不登校 小学生

発達障害のある子どもが不登校になった時の、子どもの好きなYouTube を使った引きこもり対策を紹介します!

更新日:

不登校になってしまった発達障害の⼦どもを育てるお⺟さん。子どもがゲームや動画視聴ばかりで引きこもりになりそう…と⼼配になりませんか?⼦どもが好きなYouTube を使って、傷ついた⼦どもが⽴ち直るきっかけを作ってあげましょう!
 

【目次】

1. 不登校のお子さんの家での過ごし方について悩んでいませんか?
2. 不登校の子どものゲームや動画視聴タイムは、無理に否定しないでください
3. 学校へ行かないときこそ、発達障害の子どもの発達が加速するチャンス !
4. 引きこもり解決対策!YouTube おすすめゲーム3選
➀◯◯を言ったら負けだよゲーム
➁目隠し鬼ごっこ
➂料理音痴クッキング
5.不登校期間に親子のコミュニケーションを改善すれば、新たな希望がみえてきます!

 

1. 不登校のお子さんの家での過ごし方について悩んでいませんか?

 
 
子どもがどうしても学校へ行けず、不登校になってしまった時、「今はゆっくり休ませてあげよう。」と考えるお母さん。
 
 
しかし、子どもが学校に行かないという日々を、どう過ごしたら良いのか悩みませんか?
 
 
お子さんが、毎日家の中でずーっとゲームをしたり、動画を見ていたりでイライラすることも多いと思います。
 
 
・「勉強が遅れないように、家で勉強してほしい。」
 
・「せめて、お手伝いくらいしてほしい。」
 
・「このまま、引きこもりになってしまうのでは…」
 
と、心配になりますよね。
 
 
不登校中のゲームや動画の視聴については、賛否両論あると思います。
 
 
私は、もともと息子が見ているゲームや動画の視聴には否定的な母親でした。
 
 
 
 

2.不登校の子どものゲームや動画視聴タイムは、無理に否定しないでください

 
 
我が家の長男は、高I.Q で自閉症スペクトラムの特性を持つ小学生です。息子は、小学4年生の秋から不登校になりました。
 
 
休み始めた当初は、「学校に行く気力はないけれど、家で遊ぶ気力はあります。」という状態でした。
 
 
しかし、欠席が2週間を超えた頃、担任の先生に「このままでは不登校になってしまいます!」と電話口で言われてしまったんです。
 
 
息子にも電話をかわり先生と話し終えたあと、息子は学校へ行く準備を始めました。
 
 
「あれ?先生の誘いでそんなに簡単に行けるの?休み癖になっていた?」と驚きながらも、息子が学校へ行けることが嬉しく、一緒に付き添い学校へ行きました。
 
 
先生には、「少しの時間でもいいので、毎日来てまた学校に慣れていきましょう。」と言われ学校をあとにしました。
 
 
学校ではいつも通り過ごした息子ですが、自宅に帰るとぐったり。
 
 
夜寝る頃になると「頭が痛い、足が痛い」と言い、「胸が苦しい」と言って、なかなか眠れませんでした。
 
 
翌日は、やはり学校に行くことができなかったのです。
 
 
その後も、担任の先生の説得で、週に数回登校しましたが、しだいに息子からは笑顔も減り、表情も乏しくなっていきました。
 
 
そして、完全不登校に。
 
 
日中は何もせずYouTube を見て過ごす時間が多くなっていきました。平日に外出することも嫌がり、引きこもり状態でした。
 
 
みんなが学校へ行っている時間に、家にいる自分…
 
「どうせ僕はダメなんだ…」
 
「生きているのも辛い…」
 
そんな風に思っているように感じられ、実際、辛い気持ちを言葉にして伝えてきたこともありました。
 
 
不登校の子どもは、まさに不安を打ち消し麻痺させるように、電子機器にのめり込んでいくと言われています。
 
 
長い時間パソコンの前に座ってぼーっと画面を見ている子どもの将来を考えると、心配や悲観してしまうことは多々ありましたが、傷ついた子どもの気持ちを考えると、「もうやめなさい!」とは言えませんでした。
 
 
私は、担任の先生の言動から息子を守ってあげられなかったことに後悔していました。
 
 
そして、「もう一度、息子を元気にしてあげたい!」と思いました。
 
 
 
 

3.学校へ行かないときこそ、発達障害の子どもの発達が加速するチャンス!

 
 
「どうしたら、以前のような明るい息子に戻れるだろうか?」と悩んでいた頃、発達科学コミュニケーションを知りました。
 
 
個別相談を受け、「これなら息子がきっと元気になる!」という期待が膨らみ、受講を決断!
 
 
第1回目のレクチャーは、「肯定」です。
 
 
そこで日中ずっとYouTube を見ている息子に、
 
「それ、面白いねぇ。」
 
「そのユーチューバー誰?」
 
「難しそうな動画だね。よく理解できるなぁ。」
 
などと、YouTube を見ている息子に関心を向けて話しかけるようにしていきました。
 
 
もともと、自分の好きなことを話すのが大好きな息子は、目をキラキラさせて、動画の内容について説明してくれました。
 
 
ある日、息子が、「このゲーム面白いんだよ!みんなでやりたいな!」と提案してきました。
 
 
一緒にYouTube で行われているゲームを確認すると、「確かに面白いし、脳の発達にもかなり役立つのではないか!!」と思う内容でした。
 
 
「例え、勉強が遅れてしまっても仕方ない。勉強にとらわれずに、脳の発達を促していれば後々勉強する気力が出た時に役立つんじゃないかな!?」と考え早速、家族全員でやりました!
 
 
家族という安心感のある中で、息子は楽しく生き生き過ごせる時間が増えていきました。
 
 
 
 

4.引きこもり解決対策!YouTube おすすめゲーム3選

 
 
ここでは、我が家でやってみて楽しかったゲームを紹介します。
 
 

◆➀◯◯を言ったら負けだよゲーム

 
 
参加者は2名以上。それぞれに、「言ったら負けワード」を決めて、ワードを書いた紙をおでこや頭に貼りつけます。
 
 
自分につけられたワードは見てはいけません。相手の「言ったら負けワード」を言わせたら勝ち!!です。
 
 
相手の「言ったら負けワード」を言わせるために、「どんな話題なら言っちゃうかな?」と推測する力が必要です。
 
 
また、逆に相手からの質問に対して、「自分の言ったら負けワードはこれかな?」と考え、言わないようにするという行動を抑制する力も必要となります。
 
 
なんどもやっていくうちに、話術が巧みになっていき、相手を負かすことができるようになっていきます。
 
 

◆➁目隠し鬼ごっこ

 
 
鬼役の人は、目隠しをしてゲームに参加します。
 
 
鬼は視覚が使えない状態なので、聴覚や触覚を働かせて、他の人達を探していきます。
 
 
周りの障害物にぶつからないように歩き、声や気配のする方向へ注意を向けなければならないので、とても集中力を使います。
 
 
へっぴり腰で探し回るその慎重な様子を、周りの人達で見るのが面白いですよ。
 
 

◆➂料理音痴クッキング

 
 
メニューを決めるグループ、料理をするグループに分かれます。
 
 
メニューは、外国の料理など、子どもも大人も知らない、または作り方がわからないメニューの方が楽しいです。
 
 
例えば、ビーフストロガノフ、ラープガイ(タイ料理で、鶏ひき肉のサラダ)など。
 
 
全く料理のしないお子さんやお父さんが作る場合、身近な料理などでも良いですね。
 
 
材料も作り方もわからないので、メニューの名前から想像して作っていきます。
 
 
料理という作業はワーキングメモリー(手続き記憶)という、何かをし続けながら同時に違うことをするという時に必要な脳の機能を大いに使います。
 
 
楽しいだけではなく、脳にもいい影響を与えるのでぜひやってみてください。
 
 
これら3つのゲーム以外にも、子どもとやりたいゲームを探すと楽しくできますよ。
 
 
 
 

5.不登校期間に親子のコミュニケーションを改善すれば、新たな希望がみえてきます!

 
 
いかがでしたか?親子で一緒に楽しめればYou Tube も意外と悪くないと思いませんか?
 
 
息子への肯定の気持ちを増やし、ゲームもYouTube も否定せずに、一緒に楽しむようにしていったところ、息子の日常にも変化がでてきました。
 
 
自分が苦手なことを言葉で伝えられるようになり、息子にとって何が負担で不登校になったのか?を知ることができました。
 
 
そして好きな活動を通し、親もびっくりするような才能を発揮するようになりました。
 
 
以前のように友達とも交流を持つことができ、一度は辞めてしまったスポーツを再び始めたりと意欲的な行動が増えていきました。
 
 
学校も興味がある授業のときには行くこともできるようになってきました。
 
 
不登校という、マイナスにも思える長い時間をプラスに考え、家庭でしっかりサポートすることで不登校前よりも大きく成長できると思います。
 
 
不登校で悩んでいるお母さん!
 
ぜひ、明るい気持ちでお子さんの成長を楽しみに考えながら、一緒に過ごしてあげてくださいね!
 
 
 
 
 不登校中の過ごし方についてはこちらもぜひチェックしてくださいね!
 
 
 
 
執筆者:すずき 真菜
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
不登校の子どもが大きく成長する方法が見つかります!
「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしてます。
▼ご登録はこちらから!
 

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-不登校, 小学生
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.