小学生 発達障害

発達障害の子どもが宿題をサクサク進める!お母さんの声かけとご褒美の工夫

更新日:

発達障害の子どもが宿題に集中できないことはよくありますよね。宿題がなかなか進まなくて、親子でイライラしてしまうことはありませんか?宿題をサクサク進めるために、お母さんにできることが工夫次第であるんです!今日から始められる対応をご紹介します。
 

【目次】

 

 

1.発達障害の子どもの宿題あるあるーー宿題を始めたのにすぐ手が止まるのはどうして?

 
 
発達障害やグレーゾーンの子どもが、なかなか宿題を始めなくて困っているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。
 
 
毎日宿題があるという学校だと、お母さんは宿題をしない子どもを見て毎日イライラしていませんか?
 
 
何度も何度も「宿題やりなさい!」と声をかけるのに、子どもは全然動かない…ということよくありますよね。
 
 
何度も声かけして、子どもがやっと宿題をやり始めた!とお母さんも安心してほっと一息...と思ったら、
 
 
名前だけ書いて止まっている!
ぼーっとしている!
消しゴムで遊んでる・・・
 
 
ということはありませんか?
 
 
どうして全部終わっていないのに、手が止まってしまうのでしょうか?発達障害やグレーゾーンの子どもたちが、宿題に集中できない理由はたくさんあるんです。
 
 
・エネルギー不足
 
宿題を始めたはずなのに、途中で手が止まってしまうのは、脳のエネルギー不足が原因かもしれません。
 
 
・見通しが立たない不安
 
宿題がたくさん出ると、いつになったら終わるのか分からず見通しが立たない不安から、宿題が手につかなくなっているのかもしれません。
 
 
・別のものに興味が移る
 
注意欠陥多動性障害 (ADHD)タイプの子どもだと、宿題をしていても、ふと目に入った別のものに興味が移ってしまって、宿題の存在自体を忘れてしまっていることもあります。
 
 

 

・宿題のレベルが高い
学習障害(LD)のある子どもは学習についていけずに宿題の内容が難しすぎるので進めることができないという場合があります。
 
 
このように宿題に集中できない理由はいろいろ考えられますが、ここでは「脳がエネルギー不足だった」という場合についてお伝えします。
 
 
人が行動を起こすとき、脳は大きなエネルギーが必要です。
 
 
特に「宿題」という嫌なイメージのあるものに取り組むとき、さらに大きなエネルギーが必要なんです。
 
 
そのエネルギーは、その行動が終わるまでずっと同じ量が必要ではありません。
 
 
車のエンジンのように、行動を始めるときにだけたくさんの量が必要になるのですが、1人ではなかなかエネルギーを持続することが難しいのです。
 
 
それでは、宿題に取り掛かり始めた時に、サクサクと宿題が進めるようにエネルギー不足を補うにはどうすればよいのでしょうか。
 
 
 
 

2.発達障害の子どもが宿題をサクサク進められるお母さんの声かけ

 
 
2~3問だけ解いて子どもの手が止まってしまった!そんなとき、お母さんはついつい、
 
 
「まだいっぱい残っているよ!」
「まだ〇問しかできてないじゃない!」
 
 
と声をかけていませんか?
 
 
子どもの脳がエネルギーを欲しているときに、ネガティブな声をかけると子どもは一気にやる気と自信をなくしてしまいます。
 
 
宿題に集中できない子どもをネガティブな言葉でけしかけるのではなく、エネルギー不足を補うような対応をすれば、子どももスムーズに宿題に取り組めるはずです。
 
 
子どものエネルギーになるもの。それはお母さんの注目と肯定的な声かけです!
 
 

◆エネルギー注入①お母さんからの注目

 
 
自分が「宿題」といういやなものを頑張っているときに、お母さんが全然こちらを見てくれない...ということで、やる気がなくなってしまう子どももいます。
 
 
お母さんもお忙しいので、ずっと子どもの隣にいてあげることは難しいかもしれませんが、
 
 
「宿題始めてるね」
「がんばってるね」
 
 
注目してあげましょう。
 
 
お母さんが自分の行動に気づいてくれていることで、やる気がでてきます。「ファ~イト!」など明るい口調で励ましてあげるのも効果的ですよ。
 
 

◆エネルギー注入②終わっていることに着目

 
 
お母さんが、
 
「おっ!もう3問終わったんだね」
「もうここまで進んだね!」
 
終わっていることに着目して肯定的な声かけをしてあげましょう。
 
 
「3問終わった」と言われたら次は4問目だと分かりますよね。こんな風に声をかけると、子どもは次の問題に目を向けやすくなります。
 
 
「もう半分終わったね!」
「もう1ページ終わったね!」
 
 
子どもの様子を見ながら、宿題の進み具合に応じて声をかけてあげてくださいね。
 
 
子どもは宿題に対してイヤなイメージがなくなったわけではありません。
 
 
「やっぱり宿題ってめんどくさい!」
「やりたくない!」
 
 
と思ってしまわないように、しっかり宿題ができている、しっかり進んでいることを子どもに伝えてください。
 
 
子どもが宿題を始めたら、お母さんは終わったことに注目して肯定的な声かけをこまめに行うことで、子どもの手が止まらず、宿題をサクサク進めることができます!
 
 
 
 

3.発達障害の子どものやる気をアップさせる「ご褒美」の使い方

 
 
宿題に対するイヤなイメージを、払拭することは難しいことです。お母さんだって、大人になったからといって宿題が大好き!というわけではないですよね。
 
 
宿題に対するネガティブなイメージって、相当根深いものだと考えた方がよさそうです。
 
 
宿題嫌いになる原因は、
 
 
・宿題を忘れて先生に怒られてしまった
 
・誤答を友だちに指摘されて恥ずかしかった
 
・宿題のせいで遊ぶ時間が減る
 
など、いくつかの理由が考えられます。
 
 
嫌なものをスムーズに進めるために必要なもの、それはご褒美です!
 
 
「宿題が終わったらおやつにしようか!」「宿題が終わったらゲームしていいよ!」こんな風にご褒美を用意することで、子どもが宿題にさっと取り組めるようにするのは有効です。
 
 
ご褒美を用意すると、宿題の途中での声かけも、バリエーションが増えますよね。「もう半分終わったよ!あと半分でおやつだから頑張って!」と子どもを励ますことができます。
 
 
また宿題が多いときや、子どもが疲れやすいタイプだったりするときは、途中でご褒美を用意するのもアリです。
 
 
途中でご褒美タイムを設ける場合、短い時間で子どもが満足するご褒美を考えましょう。
 
 
ゲームやテレビは時間がある程度必要ですし、残りの宿題をやりたがらなくなってしまうおそれがあります 。
 
 
「ここまで終わったら、チョコ1個食べる?アメちゃん1個食べる?それともお母さんがマッサージしてあげようか?」
 
 
こんな風に小さなご褒美をいくつか準備して、子どもに選ばせると満足度が高くなります。
 
 
子どもがやる気になりそうなご褒美を用意して、肯定的な声かけをこまめに行うと、宿題がサクサク進んであっという間に終わってしまうでしょう!
 
 
ぜひお試しくださいね。
 
 
 
 

4.そもそも宿題の難易度が高すぎる場合

 
 
今回は、宿題に集中できるためのエネルギー不足の場合の声かけについてご紹介しました。
 
 
発達障害の子は日々頑張っています。頑張っているけれど発達の特性により成果につながらなくて周囲の理解を得られずに、学校で叱られる事が多くなっているかもしれません。
 
 
もしかしたら、今まで頑張ってきたけれど学習について行けなくなり、宿題の内容が全くわからなくなっているかもしれません。
 
 
毎日学校から頑張ってきて、家でもわからない宿題をしなければならない。子どもにとってとても辛い事だと思います。
 
 
宿題を始めるにあたって、ひどい癇癪を起こしたり、時間がかかりすぎるなどの場合は学習の習得度に大きな遅れがないか学校と相談することも必要です。
 
 
学習に遅れがある場合は、宿題の内容を変えてもらう、家庭学習を提出するなどの工夫をすることも考えてみてくださいね!
 
 
 
 
宿題については、こちらでも解説しています。ぜひチェックしてくださいね!
 
 
 
 
執筆者:丸山香緒里
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
子どもの宿題のお悩みまるっと解決したい方はこちら!
「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしてます。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-小学生, 発達障害
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.