Nicotto 対応 幼児

【Nicotto!限定】療育の効果がアップする!おうち発達支援の秘密は外食にあり!?

更新日:

発達障害の子どもとは切っても切り離せない「療育」。療育を受けるだけで終わっていませんか?療育を受けた後のある行動で効果が倍増すると言っても過言ではありません。療育を受けられるチャンスが限られているからこそ、しっかり活かしませんか?
 

【目次】

 

1.療育が受けられたらOKなんて誰も言ってない!

 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんを持つお母さん、「何とかして療育を受けられないかな…」と思っていませんか?
 
 
実は、私も息子が発達障害と診断された3年前は、「療育さえ受けられたら何とかなる!」なんて思っていました。
 
 
「専門の先生の指導で、息子はぐんぐん伸びるだろう。」
 
「療育が受けられたら発達の遅れも取り戻せるし、定型発達になれるはず!」
 
 
と本気で思っていたんです。今考えると、なんてぶっ飛んだ考えをしてたんだろう…とお恥ずかしい限りです(笑)
 
 
こんな私のぶっ飛んだ考えを落ち着かせたのが、夫の一言でした。
 
 
「月2回で何になるの?家でちゃんと復習しないと意味ないでしょ!」
 
 
夫は、療育の時間をあくまでも「先生がお手本を教えてくれる場所、親が困りごとを相談できる場所」ととらえていたんですね。
 
 
私は夫がそう話すまで、療育に通うだけじゃダメ、という考えが一切ありませんでした。
 
 
そこから発達に関して調べてみると、
 
 
・療育に効果を見いだせずに、自ら卒業を決めた方が意外と多い
 
・療育に通いながら、おうちで発達支援しているお母さんがいる!
 
・公的な療育施設を退職されて、自分で児童発達支援センターを立ち上げた先生がいる!
 
 
という、療育を受ける側も、指導する側も満足していない事実あることを知ったのです。
 
 
 
 
「療育をただ受けるだけではダメ。」
「圧倒的に時間が少ない!」
「療育をカバーするためにはおうちでの支援が必要だ!」
 
 
と考えて、療育と並行して家庭での発達支援を始めました。
 
 
子どもが過ごす時間で考えると、療育センターよりもおうちで過ごす時間が圧倒的に長いわけですから、発達支援の軸もおうちに置くのが自然です。
 
 
おうちに支援の軸を置きつつも、療育で受けられる指導を活かしていく。これが子どもの発達支援ではとても重要です!
 
 
この記事では、「おうちでの支援×療育」という子どもの発達を加速する黄金ルールを、どう毎日の生活の中で落とし込んでいけばいいのか?について解説していきます。
 
 
療育を受けるときの考え方や、実際の療育で受けた内容をどう活かすのかについてお伝えしていきますよ!
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 対応, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.