Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】発達障害の子どもにオススメ!力のコントロールを学べる料理のススメ

更新日:

発達障害の幼児は力がうまく調整できない子がとても多いです。どれぐらいの力で持ったらいいか分からず、必要以上にぎゅっと握りしめてしまうこともあります。お料理をしながら、力のコントロールを学んでいきましょう!
 

【目次】

 

1.太鼓が壊れる!息子の音楽療育での出来事

 
 
発達障害のお子さんをお持ちのお母さん、力をうまくコントロールできない!とお困りではありませんか?
 
 
実は、私の息子もそうなんです。
 
 
私が息子の課題に気づいたのは、毎週お世話になっている音楽療育でした。
 
 
その日の療育は太鼓。先生のお手本を模倣して同じように叩きます。
 
 
先生は大きくたたいたり小さくたたいたり、リズムを変えたり…ところが私の息子、大きくたたくところは大きくたたきすぎ!全力でドンドンたたきます。
 
 
あまりの大きさにドアが振動で震え、隣の部屋の先生がどうしたのかと見に来たほど。もちろん外で聞いていた私も「太鼓が壊れたら弁償しないといけないかも!?」と冷や汗だらだら…
 
 
一方で、小さくたたくところでは、「あれ?演奏してる?」と疑うほど小さな音。先生が小さな音をたたく時間が長くなると、先生のお手本を無視してどんどん全力でたたくようになりました。
 
 
先生からは、「息子君は小さな音の演奏では満足できないタイプ。刺激が強いのが好きなのかな?」というフィードバックでしたが、何となく納得できなかった私は息子に話を聞いてみることにしました。
 
 
私:「今日さ、一生懸命太鼓たたいたから疲れたでしょ?」
 
息子:「大きくたたくより、小さくたたく方が疲れるんだよね~」
 
 
「力が要らない方が疲れる」。この言葉に力のコントロールの苦手さが表れています。
 
 
・先生のお手本と同じぐらいの音を出すにはどれぐらいの力が必要なのかわかっていない
 
・衝動性があってついついドンドンたたいてしまう
 
・腕や手首の細かい動きがスムーズでない
 
 
などの課題が思い浮かびました。特に小さい音を出すには、振り上げた腕の力を抑制しなければならず、息子には難しかったのです。
 
 
この記事では、発達障害の子どもの「力のコントロール」に焦点を当て、どうしてうまく力を調節できないのか?脳科学の観点から解説します。
 
 
また、力のコントロールを学ぶにはお料理がぴったり!おすすめの食材をお伝えしますので、ぜひ実践してくださいね。
 
 
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.