グレーゾーン 発達障害

発達障害・グレーゾーンの子どもが、中学卒業までに身に着けたい「ライフスキル」とは?

更新日:

発達障害・グレーゾーンの子どもは日常生活に必要なスキルが身に付きにくく、そのまま大人になると様々なトラブルにあうことも。家族のフォローがしやすい中学卒業までを目安に、必要なライフスキルを身につけましょう。ソーシャルスキルとの違いについても説明します。
 

【目次】

 

 

 

1 発達障害・グレーゾーンの子どもに必要な「ライフスキル」とは?

 
 
いきなりですが、みなさん「ライフスキル」とは何かご存知ですか?「ライフスキル」とは、その名のとおり日常生活で必要となるスキルのことです。
 
 
小学校でも、
・朝に起きた時刻は?
・朝食をとったか?
・歯みがきをしたか?
・夜の寝る時刻は?
・ハンカチやティッシュは持っているか?
・爪は短く切っているか?
 
 
という風に、生活習慣をふりかえる機会がありますよね?これらは基本的なライフスキルです。
 
 
多くの子は、 小さい頃からのくらしの中で、ライフスキルを自然に身につけます。
 
 
しかし発達障害・グレーゾーンの子どもには、ライフスキルを身につけることが難しい場面があります。
 
 
例えば
・朝起きるのがつらい
・時間の管理や調整がむずかしい
・お金をすぐに使ってしまう
・身だしなみが整えられない
・整理整頓が苦手
・忘れ物が多い
・夜になっても眠れない
 
 
などがあります。これらの苦手な場面は、中学卒業くらいまでは家族のフォローもあって、さほど問題になりません。
 
 
しかし、高校に入る頃から1人での活動が増えていきます。友だちと買い物をしたり遊んだり。アルバイトも始めて、好きなようにお金を使うこともできます。
 
 
このように、子どもの活動範囲が広がると、家族のフォローが届きにくくなってしまいます。
 
 
この頃から、ライフスキル不足が原因で
 
・お金を使いすぎて、金銭トラブルを抱えてしまう
・電車やバスなどの交通機関をうまく使えない
・怪しい勧誘にのってしまう
・片付けや掃除ができず、ご近所トラブルに発展する
 
 
などのトラブルにあい、日常生活に支障が出るようになってしまいます。
 
 
このようなトラブルが重なると、外出することが嫌になって不登校になったり、家にひきこもるなど、自立した生活がさらに難しくなります。
 
 
そうならないように、家族のフォローがしやすい中学卒業までに、ライフスキルを身につけることが重要なのです。
 
 
また、ライフスキルを身につけると
 
・安定した生活を送れる
・本来の力を発揮できる
・将来の夢が広がる
 
 
こんなふうに、お子さんに発達障害・グレーゾーンがあっても、大活躍できる場が広がるのです!
 
 
 
 

 

2 よく聞く「ソーシャルスキル」とは、どこが違うの?

 
 
一方、発達障害・グレーゾーンのお子さんをお持ちの方もよくご存知なのが「ソーシャルスキル」です。
 
 
ソーシャルスキルは、名前のとおり社会的なスキルです。社会、つまり他の人に合わせることが重視されています。
 
 
ソーシャルスキル・トレーニング(SST)とは、対人関係やコミュニケーションのとり方を身につけるための練習です。
 
 
「物の貸し借り」や「授業中のふるまい方」など場面を設定して、適切なふるまい方を練習して身につけます。
 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもは、集団生活他の人に合わせて行動することが苦手です。
 
 
そのことでトラブルに発展することも多いので、苦手な点を補うために親や支援者は、ソーシャルスキル・トレーニングに力を入れがちになってしまいます。
 
 
もちろん、ソーシャルスキル・トレーニングの成果が発揮できる場面もありますが、子どもの年齢や特性によって場面や範囲も限られます。つまり、応用がききにくいのです。
 
 
特にASD(自閉症スペクトラム)の子どもの場合、人に合わせて行動することが難しいので、ソーシャルスキルを伸ばそうとしても、限界があります。
 
 
一方のライフスキルは、子どもの生活や人生のためのスキルです。基本的にはその子本人のためのものであり、人に合わせることは必ずしも重要ではありません。
 
 
ライフスキルは、ソーシャルスキルに比べてスキルを発揮できる場面が多く、子どもの特性に合わせて調整しやすいのです。
 
 
 
 

 

3 「お手伝い」と「ご褒美」で、ライフスキルを楽しく身につけよう!

 
 
それでは、ライフスキルを身に着けるために必要なことはなんでしょうか?
 
 
まず、現在のお子さんの特性や、日常生活での行動をよく観察してみましょう。お子さんが将来、一人暮らしをすることを想定しながら見てみると、得意なこと、苦手なことが分かりやすいです。
 
 
参考までに、WHO(世界保健機関)が、子どもや学生向けに必要なライフスキルをまとめまたものを、発達障害・グレーゾーン向けにしぼって10種類に分けて紹介します。
 
 
・身だしなみ:服装や外見を整える、清潔にする
 
・健康管理:体の調子を整える、体調が悪いときに病院に行く
 
・住まい:整理整頓、掃除、公共料金の支払いができる
 
・金銭管理:お金を計画的に使い、1人で買い物ができる
 
・進路選択:先の見通しを立てて行動できる
 
・外出:時間や行き先、費用などを守って移動できる
 
・対人関係:マナーやルールを身につけ、トラブルを防ぐ
 
・余暇:休み時間や休日を、快適に過ごすことができる
 
・地域参加:家庭や学校以外で、人と交流できる場を持つ
 
・法的な問題:詐欺や法的なトラブルを防ぐ
 
え?こんなに?と思われますが、これらの全てを身につける必要はありません。お子さんの特性や得意・不得意、将来の目標によって必要最低限のスキルを身につけられれば十分です。
 
 
身につけたいスキルに関しては
 
・スモールステップで1つずつ取り組む
・得意なことは伸ばしてあげる
・苦手なことはサポートしてあげる
・あたりまえのことでも、できていたら褒める
・今までできなかったことができたら、モチロン褒める
・うまくいかなくても、努力したことを褒める
 
 
という姿勢で接してあげてください。
これらは全て「発達科学コミュケーション」では基本的な接し方です。
 
 
また、お子さんにライフスキルを身につけるために、日ごろの生活に「お手伝い」をぜひ取り入れてください。
 
 
お手伝いをすることで褒める機会が増え、子どもの自信につながります。そしてお手伝いに必要な動作は、脳を活性化して発達させます。
 
 
お子さんのライフスキルもその都度確認できます。そして、お子さんのお手伝いのスキルが上がると、お母さんにとっても嬉しいですよね!
 
 
ぜひ、お子さんに合ったライフスキルを考え、しっかり整えてあげてくださいね。
 
 
 
 
執筆者:渡辺みゆき
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
 
 
「1日1分メール講座」無料で毎日情報をお届けしてます。
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-グレーゾーン, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.