対応 発達障害

指示待ち状態から2週間で自主性が芽生えた繊細な発達障害の子への対応とは

更新日:

「何をしたらいい?」と、いつも聞いてくるお子さんは要注意!発達障害ASDの繊細な子は、お母さんに逆えず指示待ち人間になってしまうこともあります。対応の仕方次第で子どもは激変できます。子どもが自主的に動けるようになる1フレーズをご紹介します!
 

【目次】

 

1.NO!と言えない娘がいつの間にか指示待ち人間になっていた

 
 
発達障害・自閉症スペクトラム(ASD)傾向の娘が、小学3年生の長期休暇明けのできごとです。
 
 
始業式の日の朝、近所のお友達が声をかけに来てくれても家から出ようとしないという思わぬ展開が待っていました。
 
 
娘の登校後、私は直ぐに予定を入れていた為、やむを得ず学校へ頑張って行くように娘を説得して家から連れ出すしか方法がありませんでした。
 
 
今までも何度か登校渋りを経験していたので心残りでいっぱいでしたが、娘の気持ちに1ミリも寄り添うことなく学校へ連れて行ったのです。
 
 
どうやら、同じクラスの女の子からの指示で娘は毎回鬼ごっこの「鬼」にさせられていたようです。
 
 
言葉で思いを伝える事が苦手な娘は、ずっと「NO!」を言えないまま耐えていたものが限界を達してしまい、登校を拒むようになったようです。
 
 
担任の先生にもお伝えして、その女の子と先生と娘の3人で話し合う場を設けて解決に導いてもらうことができたものの、その女の子の行動は大して変わらなかったようです。  
 
 
その日以降も娘の学校への抵抗が続いた為、私は娘の許容範囲をわかっていたつもりで、しばらく学校へ行く目的を最小限にしました。  
 
 
・連絡ノートに翌日の時間割を書きに行くだけ
 
・保健室へ顔を出しにいくだけ
 
 
これだけでも娘は脱力感があり、ぐったりした状態校への道のりを歩くことさえも余裕がない状態でした。
 
 
そして、当たり障りのないように過ごしていたはずが、気付けばいつの間にか娘に異変が起きていたのです!
 
 
私に聞かなくてもいいようなことまで、何でもかんでもいちいち聞いてくるのです。
 
 
「今日の服は何にしたらいいと思う?」
 
着替えを済ませた後は 
「今から何をすればいい?」
 
 
お腹が空いたら、
「何を食べたらいい?」
 
 
 
 
「先生に、何て話せばいい?」
 
 
口癖は、いつも
 
 
「何したらいい?」
「何したらいいかわからん」
 
 
娘は自分でやるべきことを決められない状態になってしまい、指示待ち状態に陥ってしまっていました。
 
 
日常生活の中で、ほとんどのことを娘は自分で決めることができなくなっていたのです。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.発達障害ASDの子の対応に気をつけたいリスク

 
 
大げさな話のように思われたかもしれないですが、娘がこのような状況にまで陥ってしまったことには発達障害の特性を起因とするリスクが関係していました。
 
 
発達障害の子は恐れに対する感情の不安が強いため、ネガティブな記憶が残りやすいのです。
 
 
褒められることよりも否定的な刺激の方が多い発達障害の子は、自己肯定感が低くなるリスクが高いことがわかっています。
 
 
そのため、自信がなくなり怠惰状態になることもあります。
 
 
 
 
そして、自分の意見を認めてもらえないと、どうせ自分のことは理解してもらえないのだから言われた通りにしよう…と、指示されたことだけをするようになってしまう指示待ち状態に陥ることがあるのです。
 
 
娘の本当の心の思いを聞かずに、良かれと思って最小限の登校をさせていたことも、娘にとっては私に「NO!」を出せずに辛いことだったのです。
 
 
そして、娘の自主性を無くしてしまいました
 
 
まるでロボットように私に指示されたことしかできない状態に陥っていた娘でしたが、今ではアイデアマンです!
 
 
自分でやりたいことを決めて、私の了解を得ることもなく自ら進んで様々な発想をしながら楽しそうに取り組んでいます。
 
 
娘がこのように激変できた1フレーズの声かけをご紹介します!
 
 

▼夏休み明け登校しぶりは学校と連携して対応しましょう!

 
 
 

3.子どもが決めることに意味がある!たった1フレーズの自主性が芽生える声かけ

 
 
このままでは、ロボット状態だ…と不安になってきたわたしは、娘の「何したらいい?」の問いかけに対する返答を変えました。
 
 
「〇〇と〇〇どっちがいい?」
 
 
たったこれだけです。
 
 
「ひまだから何したらいい?」
 
の問いかけには
 
 
「〇〇ちゃんの好きなテレビ番組の●●と前に読んでいた●●の本、どっちがいい?
 
 
という風に、指示待ち状態になっていた娘に選択肢を与えて、自分で行動することを決めてもらうようにしました。
 
 
すると、2週間で娘に変化が起き始めました!
 
 
「今は〇〇をやろうかなぁ♪」
 
 
私の与えた選択肢以外のアイデアを自分で考えるようになったのです!
 
 
 
 
自分で選ぶという行動で、娘は尊重してもらえたと感じて自信を持つことができ、本来の子どもらしさを取り戻していきました!
 
 
今では、私の提案を待つこともなく何でも率先して動いています!
 
 
普段せかせかしている時はつい子どもの意見は無視をして指示してしまいがちではないでしょうか。
 
 
そのような時は、「〇〇しなさい!」と強制するのではなく
 
「〇〇と〇〇どっちがいい?」
 
と、お子さんに決定権を委ねてみてはいかがでしょうか。
 
 
子どもが決めることで、自立に繋がる意味のある行動になります。
 
 
お母さんは、尊重されるのと強制されるのではどちらがいいですか?
 
 
是非、自主性を伸ばすことができる1フレーズ!使ってみてくださいね!
 
 
お母さんの口ぐせをかえたい!と思われた方はこちらもご参照ください。
 
 
 
自主性がUPするコミュニケーションをお伝えしています!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!

 
 
執筆者:おおむらさえ
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-対応, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.