母子登校をやめたお母さんが子どもの自信の種をまく方法とは?!

 

2学期が始まりますね。母子登校を経験されているご家庭はまた付き添いの日々が始まるのか…と憂うつな方もいると思います。2学期をどう過ごすのか?お母さんが無理なく子どもと向き合うためのヒントをお伝えしています。
 

【目次】

 

1.過酷な母子登校

 
 
わが家の息子は小さい時から不安が強く小学校4年生の時に母子分離不安になり、それと同時に小学校4年生の秋から母子登校となりました。
 
 
母子登校といっても、校門まで一緒に行ってさようなら、というものではなく教室まで毎日一緒に行っていました。
 
 
1日中、息子と学校で過ごしていたのです。
 
 
はじめの頃は息子の机の隣に座って授業を聞いていました。
 
 
しかし、息子が荒れて教室にいることが難しくなると空き教室で2人きりで過ごすようになりました。
 
 
 
 
何もない教室で2人きりで1日を過ごすのは想像以上にとても辛いのです。
 
 
だけどどうしたらいいかわからず、このまま一緒にいればきっとよくなると信じていました。
 
 
とにかく毎日必死でした。
 
 
しかし、よくなるどころか悪くなるばかりで、心も身体も疲れてしまい限界でした。
 
 
母子登校の過酷さは一体どのあたりにあるのでしょうか?
 
 

1日5分~OK!「できた!」で意欲を伸ばす
正しい発達トレーニングと教材を
無料で使い放題!

    ↓↓↓

 
 

2.お母さんの負担が大きい母子登校

 
 
母子登校になる前は、学校への行きしぶりが表れ、途中までお母さんが付き添うというケースが多いのではないでしょうか。
 
 
校門までの付き添いが、下駄箱までになり、次は教室の中まで付き添うことになったり。
 
 
または別の教室で授業が終わるまでお母さんが待っていたり。
 
 
気付いたら毎日学校へ子どもと一緒に登校することが当たり前になっている。
 
 
お母さんは自分が一緒に居て学校に行けるなら、それでもいいと考え頑張ってしまう。
 
 
不登校ではないし、学校に行けているのだから、それならいいと前向きに頑張ってしまう。
 
 
「お母さんが付き添って学校に来れるなら、一緒に付き添って学校に来てください」とスクールカウンセラーから言われるなどのケースもあります。
 
 
今のところ、母子登校で学校に出席しているこどもの人数ははっきりとしたデータがありません。
 
 
お母さんが付き添うことで出席扱いとなっているので、欠席扱いとなる不登校の子どものようにはっきりとしたデータがないのです。
 
 
しかし、不登校の子どもが毎年増えているのであれば母子登校の子どもも増えていると予想がつきます。
 
 
でも、母子登校の子どもについての支援というものは手つかず状態で、保護者に一任しているのが現状です。
 
 
 
 
そうなると、お母さんの負担はどうでしょうか?
 
 
正直、心が辛い…という状態なのではないでしょうか?
 
 
仕事を持っているお母さんは、職場へ気を遣いながら子どもの対応に追われる。
 
 
主婦のお母さんだって、普段の生活が後回しになり何も思うように家事などが回せない。
 
 
子どもと帰宅した後は疲れて何も出来ないなどの状態に陥ってしまうはずです。
 
 
「不登校よりマシよ!」
 
「愛情が足りないんじゃない!」
 
 
などと心無いことを言われてしまって傷つくこともあります。
 
 
そのせいで自分の子育てが間違っていたのでないかと思い悩んでしまう人も少なくないはずです。
 
 
母子登校って本当にラクじゃないんです!
 
 
お母さんの心が疲弊してしまうのは当たり前なんです!
 
 
私もそんな一人でした。
 
 
ある時を境に、私は学校へ付き添わない!という決断をしました。
 
 
ただ行くのを止めるのではなく、学校に付き添わないなら別のところでサポートをしていこうと決めたのです。
 
 

\2学期に我が子のチカラを伸ばしたいなら/
繊細ちゃんの不安を行動力に変える
方法が分かる本
↓↓↓

 
 

3.スモールステップで一歩ずつ

 
 
このままでは親子でつぶれてしまうと思ったので次の行動をとりました。
 
 

◆①ありのままを話す、そして受け止める

 
 
まず子どもに、お母さんは、母子登校をしていたことが辛かったこと。
 
 
もう一緒に登校しないことを伝えました。
 
 
ありのままの気持ちを子どもに正直に話しました。
 
 
 
 
そして、あなたも辛いなら学校に行かなくてもいいこと、ひとりで教室に行けないなら行かなくてもいいことを伝えました。
 
 
本当は辛かったのにここまでよく頑張ったね。
 
 
教室に行っても、行かなくてもあなたはあなた。
 
 
どんなあなたも大好きだよと伝え、どのような決断を出しても受け止めると決めました。
 
 

◆②協力を得ながら一歩ずつ

 
 
もちろんいきなりみんながいる教室にひとりで行くことはできないので、担任の先生としっかり連携をとりスモールステップで一歩一歩焦らずゆっくりと進んでいくことに決めました。
 
 
はじめは、
 
 
・下駄箱まで行けたらOK!
 
・先生に挨拶だけしたらOK!
 
・連絡帳だけ書いて帰る!
 
 
今日はこれができた!ここまでよく頑張ったね!と今やれることと、できたことをしっかり肯定し小さな自信をたくさん育てていきました。
 
 
 
 
周りから見ると本当にゆっくりで遠回りに見えるかもしれませんが、少しずつ一歩一歩前に進んでいきました。
 
 
その結果、今では校門の前でバイバイをして1人で学校に行けるようになりました。
 
 
子どものありのままを認め今できることを、やれることを一歩一歩やっていくその小さな「できた」の積み重ねが子どもの成長につながると思っています。
 
 
 
 
母子登校の悩みが小さくなるヒントがあります!
▼無料で毎日情報をお届けしています

 
執筆者:いたがきひまり
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求&限定プレゼントはこちら
タイトルとURLをコピーしました