Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】療育だけ子どもは伸びるのか?~今日から始める2つのおうち発達支援とは~

更新日:

発達障害と診断されても、すぐに療育が受けられるとは限りません。そもそも療育だけで子どもの発達支援は十分なのか?答えはもちろんNOです!今すぐおうちでの発達支援を始めてほしいワケとは?今日から始められる支援の方法も併せてお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達障害の子どもの困りごと解決法アレコレ

 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんはいろいろな困りごとを抱えていますよね。
 
 
・空気が読めない
・言葉が遅い
・ワーキングメモリが弱い
・不器用
・体幹が弱い
・筋力がない
 
 
などに悩んでいるお母さんはたくさんいらっしゃると思います。
 
 
このような困りごとを解決するため、あなたはどんなことをしていますか?
 
 
・療育に通う
・児童発達支援(放課後等デイサービス)に通う
・習い事に通う
・学校や幼稚園の先生と連携する
・おうちでペアレントトレーニングを実施する
 
 
など、いろいろありますよね。
 
 
私の息子は発達障害・自閉症スペクトラムの診断があります。息子が療育をスタートさせてから3年以上たちました。
 
 
診断を受けた当初、私は「療育さえ受けられたら息子は定型発達になる!」と本気で信じていました。それぐらい、療育に関して過度に期待していたのです。
 
 
私のように「定型発達になる」とまでは思っていなくても、療育に対して期待を抱いているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。
 
 
実は、病院やセンターで専門的な療育を受けるよりも、もっと大事なことがあるのです!
 
 
それは、おうちで発達支援をしっかり行うこと。
 
 
この記事では、どうしておうちでの発達支援が大切なのか、まず何から始めたらいいのかについてお伝えしていきます。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.