発達科学コミュニケーション受講生の声

関わり方を変えたら子どもが落ち着き、家族の関係も改善しました!

更新日:

 

Yさん


◆次々と大きな変化が起きて驚いています!

1)発コミュを学んで、お子さんの変化を教えてください。

 

 娘の表情が和らいで笑顔が増えてきました。

 

目を合わせて会話をするようになり、家庭でも学校でも自分の考えや意見を堂々と口に出すことができるようになりました。

 

声かけをかけるだけで、すぐに行動に移せるようになり、父親との関係性もよくなってきたことで会話も増えてきました。さらに家事を手伝ってくれるようになって家庭の雰囲気もすごくよくなったと感じています。

 

勉強面では、文章を読むことに苦手感があったのですが、努力する姿勢がみられ、以前よりもスラスラと読めるようになってきました。

 

◆子育てで1番大切なことに気づかされました。

2)発コミュを学んで、ご自身の考え方・感情や行動の変化はありましたか?

 

やりたいけどできない、と娘自身がイライラした気持ちとやりたくない気持ちで葛藤し悩んでいたこと、自分はできない人間だと自信をなくしていたことが理解できました。

 

私の娘への言葉や態度も自信を失わせていた原因だったと気づきました。

 

今では娘とも目を合わせて会話ができるようになり、親としての自信がついてきました。

 

まずは、できるようにさせる前に「寄り添う」ことが大切だったと気が付きました。主人も基礎講座に参加し一緒に発コミュを始めて、娘と主人の関係がリラックスした良い関係になったこともうれしく思っています。

 

◆今思うと間違った対応ばかりしていました。

3)お子様の困った対応を思い出して、「今だったら、こう対応する」という接し方を教えてください。

 

これまでは、娘が自分で処分すると言いつつ溜めてしまったペットボトルを、「今すぐ片づけて!」と怒鳴って喧嘩になっていました。

 

今なら「どのくらい置いてたら忘れると思う?」と反抗期の娘に自分で考えて、自分で片付けることを選べるような声ができます。

 

それから、娘が話し出すとまだ続くのか…と思って、つい心の声が表情や態度に出て娘の反抗的な態度を誘発していたのだと思います。

 

これからは、きちんと気持ちを込めて娘に向き合い、笑顔で話を聞くことができます。

 

◆家族みんなが笑顔で過ごせるようになりました。

4)ご自身にとって、発コミュのどのような点が役立ちましたか?

 

子育てに対して少しずつ自信がもてるようになり、家族が今まで以上に仲良く暮らせるようになったことがうれしいです。

 

また、子どもにどう接したら脳が成長して、本人の困りごとが減っていくのかという視点で考えられるようになり、気持ちにも余裕がでて子どもに寄り添えるようになってきたと自分でも変化を感じています。

 

◆子どもの成長をサポートできるママに変身します。

5)これからさらに、お子さんのどんな所を成長させたいと思っていますか?

 

感受性が豊かなので、映画を見たり、旅行へ行ったり、新しい経験を増やし、話をたくさんして、どんどんアウトプットする経験を増やしていきたいです。

 

それから娘がダンスや歌、ウクレレなどに興味があるので、挑戦させ伸ばしてあげたいと思いますし、私自身も情報収集などサポートしていこうと思います。

 

苦手な部分、例えば忘れ物やケアレスミス、睡眠の問題に関しては徐々にアプローチして成長してもらえたらと思っています。

 

-発達科学コミュニケーション受講生の声
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.