ママの学び方・働き方

子どもの発達を加速させる!発達科学ラボって実はこんなところなんです

投稿日:

 

子どもの発達を伸ばす接し方を学んで、さらに仕事もできるなんて、発達科学ラボって一体どういう仕組みなの?たくさんのお母さんが疑問を持っていらっしゃるようですね。今回は発達科学ラボの仕組みについてお伝えします。
 

【目次】

1.子どもの発達を伸ばしながら学ぶ、仕事をするとは?
2.発達科学ラボには非常識なルールがあります
3.一緒に学び・お仕事するなら今がおすすめです

 

1.子どもの発達を伸ばしながら学ぶ、仕事をするとは?

 
 
発達科学ラボは、お家でお子さんの発達支援をしたいママが、発達科学や脳科学に基づいて本当に効果の出る発達支援の方法を学ぶ場所です!
 
 
そして、発達の仕事をすることもできます。
 
 
仕事は、副業やパート感覚でできるものと本業でやるものがありますが、仕事をするかしないかは自由です!
 
 
なぜ、仕事までできるように制度を整えているか?と言うと、2つの理由があります。
 
 
1つ目の理由は、発達凸凹キッズを育てていると、外での仕事がしづらいという現実があるからです。
 
 
療育や通級に連れていくために仕事をする時間が制限されたり、学校などからの急な呼び出しで早退を余儀なくされたりする方も多いです。
 
 
不登校でお家にお子さんを置いて外に出られない方もいます。かと言って、療育や教育のためにお金は必要です。
 
 
 
 
このような問題の解決のために、子育てに役立つ発達科学を学び、それを元に「在宅で」仕事ができたらお母さんの悩み事が1つ解消される可能性があるからです!
 
 
2つ目の理由は、仕事をしたい訳ではない人もいるのに、なぜ、仕事をしたい人とそうでない人を分けないのか?という理由ですが、これも理由は明快で、仕事ができる程の知識やスキルを学んだ方が、お子さんの発達が進むからです!
 
 
私が知っていることを全てお話しする講座にしているのは、これから長く続く子育てで、困った事があるたびに「専門家に聞く」という解決法では不安も払拭されませんよね。
 
 
ただ、今ラボにいるメンバーは、知識とスキルを身につけて「問題が起こっても何をすればいいの自分で分かるし、できる!」という状態になっています。
 
 
そうなると、お子さんの発達もどんどん進みますし、お母さんのストレスも減ります。
 
 
だから、仕事をする・しないに関わらず、学んでもらっているのです。  
 
 

 
 

2.発達科学ラボには非常識なルールがあります

 
 
発達科学ラボはママが学びやすい環境があります。そして、発達支援への考え方、ルールは非常識そのものです。
 
 
それは巷にある発達支援よりも、もっともっと効果的な技術を届けるために他なりません!
 
 
例えば、欠席・遅刻・早退を厳しく取り締まらないというルール。
 
 
このルールは、発達凸凹キッズの子育ては時間通りに進まないことが多いからです。
 
 
 
 
急な呼び出し、急なかんしゃくなどお母さんにしか対応できないことがあります。 それを優先していただく環境が整っています。
 
 
だんだんと子育てが落ち着くと遅刻・早退・欠席などをしなくても良くなるので、こんな緩いルールでもラボが乱れることはないのです。
 
 
これは参加されているお母さんが、皆さん良識ある方ばかりだからです。
 
 
また、発達の仕事をする資格を発行しない!というルールもあります。 発達科学ラボは協会ではありません。ですから、資格は発行しません。
 
 
あくまで、私のもとで発達の仕事をしていただく肩書きをラボにいる間だけお渡しします。
 
 
病院や学校などの公的機関で働く訳ではないですし、子どもと直接関わる仕事ではないので本来は、資格を発行しても問題はないのです。
 
 
が、それをしない理由は、発達の相談は医学にも関わるという点にあります。
 
 
働く間はラボに所属してもらい、もし自分一人では解決できない相談をされた時にも、私がフォローするためです。
 
 
そうすれば、相談した人にも不利益にはなりませんし、働く人を守ることにもなります。 他にも、期限を決めない!というルールがあります。
 
 
ラボは何年でも在籍できる仕組みで、学びと仕事がママのタイミングでできるようにしてあります。 子育てはずっと続くから、ずっと学びを続けていくために無期限の講座になっているのです。
 
 
しかも受講料は入会時のみ。あとは仕事をすれば、受講料が回収できてあとはずっと黒字化する仕組みです。
 
 
お子さんが大きくなって何かトラブルを抱えた時にも、所属さえしていればすぐに相談できるという安心感があります。  
 
 

 
 

3.一緒に学び・お仕事するなら今がおすすめです

 
 
こんな風に学びやすい仕組みを整えているので、所属メンバーはどんどん増えています。
 
 
とは言え、私が同時に教えられる人数にはどうしても限りがあるので、月ごとに定員を決めて新しく入れる枠を確保しています。
 
 
嬉しいことに、活躍するトレーナーが増え、起業するための人財教育のシステムが確立してきたこと、起業に対してより真剣な人や成果を上げたい人を優先的に育てたいという想いから私はトレーナー育成の受講費を来月からアップさせて頂くことに決めました。
 
 
数十万円ほどのアップになりますが、これまでと変わらず起業して収入を得れば数ヶ月で回収できます。
 
 
今月中に個別相談へ来た方は現行通りの価格で活動をスタートできます。 ただ、今月の枠は残りわずかとなっております。
 
 
 
 
【個別相談】
非常識な発達支援を学び、子育てと仕事を両立する個別相談会
 
 
【ラボでできること】
発達の学び、発達科学コミュニケーションの習得 脳の発達、発達心理学、実践法など発達支援に必要な講座の受講 学びながら下記の仕事にも就くことが出来ます。仕事をするかどうかは自由です。
 
 
・リサーチャー
発達科学の勉強をしながらご自身が深めたい知識を深めるリサーチや発信の仕事  (パート感覚の裏方の仕事)
 
 
・トレーナー
発達科学の勉強をしながら自分だけのポジションを作り発コミュを教える講師の仕事  (起業して取り組む仕事)
 
 
 
 
ご自分の子育ての経験を生かしながら、自分にも、我が子にも、発達に悩む他の親子にも明るい未来を手渡したい!という方には最高のチャンスとなるはずです。
 
 
非常識な発達支援をマスターしたい方はぜひラボの門を叩いてくださいね!
 
 
 
 
 
 
ママも子どもも一歩踏み出そう!まずはメルマガから♬
▼ご登録はこちらから!

 
 
執筆者:吉野加容子
(発達科学コミュニケーショントレーナー、学術博士、臨床発達心理士)
 

-ママの学び方・働き方
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.