発達科学コミュニケーション受講生の声

癇癪が激減!今では癇癪の対応だけでなく、癇癪が起こる前に手を打てるようになりました!

投稿日:

 

Kさん


◆以前とは比べ物にならないほど、癇癪が減りました!

1)講座を受けて、お子さんはどのように変化しましたか?

癇癪が頻発していたのですが、以前とは比べ物にならないほど減ってきたり、癇癪の激しさが弱まったり、癇癪の時間も短くなりました。

 

中でも暴言や人をたたく、モノを投げ飛ばすなどが減り、癇癪が終わった後も何が嫌だったのか聞くと答えられるようになってきました。

 

また、アクションシートの活用で、ポイントを貯めるために時間を守るように行動するようになったり、親の役に立とうと自分から行動することが増えました。

 

トイレやお風呂での体を洗うなど、介助はしますが、自分でできることがふえました。

 

◆育てにくさは、脳の発達が原因だと理解できたことで自分を責めることがなくなりました!

 

2)講座を受けて、お母さんご自身はどのように変化しましたか?

以前は、子どもの気持ちや状況を理解せず「なんでこうなの!?」とばかり思っていたので、子どもの悪い部分に注目してイライラばかりしていました。

 

さらに、子どもが癇癪を起こすとブチ切れ怒鳴ることもありました。

 

しかし、発コミュを学び我が子の育てにくさは、脳の発達の未熟さが原因で起こっていることが分かると、子どもや自分を責めることがなくなって、イライラすることも減っていきました。

 

癇癪が起きたら?と常に爆弾を抱えてハラハラしていましたが、癇癪がおきそうだなというのがわかるようになったので、手を打ちやすくなったし、フォローしやすくなりました。

 

子どもへの関わり方次第で脳が発達することがわかったので、とっても未来が明るく感じられ、子どもと一緒にいるのが楽しくなりました。

 

私と同じように子育てに悩んでいるお母さんたちの存在と、共感し合える環境があることにも心が軽くなりました。

 

そして、祖父の息子に対する「〇〇すべき思考」や感情的な対応にも困っていましたが、子どもの状況を伝え見守ってほしいと言えるようになりました。

 

◆ひどい癇癪にも反応せずに距離を保って対応できるようになりました!

3)お子さんの困った対応を思い出して、「今だったら、こう対応する」という接し方はありますか?

以前は、癇癪を起こすと、叩いてきたり、モノを投げ飛ばしたり、暴言を吐いたり、いつまでも泣き止まないということがありました。

 

その度に私がイライラしていい加減にしろ~!と大声で怒り叫んだり、たまに手が出たり、わざと大きな音を立てたり…最終的に子どもが泣いて謝るということを繰り返していました。

 

今では、癇癪に反応しないで、同じ土俵に乗らずに距離を保って、子どもの様子を観察することができるようになりました。

 

また、距離を保とうとしていても追いかけてきた場合は、子どもの行動を止めたり注意するような行動はしないで、気持ちを代弁したり、子どもが出来ているところを伝えたり、実況中継しながら、落ち着くのを待ってあげられるようになりました。

 

◆忙しいお母さんでもオンラインで学べ、シンプルに取り組めたことが良かったです!

4)お母さんご自身にとって、発達科学コミュニケーションのどの点が役立ちましたか?

脳科学というしっかりとした根拠と成功データがあるため、「この方法って大丈夫?」と疑わずに信頼・安心してメソッドを実践することができました。

 

オンラインで学べる点やシンプルにやるべきことがまとまっているので、忙しい中でも取り組めたことがとても良かったです。

 

また、実用的な題材が豊富で内容がとても充実しているメルマガも役に立ちました。

 

◆興味を持ったことをもっと深めてあげられる環境を作ってあげたい!

5)これからさらに、お子さんのどんな所を成長させたいと思っていますか?

図工や工作が好きなので興味を持ったことをもっと深めていけるように実際に体験させてあげたいです。

 

その中で自分で考えて作るという体験を通じて表現する力も伸ばしてあげたいと思います。

 

さらに、人に対しても興味があり近寄っていくので、コミュニケーション力を伸ばしてあげたいと思います。

-発達科学コミュニケーション受講生の声
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.