子どもが勝ちにこだわる理由とは?勝敗を気にせず楽しめるトランプのルール2選

 

勝ちに対するこだわりが強くて「遊びに参加しない」「ルールを自分で変えてしまう」ことってないですか?ほんとは楽しく遊びたいのにもったいないですよね。今回は子どもが勝ちにこだわる理由と勝敗を気にせず遊べるトランプのルールをご紹介します。
 

【目次】

 
 

1.絶対負けたくないからルールはいつも俺流

 
 
我が家には自閉傾向のあるYouTubeが大好きな小学1年生の男の子がいます。
 
 
じゃんけん、トランプ、すごろくなど家族や友達と気軽に楽しめる遊びですが我が家では楽しく遊べる事がありませんでした。
 
 
勝ちにこだわる息子が勝手にルールを作るのです。
 
 
・俺以外は目をつぶってじゃんけん
・俺は絶対ババは持たない
・さいころの目は俺が決める
 
 
 
 
子どものルールで遊んでも負けそうになると、またルールを変えたり遊びを放棄、負けると癇癪で一緒に遊んでいても楽しくありません。
 
 
なによりも家族同士なら許されてもお友達と遊ぶときには通用しないので、ルールを守る事を教えなくてはと思っていました。
 
 
こちらが正そうと指摘をすると不貞腐れてしまうか、癇癪を起こしてしまうか。遊びの時間はとても気を遣う恐怖の時間でした。
 
 
そんな事を繰り返すうちに、遊びに誘っても参加することを嫌がるようになっていきました。
 
 
「褒めるのが苦手」でも
迷わず1秒で褒められる!
脳が育つ肯定のテクニックとは?
↓↓↓
 
 

2.どうしてそんなに負けたくないのか?

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもたちはどうしてこんなにも負ける事を嫌うのでしょうか?
 
 
それには発達障害・グレーゾーンの子どもたちが持つ脳の特性が関わっています。
 
 
1つ目にネガティブな記憶を貯めやすいという脳の特性があります。
 
 
そのため負けは「ダメな事」「かっこ悪い事」など負けた時の経験から「負け」に対するネガティブな記憶が強く残っていて負けを受け入れられません。
 
 
 
 
2つ目に予想を立てるのが苦手という特性があります。
 
 
負けへのネガティブな記憶から勝つことを目指しているので負けた時の自分が受け入れられません。
 
 
脳の特性なのでルールは守るものと分かっていても、自分でコントロールができないのです。
 
 
ではどのように対応すればいいのでしょうか?
 
 
【期間限定 7月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.子どもも大人も楽しく遊ぶための秘訣

 
 

◆①子どものルールは受け入れる

 
 
子どもが抵抗なく楽しく遊べるルール、すなわち子どもが決めたルールを全て受け入れる事にしました。
 
 
遊びの途中でルールを変えてしまう事でその場の雰囲気が悪くなってしまいます。
 
 
遊びを始める前に子どもとルールの確認をするとお互いストレスなく遊べます。
 
 
 
 

◆②子どもを飽きるまで勝たせる

 
 
本人が勝ちに満足し、勝ち飽きるまで勝たせます。
 
 
遊びのルールにもよりますが、子どもが絶対に勝つように順番を工夫したり、ハンデを設けることをこちらから提案します。
 
 
パパやママが負けて、「悔しい!でも次、頑張ろう」「負けちゃった。まいっか、次は勝てるかも」と負けた時の姿を見せます。
 
 
そうすることで負けた時、悔しくても良いんだ。そっか、次は勝てるかもしれない、と負けた時の気持を受け入れて次にどうするかを学びます。
 
 
そうしていくうちにパパやママにも勝たせてあげても良いかもと思えるようになってきます。
 
 

◆③負けても慌てず、できたことだけを伝える

 
 
それでも子どもが負けてパニックになってしまったら、子どもの感情に巻き込まれてはいけません。
 
 
まずは負けて悔しい気持ちに共感します。
 
 
そして「ルール守ってできたね」「最後までやったね」「順番守ったね」その遊びの中でできたことだけを伝えます。
 
 

4.抵抗なく楽しめるトランプのルール

 
 

◆①ババ抜き編~ババなしババ抜き

 
 
ババ抜きはババを最後まで持っていた人が負けのトランプ遊びです。このババを持つことが怖くてババが回って来ただけでゲーム終了となっていた息子。
 
 
ババを無くしてみました。
 
 
ババがない、ババが回って来ないという安心感から抵抗なく遊びに参加してくれるようになりました。
 
 
始めは2人でするのがおススメです。
 
 
なぜなら、子どもからカードをひくと必ず子どもが勝つからです。
 
 
勝つことでババ抜きが楽しくなり、3人でもババなしババ抜きが楽しめるようになりました。
 
 
3人でも勝ち続けると自分からババを入れてやる!と言い、従来のババ抜きのルールでも楽しめるようになりました。
 
 
 
 

◆②スピード編~ハンデ付きスピード

 
 
夫と私がやっているとやりたいと寄ってくるのですが、息子は小学1年生、大人と普通に遊んだのでは勝ち目はありません。
 
 
そこで場札の枚数を変えてハンデを付けようとこちらから提案しました。
 
 
子どもが勝つためのハンデの提案なので喜んで提案にのってきます。
 
 
ここでポイント、ハンデの枚数は子どもに決めさせる事です。
 
 
子ども5に対して夫2と子どもが提示してきました。もちろんOKです。
 
 
子どもは圧勝、少し難しいトランプゲームで勝てたのが嬉しくて何度も挑戦してきました。
 
 
勝ち続けて気分がよくなってくると自分の場札を減らしたり、負けると場札を増やしたり調節しながら楽しんでいます。
 
 
子どもが負けを意識せずに楽しめるトランプのルール、いかがでしたか?大人も子どもも勝ち負けを気にせず思いっきり楽しんで遊んでみてください。
 
 
 
 
 
ママの声掛けを変えるだけで子どもがグングン成長するコミュニケーションの詳細はこちら
▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼

♡小冊子のご感想
子どもがゲームばかりして困っている親にも、ゲームとの上手な付き合い方を知りたい親にもオススメの内容でした!「え!そうなの?!」という驚きと発見がたくさんあるだけでなく、ゲーム依存から抜け出す対応や、ゲームを使って子どもを発達させる具体的な方法が書かれていたので、とても参考になりました。
 
\ゲーム・スマホは悪じゃない/
子どもの発達を加速させる
ゲーム・スマホの正しい使い方
↓↓↓
 
 
 

執筆者:福原かおり

(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました