Nicotto パステルキッズの明るい未来 不登校

【Nicotto!限定】不登校ブログを運営するお母さんが考える『不登校の親ができること』〜元不登校の大学生のお母さんインタビュー〜前編〜

更新日:

 

小・中学校を不登校で成長した大学生のお母さんに、学校ありきな固定概念を捨てた経緯や、不登校の子どもと過ごす上で親ができることを教えていただきました。『ありのままの子ども』の素晴らしさに気付けるお話を聞くことができました!

【目次】

 

1.不登校経験の先輩お母さんに聞く!

 
 
不登校の子どもがいると学校のような既定のレールがないので将来について心配になることが多いですよね。
 
 
我が家の小学6年生の息子も学校へ行かない選択をして2年程たちます。
 
 
学校に通っている子が学校の先輩から情報を聞くように、不登校の親子にとって不登校の先輩から話を聞くと、とても参考になることが多いんです。私は、息子に似た元不登校の人はいないかなと、情報を探していました。
 
 
そんなときに目に止まったブログがあります。
 
 
 
 
元不登校の大学生のお母さんが、息子さんの小学校、中学校の不登校時代から現在に至るまでの出来事や想いを発信されています。
 
 
息子さんのK君は、小・中学校時代に不登校を経験し、大学受験を突破して楽しい大学生ライフを謳歌しています。
 
 
以前パステル総研で行った、K君のインタビューはこちらです。
 
 
 
 
今回は、K君を一番そばで支え続けてきたお母さんにインタビューをさせていただきました。生き生きとした元不登校の息子さんを育てたお母さんは、はじめから不登校を明るく捉えていたのでしょうか。
 
 

―――Tさんよろしくお願いします。まずは、ブログを始めたきっかけを教えてもらえますか?

 
 
「最初のブログは息子が高校3年の頃に始めました。息子が不登校になってからの記録ですね。
 
学校教育について不満を感じたこと、お母さん達の不登校の子どもを復学させようと一生懸命になるところ疑問を感じたこと、もっと長いスパンでみていけばいいんじゃないかなという思い、それを記録したかったんです。
 
息子が大学に入って1年くらいブログを休んでいたんですけど、息子のことを客観的に見れるようになって、不登校の小中学生や親御さんがこの先どうなるのかと心配があると思って、我が家のことを包み隠さず見てもらえたら、反面教師でもいいので参考になるのではないかなと思って再開しました。」
 
 

―――不登校のお子さんの体験はとても貴重な情報だと思います。息子さんは、ブログでも、インタビューでもとても自分の意見をしっかり持っている青年だなと感じたのですが、幼い頃はどんなお子さんでしたか?

 
 
「すごく明るい人見知りしない子でしたね。特に大人から可愛がられていましたし、同年代のお友達もすぐできるタイプで、入院先の病院でも、幼稚園でも人気者でした。
 
毎日楽しく過ごすことに一所懸命で、たくさん活動した後はバタンと寝てしまう程エネルギーがあったように思います。
 
あと、子どものときからちょっと大人びた表現をするようなところがありましたね。」
 
 

ーーー弁がたつから言い合いになったりしませんでしたか?

 
 
「息子はぶつかるのを避けるタイプで、親や周りの大人が何か怒るとスルーして避けていましたね。」
 
 

―――息子さんが、学校へ行かない頻度が増えていったとき、どう思いましたか?

 
 
「初めは、すぐ行けるようになるだろうと軽い気持ちでいたんですが、段々長引くにつれて、『どうしようか?』とは思いました。
 
次第に、息子の中に過去の私、子どもの頃から我慢していた私を見たんですよね。
 
私も学校が好きじゃなくて、父親の小脇に抱えられて連れて行かれたことがありました。だから気持ちがわかる部分はあって。
 
ただ、余裕もなくて、私の反省点でもあるんですけど。息子本人のことよりも、自分がどう思われるかを気にしてしまったんですね。
 
学校に行けないことで、両親からとやかく言われることが嫌だったり、不登校を理由に距離を取るようなママ友だったり、私自身が周りの目を気にしてなんとか通わせようとしていたところがありましたね。
 
当時は無意識の行動だったんですけど、今振り返れば、自分を守る行為だったと思います。
 
 
 
 
不登校の親子に対してフィルターをかけて見てしまう方が多いし、そのような見方をしてしまう環境で育ててしまったのも問題点であったとも思います。」
 
 

ーーー

 
 
6歳になったらランンドセルを背負って小学校に入学して、6年後は中学校に入学する。
 
 
これが、今の日本の大多数の家庭で当たり前に考えられている子どもの教育ですよね。私達親世代もその流れで育ってきたので、学校という場しか知らないのです。
 
 
そのルートから外れたとき、とても怖くなり、不安になるのは当然だなと思います。
 
 
子どもの辛い状況を目にしていても、学校へ通わないということが社会でどんな目に映るのか気になる…Tさんのような気持ちに私もとても共感します。
 
 
周りの目を気にして余裕のなかったTさんは、この後どのように息子さんの不登校を受け入れることができるようになったのでしょうか。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, パステルキッズの明るい未来, 不登校
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.