Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】触覚過敏の息子はこうして砂遊びを楽しめるようになった!~丸3年かけたスモールステップ大作戦~

投稿日:

砂遊びができない!とお困りのお母さんはいらっしゃいませんか?それ、触覚過敏かもしれません。発達障害の息子は、6歳にしてようやく砂遊びを楽しめるようになりました。診断がおりて3年間、触覚を育てるために私が実践したことをすべてお伝えします。
 

【目次】

 

1.年少になるまで息子の触覚過敏に気づかなかった私

 
 
私には発達障害・自閉症スペクトラムの息子がいます。息子は今小学校1年生。幼稚園の年少さんで診断がおりました。
 
 
私自身、息子に育てにくさを感じたことがなかったので、かかりつけのお医者さんに発達を指摘されたときは信じられない気持ちでした。
 
 
発達の指摘を受けてから診断がおりるまで、たった1か月。これだけ短いケースは早々ないのではないでしょうか。
 
 
1か月で天地がひっくり返る思いをした私でしたが、海外に住んでいることもあり、「自分が息子の発達支援をやっていくしかない!」と決意しました。
 
 
独学ながら発達に関して学び、息子に実践していくなかで、それまで息子の発達の多くを見逃していたことに気づき、愕然としました。
 
 
その最たるものが、「触覚過敏」です。
 
・爪切りを嫌がる
・半ズボンが履けない
・砂遊びができない
 
などの触覚過敏を抱えていたのです。
 
 
この記事は、手に砂がつくのが大嫌い!砂遊びなんてありえない!という息子が、「砂で遊びたい!」というまでになった3年間の軌跡です。
 
 
何とか砂遊びができるようになってほしい!と思っていた私は、スモールステップで砂に触れる機会を作っていきました。
 
 
今考えると、砂遊びなんてできなくても大人になってから困るわけでもなかったのですが、砂遊びができるようになったことで息子の発達も一歩進んだと感じることができました。
 
 
もし、触覚過敏で砂遊びができないことに悩んでいるお母さんがいらっしゃったら、ぜひこちらの記事を参考にしていただけたら幸いです。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.