グレーゾーン 小学生 発達教材

【教材解説動画】小学校高学年キッズとのトレーニング、成功のコツ教えます!!〜発達障害・グレーゾーンのソーシャルスキル教材にチャレンジ〜

更新日:

 
 
この動画では、小学校高学年のお子さんとのソーシャルスキルトレーニングをうまく進めるコツについてお伝えします!
 
 
発達科学コミュニケーションリサーチャー 森中博子です。
 
 

小学校高学年キッズとのトレーニング、成功のコツ教えます!!〜発達障害・グレーゾーンのソーシャルスキル教材にチャレンジ〜

 
 

 
 

レッスンスクリプト

 
 
パステル総研では、発達障害・グレーゾーンのお子さんと、ソーシャルスキルトレーニングができる教材を作りました。もうダウンロードしていただけたでしょうか?
 
 
この教材は親子の会話がベースになっていますので、もしかすると、小学校高学年のお子さんとのトレーニング、難しい!!と思われた方もいるかもしれませんね。
 
 
普段の会話も少ないし、学校や本人のことをちょっと突っ込んで聞こうものなら、あからさまに不機嫌になって、お母さんのことはシャットアウト、というお子さんもいらっしゃるでしょう。
 
 
でも、ソーシャルスキルって年齢が上がれば上がるほど必要になってくるんですよね。 うちの子にはソーシャルスキルトレーニングが必要!だけど、うまくやれないかも、と思われるお母さん、大丈夫です。
 
 
悩めるお母さん・お子さんがうまく教材を使えるように、トレーニングのコツについてお伝えしたいと思います。
 
 
この教材は、発達障害・グレーゾーンの小学校高学年のお子さんとお母さん方に体験していただき、その意見を参考に改良を重ねました。 その際、多くの親子から聞かれたのは、「ロールプレイ無理!!」という声です。
 
 
ロールプレイでは、日常におこる場面を設定し、お母さんとお子さんが役割を演じてその場面を再現します。
 
 
ソーシャルスキルトレーニングの中ではキモになる部分なのですが、確かに高学年のお子さんと演技なんてできないよ、という声はよくわかります。
 
 
そこで、高学年用の教材では、通常通り親子のやり取りでロールプレイを進めるバージョンと、お母さんからの質問にお子さんが答えていくだけのバージョンの2つをご用意しました。
 
 
演技ではなく、「こういうとき、あなただったらどうする?どう思う?」といった聞き方をするので、お子さんも答えやすいですよね。
 
 
また、この時期のお子さんは、自分のことを親に話したくない場合もあります。そんなときは、お子さんが好きなヒーローやキャラクターを利用してみます。
 
 
例えば、「ワンピースのルフィだったらどう思うかな?」といった聞き方をしてみるのです。おそらくその答えには、お子さん自身の考えも反映されますので、はじめは「へえー、そう思うんだね。」と軽く流しましょう。
 
 
そのやりとりを何度か繰り返すうちに、「ルフィだったらそうなんだね。じゃああなただったらどう?」という問いに答えてくれるようになってきます。
 
 
高学年の子どもにとって、親とのロールプレイは恥ずかしいもの。無理強いは禁物ですが、お子さんにトレーニングだと気づかれないように少しずつやってみてはいかがでしょうか。
 
 
また、小学校高学年になると、自分と他人との違いを客観的に見る「メタ認知」というチカラが育ってきます。その力を育てるには自分を客観的に見るトレーニングが必要になり、高学年の教材に含まれるワークがその役割を果たします。
 
 
ワークは書くことが多くなってしまいます。発達障害・グレーゾーンのお子さんでは、書くことが苦手な上に、自分のことを深く考えるのにたくさんのエネルギーを消耗します。
 
 
お子さんが書くことを嫌がるようなら、お母さんが代わりに書いてあげてもよいでしょう。ふせんなどを利用すると便利ですね。
 
 
また、自分のことを深堀りすることは、自分の課題と向き合うことになります。発達障害・グレーゾーンのお子さんは、この作業が苦手ですので、トレーニング自体を嫌がることもあるかもしれません。
 
 
でも考えてみてください。お子さんのいいところ、得意なところ、苦手なところについて、親子で話し合う機会ってものすごく少ないんです。この教材を利用したトレーニングの時間は、お子さんの気持ちや思いを知るための貴重な時間になります。
 
 
実際に教材を体験してもらったお母さん方からも、「子どもの思いを聞くことができてよかった」「思いもよらない子どもの成長や葛藤を知ることができた」という声をいただいています。
 
 
ちょっとでも取り組めた、自分で考えて答えを導き出せたお子さんのことをしっかり褒めながら、「お母さん、あなたのこと少し知れた気がしてうれしかったよ」と、お子さんに伝えてあげてください。
 
 
いかがですか? 教材の内容を完璧にこなす必要はありません。この教材が、親子のコミュニケーションを通じて、お子さんのことを知り、出てきた課題について一緒に考えていくきっかけになればうれしく思います。
 
 
ソーシャルスキルトレーニングの教材は下の無料メール講座に登録すると無料でダウンロードできます。 教材の取り組み方で分からないことがあれば、Nicotto!塾の会員であれば、知恵袋で質問することもできます。
 
 
おうちソーシャルスキルトレーニング、お母さんもお子さんも楽しんでやってみてくださいね。
 
 
ソーシャルスキルの伸ばし方、他にもあります!
▼ご登録はこちらから!
 
 
講師:森中博子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, 小学生, 発達教材
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.