ママの学び方・働き方 対応

発達凸凹キッズを抱えながら夢や目標を実現するためのヒントが隠されている!?映画『チア★ダン』の秘密が明らかに!

更新日:

発達凸凹の子育てや仕事をする上で周囲に理解されない、協力が得られないと悩んでいるママも多いと思います。それでも突き進む人、諦める人の違いについて、映画『チア★ダン』のモデルとなった五十嵐先生から伺ったお話しを交えてお伝えします。
 

【目次】

 

1.発達凸凹キッズのママにも知ってほしい!映画『チア★ダン』には描かれなった秘密とは?

 
 
みなさんご存知でしょうか?チアダンス初心者の女子高生チーム「JETS」が全米制覇した実話を描いた映画『チア★ダン』
 
 
そのモデルとなったJETS顧問の五十嵐裕子先生と先日、対談させていただく機会がありました。
 
 
「全米制覇なんて、鼻で笑われていましたから…」
 
「映画にもドラマにも小説にも描かれてない秘密があるんですよ。」
 
 
どれだけ周りに反対されても、笑われても、叶えたい夢に到達した方の言葉の重みは違いました。
 
 
 
 
「さすがに映画には描けなくて」と仰るほど最初は、周囲の風当たりが相当に強かったそうです。
 
 
私たち女性も、子育てや仕事で、周囲に理解してもらえなかったり、協力してもらえなかったりする境遇にある発達凸凹キッズのママは多いと思います。
 
 
それでも突き進む人と、諦める人の違いを五十嵐先生はズバッと仰いました。
 
 
諦める人は「本当はやりたくないのよ」ズキ…。図星です…。身に覚え、あります…。
 
 
やって来なかったことは、そう!確かに本当はやりたくなかったこと!ですよね。
 
 

 
 

2.五十嵐裕子先生に学ぶ!発達凸凹の子どもを抱えながら夢や目標を実現する方法

 
 
私たちは期待した結果が出ないとき「自分はダメなんだ」と思ってしまいますが、本当はそうではなくて、夢や目標が自分ゴトになっていないだけ!と五十嵐先生に、そう励まされたような気がしました。
 
 
大事なのは才能や根性ではなく、夢や目標を自分のモノにするチカラ!です。
 
 
動きたくて動きたくて居ても立ってもいられず、誰に止められてもやるのが自分ゴトの夢です!!
 
 
それなら私にも、発達科学コミュニケーションをやっているママたちにもできそうで嬉しくなりました。
 
 
発達凸凹の子育ての夢、ママの仕事や人生の夢、色々ありますが、夢や目標を実現するには、どうしたらいいのか?
 
 
そんな疑問があるママは、五十嵐先生がモデルになった『チア★ダン〜女子高生が全米制覇しちゃったホントの話』を見てみてくださいね。
 
 
見るときのポイントは、漠然と見ても「ただの映画」となりますが、自分の願いを叶えるにはどう行動すればいいのか?という視点にフォーカスして見ると、きっと発見のある物語だと思います。
 
 
 
 
ちなみに、映画やドラマを見た後は、見っ放しにせず、感想や考えたことを誰かと話し合うと、脳がもっと活性化して深い気づきや学びになりますよ。
 
 
そして、発達凸凹のお子さんがテレビを見た後などにもオススメですよ!
 
 
映画では、五十嵐先生を天海祐希さんが演じておられます。 本当は自分ゴトになっていない夢をそのままにしないコツをぜひ掴んでくださいね。
 
 
発達凸凹キッズを抱えながら仕事や夢を実現できる方法についてこちらで詳しくお伝えしています!
▼ご登録はこちらから!
 
 
執筆者:吉野加容子
(発達科学コミュニケーショントレーナー、学術博士、臨床発達心理士)

-ママの学び方・働き方, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.