート調査結果から、勉強の目的と発達障害の子どもの学力を伸ばす方法について解説します。
 

【目次】

 
【アンケート概要】
調査期間:2020年3月28日〜4月6日
調査方法:インターネット調査
対象:発達科学コミュニケーショントレーナーまたはリサーチャー、受講生、メルマガ会員、パステル総研・SNS読者 計385名
 

1.「休校中の勉強時間が少ない」と悩んでいませんか?

 
 
新型コロナウイルスの影響で臨時休校が始まって、もうすぐ2ヶ月が経ちますね。
 
 
お母さんたちは前代未聞の長期休暇の中、様々な悩みごとを抱えているのではないでしょうか?
 
 
先日パステル総研で行った「ママのライフスタイルに関するアンケート」によると、お母さんたちの休校中の困りごとのランキングは
 
 
 
 
という結果になりました。
 
 
“勉強時間の確保が難しい”
 
“生活リズムが変わって、宿題をする習慣が続かなくなってしまった”
 
“思うように勉強の時間が増やせない”
 
 
こんな風に「子どもの勉強時間が少ない」ことで悩んでいるお母さんは多いようです。
 
 
我が家の息子は発達障害グレーゾーンの小学2年生です。息子の学校は宿題が少なかったためにすぐに終わってしまい、通信講座などもやっていないため、毎日好きなことをして遊んでいます。
 
 
勉強というと、私が作成している漢字3問と計算問題2問で構成されているプリントを、3分くらい取り組むだけです。
 
 
でも私は、勉強時間が少ないことに悩んではいません。なぜなら、発達障害グレーゾーンの子どもの学力は勉強しなくても伸ばせる!ということを知っているからです。
 
 
 
 
そこで今回は、勉強する目的と発達障害の子どもの学力を伸ばす非常識な方法について考えたいと思います。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.