コミュニケーション 発達障害

発達障害の子が癇癪を起こすたびにヘトヘトなママへ!コミュニケーションを変えて癇癪にサヨナラを!

投稿日:

発達凸凹がある子が癇癪を起こすたびに、振り回されてどっと疲れていませんか?癇癪は子どもなら誰にでも起こりうるものですが、発達凸凹の特性が影響する面もあります。ここでは、癇癪にサヨナラできる方法をお伝えします!
 

【目次】

 

1.発達障害の幼児が癇癪を起こすたびに、ヘトヘトではないですか?

 
 
お子さんがすぐに癇癪を起こしてしまうと、ママはすごく疲れてしまいますよね。手がつけられなくなり、放っておくしか対処できなくなるような場合もあります。
 
 
我が子も、以前はかなり癇癪がひどく、私のストレスも非常に大きい状態でした。外出先で癇癪になるのが恐ろしくて、外出がおっくうになっていたこともありました。
 
 
例えば、ファミリーレストランの会計近くに売っているおもちゃを欲しいと言い出し、「今日は買わないよ」というと、そこから癇癪が始まります。私の足にしがみついて離れず、その場から動けなくなるというようなことが何度もありました。
 
 
一度癇癪を起こしてしまうと、子ども自身ではどうしようもできなくなります。私も、当時は子どもの気分を変えてあげるなどの方法をうまく使えておらず、泥沼になっていました。
 
 
 
 
でも今は、あの頃はなぜあんなに癇癪を起こしていたのだろう、というくらい落ち着いています。
 
 
最近では、ファミリーレストランで売っているおもちゃを見て、欲しがったとしても、「今日は買わないよ~」と言えば、「じゃあ今度買って」とか「じゃあクリスマスに買って」などと言うようになりました。
 
 
成長し、欲しいものをどうやったら手に入れられるか、交渉するようにもなっています。
 
 
「今おもちゃが欲しい」という欲求がかなえられない気持ちを、癇癪としてすぐに表さなくても、「ママはいつもここでは買ってくれないもんな」とか、「クリスマスなら買ってくれるかも」などと、冷静に思考を巡らせられるようになってきているのだと感じます。
 
 
ここでは、癇癪をどう乗り切ったのかについて、お話ししたいと思います。
 
 
▼大人気▼発達グレーゾーンを卒業する方法が分かります
 
 

2.癇癪を起こしやすくする原因は?

 
 
幼い子は、なぜ癇癪が起きやすいのでしょうか。
 
 
癇癪は、思い通りにならない不満な気持ちを、感情として爆発させている状態です。
 
 
幼い幼児は、自分の気持ちを言葉で相手に伝えて解決したりすることがまだ十分にできないため、それを感情的に表しているのです。
 
 
逆に、自分の気持ちをきちんと把握して、相手の状況をみて自分の気持ちを言葉にして伝えることができるようになれば、癇癪という手段を使わなくてもよいはずです。
 
 
 
 
癇癪は、子どもの成長過程で見られる現象ですが、発達の凸凹がある子は、その特性から特に癇癪を起こす可能性が高まるともいえます。
 
 
発達凸凹の特性として、例えば、言葉の発達が遅かったり、気持ちのコントロールが難しかったり、こだわりが強く相手に合わせることに苦手があったりすると、癇癪という手段で不満をあらわす必要性が増してしまうからです。
 
 
では、発達の凸凹がある限り、癇癪と付き合い続けなければならないのかというと、そんなことはありません。
 
 
具体的にどのように対応していけばよいか、次にみて見ましょう。
 
 
▼おうちで楽しく!集団で困らないスキルを身につけよう!
 
 

3.癇癪をなくすカギは、コミュニケーション!

 
 
では癇癪についてお悩みの場合、具体的にどのように対応したらよいでしょうか。
 
 
順にみていきましょう。
 
 

◆癇癪が起きてしまったときの対応

 
 
癇癪が起きてしまったときは、まずは子どもの身の安全を確保しましょう。
 
 
そして、癇癪は長く続くこともあり、親のストレスにもなりがちですが、できる限り子どものペースに飲み込まれないことが大切です。
 
 
そうはいっても、無視したり怒ったりネガティブな対応をすると、さらに癇癪が悪化しますので、避ける必要があります。
 
 
癇癪が始まったら、まずは冷静に、「嫌だったんだね」ということを、受けいれましょう。
 
 
そして、自分で落ち着いてきたときは、そのことを褒めることが大事です。
 
 

◆癇癪を起こさない工夫

 
 
癇癪は癖になる部分もありますので、なるべく起こさせないことが重要になります。
 
 
そのためには、癇癪を起こす原因となりうることを、なるべく避けたり、対策を持っておいたりすることです。
 
 
例えば、次のようなことです。
 
 
・急な予定変更が苦手で癇癪を起こす可能性が高い場合であれば、必ず事前に予定を伝えるようにする。
 
 
・感覚過敏によりざわざわしたところが苦手で、癇癪を起こす可能性が高いのであれば、そのような場所を避けて一人になれる場所を常に確保したり、イヤーマフを準備しておいたりする。
 
 
 
 

◆癇癪が起こす必要のない脳に発達させる

 
 
幼い幼児は、自分の気持ちを言葉で相手に説明したり交渉したりすることはまだ十分にできないため、それを癇癪としてあらわしているとお伝えしました。
 
 
ですので、自分の気持ちをきちんと把握して、相手の状況をみて自分の気持ちを言葉にして伝えることができるようになれば、癇癪を起こすという手段を使わなくてもよいはずなのです。
 
 
そして、そのようになるために必要なのは、脳を発達させることで、それが可能になるのが発達科学コミュニケーションです。
 
 
発達科学コミュニケーション(発コミュ)とは、脳科学的な知識をベースに、子どもとの肯定的なかかわりを徹底することで、子どもの脳を発達させ、困りごとをなくしていくコミュニケーションです。
 
 
具体的には、子どもを褒めたり、認めたりする声かけ、感謝する声かけ、一緒に楽しむコミュニケーション、スキンシップなどを徹底していきます。 このようにすることで、子どもは親との間でさらに安心感が生まれ、そこから自信が生まれてきます。
 
 
そして自信が生まれることで、相手の話を聞けるようになったり、自分の意見を言えるようになったりするのです。そうすると、何か不満な状況があっても、相手に自分の気持ちを伝えることができるので癇癪という手段が要らなくなります。
 
 
そして、ある日、「あれ、最近全然癇癪が起きてないな」と気づくのです。我が家がまさにそうでした。
 
 
癇癪の改善は、癇癪自体をどうするかよりも、癇癪を起こしていないときの日常のコミュニケーションをどうするかにかかっているとも言えそうです。
 
 
地道な方法とも言えますが、これは癇癪以外にも、発達の凸凹に関連して生じる様々な問題への解決策にもなります。
 
 
どの問題も、子どもに安心感や自信を与えることが解決の糸口になるからです。
 
 
子どもとの肯定的なコミュニケーションで癇癪にサヨナラし、さらに良い関係を築いていきましょう!!
 
 
 
 
発達障害を大人に持ち越さない!5年かかっても解決しなかった悩みを5分で解決するパステル総研の無料メール講座!
▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:三島希実
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 

-コミュニケーション, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.