Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】幼児のママ必読!発達障害で超不器用でもお箸を持てるようになる4つの秘策

更新日:

発達障害のお子さんの不器用さに困っていませんか?特に幼児期は「うまくお箸が持てない」とお悩みのお母さんも多いと思います。超不器用な息子がお箸を持てるようになるまでの3年間を振り返りながら、お箸の持ち方を教える際の4つの秘策をお伝えします。
 

【目次】

 

1.保育園の先生が語る!子どものお箸トレーニング

 
 
発達障害の幼児を育てているお母さん、お子さんはお箸を上手に使えますか?
 
 
同じクラスのお子さんがお箸で上手に食べられているのを見て、「ヤバイ!」と焦っている方も多いと思います。
 
 
手づかみ食べ⇒スプーンやフォーク⇒お箸とステップアップしていきますが、お箸はやはり最難関です。だって、大人でも正しく持てない人もいるぐらいですから!
 
 
我が家がお世話になっていた保育園では3歳児クラスからお箸の練習をしていましたが、担任の先生からこっそりこんなことを言われました。
 
 
「最近はお箸を早く持てるようになることにこだわっているお母さんが多いんです。
 
でも、早く持てる子が正しく持てるとは限らないんですよね。変な持ち方のくせがついたらなかなか直せないんですよ。
 
結局大きくなって困るのは子どもたちなんですよね」
 
 
この先生の言葉、はっとさせられませんか?
 
 
この記事は、
 
・お箸の持ち方をどう教えたらいいかわからない
 
・お箸を早く持たせないと!と焦っている
 
 
というお母さんへ、超不器用な発達障害・自閉症スペクトラムの息子がお箸を持てるようになるまでの3年間をお伝えします。
 
 
 
 
実は、私はだんだん暑くなるこの時期がお箸トレーニングには最適だと考えています。暑い季節に必ず食べたくなるあの食材が、お箸の持ち方をマスターするのに一役買ってくれます!
 
 
ぜひ続きをお読みくださいね。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.