トレーナーの声 発達障害

やらせないお手伝いで子育てがラクになった!発コミュトレーナー・成瀬まなみが語る発コミュで得た親子の変化とは?

更新日:

 

やらせないお手伝いで子育てがラクになった!という発達科学コミュニケーショントレーナーの成瀬まなみさん。一体何をどうしたら子どもが自らお手伝いをするようになるのか、また成瀬さんの意外な素顔に迫ります!
 

【目次】

 

1.やらせないお手伝いで子育てがラクに!発コミュトレーナー・成瀬まなみの素顔

 
 
発達科学ラボでは、子育てに悩み、苦しい思いをしてきたお母さんたちが発達科学コミュニケーション(発コミュ)をマスターして、親子のコミュニケーションを変えることで発達凸凹の子育ての困りごとをなくしています。
 
 
そうして子育ての困りごとがなくなったら、発達科学コミュニケーショントレーナーとして子育てに悩むお母さんに発コミュを教える講師となったり、リサーチャーとしてパステル総研で記事を書いたり教材を作ったりする活動しています。
 
 
今回は、そんな発コミュトレーナーの成瀬まなみさんへのインタビュー3回目です。
 
 
過去のインタビューはこちらから!
 
 
 
今回は、成瀬さんのトレーナーとして活動していく中でライフスタイルどう変わったか、プライベートな素顔に迫っていきます!
 
 

ーーー発コミュのトレーナーと活動していく中で、ライフスタイルはどう変わりましたか? 

 
 
「私は会社に勤務してましたので、全く180度ライフスタイルが変わりました。
 
以前は都内勤務のワーママだったので、朝は子どもたちを送り出すまでにできる家事をこなして、電車通勤片道1時間、5時まで仕事、学童と幼稚園に自転車を走らせながらお迎えにいくという生活をしながら、 全ての家事を私一人でまわしていたんですね。
 
今は私が早朝の起業家トレーニングがある日が多いので、朝食は子どもたちが自分でメニューを決めて作ってくれるようになりました。おうちの中で子どもたちがレストランを経営していますので!
 
夫も家事を分担してくれるようになり、家族全体でどんどん自立が加速しています!
 
それは、一日中ずっと家族全員に発コミュを私が使っているからだと思うんです。どうしたら楽しく動けちゃうか?脳が動きたくなるしかけをいつも考えるようになりました!
 
また、オンラインでどこでも仕事ができるので、好きな時にカフェに行って、近くの図書館で研究用のための本を借りて読みながら仕事をしたりもしています。
 
オフィスに行って仕事をしている時にはできなかったような、時間と空間の使い方が全く変わりました!」
 
 
 
 

◆ポイント解説

 
 
ワーキングママでありながら、家事も育児も全部担って忙しくされていた成瀬さん。
 
 
トレーナーとして活動する中で、こども社長メソッドを使いお子さん達がやらせないお手伝いをしてくれて自立が進んだり、旦那さんも家事を分担してくれるように変化があったようです。
 
 
自立につながる子育てをしながら、どこでも好きな場所で仕事ができるというこれまでとは違ったライフスタイルが実現されているのは、とても素敵ですね。
 
 

2.「こども社長メソッド」で子どもが喜んでお手伝いをするように!

 
 

ーーー成瀬さんの「こども社長メソッド」を実践してラクに子育てしたいと思う方は多いと思うのですが、成瀬さんご自身はどんな風にこのメソッドをスタートされたんですか?

 
 
「実際にこども社長メソッドをやり始めたのは夏休みが始まる1週間前からです。
 
子どもたちは3年生と1年生で、1週間前に夏休みが来週から始まる『じゃあ、おうちで社長になってみよう!』と言うことで始めました。
 
最初は『まずママがやっている仕事ってどんなものがあるか書き出してみよう』と言って、子どもたちに何があると教えないでママがいつも何をしてるかを思い出させて書いてもらったんですね。
 
『その中でやってみたいお仕事ある?』というふうに聞いてみて、『これをやって欲しい』じゃなくて『子どもがやってみたい』と言うものを選んでもらったんです。
 
その『やってみたい』と言った仕事に対して『会社名をつけよう!』と言って、企業化しました。
 
『お風呂屋さん』をやりたいと言っていたので、『お風呂屋炭治郎にしようか』とか『お水をやるのをやりたい』だと『フラワーショップ胡蝶にしようか』とか。
 
『鬼滅の刃』にハマっているので、会社名も子どものテンションが上がるようなものをつけました」
 
 
 
 

ーーーママが「これをやってね!」とお願いするのではなく、まずは自分で考えてもらうというのがポイントなんですね。実際に大人が起業する際もそうですもんね。

 
 
「そして『企業理念っていうのがあるんだよ』
 
『その会社が大事にしていることなんだけど何を大事にしてやっていく?』
 
というふうに聞いて、企業理念を作りました。
 
それを大きな模造紙に業務内容とか会社名、社長何々とか、名前を書かかせてバンっと壁に貼りました!
 
ここまでが夏休み前にやったことです。
 
夏休みにいよいよ入って、『じゃあ今日からあなたたちは社長1号、2号です。何のお仕事やるんだったっけ?』と言って『胡蝶フラワーショップだからお水あげる!』みたいな感じでずっとやってもらっています。
 
夏休みからなので早3ヶ月ですかね。『これもやってみたいな』『あれもやってみたいな』とお仕事を自分たちでどんどん増やしちゃうので、今どんどん会社が増えている状態で…多店舗展開しています!」
 
 

◆ポイント解説

 
 
小さいお子さんだと、ママがお家でどんな家事をしているのかあまり知らないことが多いので、ママのお仕事を思い出させるというのは、気付く機会になりますね。
 
 
身近なママの家事でさえあまり知らないのだから、世の中の仕事については全然知らないものです。
 
 
そう言ったことを教え込むのではなくて、自分で考えたり調べたりするところから始まり、経営の理念を考えたりというのは今までとは違うキャリア教育だと感じました。
 
 
そういったやり方だから、「やらせないお手伝い」なのでしょう。おうちの中で「多店舗展開」なんて楽しそう!と思いました。
 
 

ーーー成瀬さんの元気の源やこだわっているものはありますか?  

 
 
「元気の源は、
 
どんなに忙しくても、寝る前に子どもとぎゅーっとハグすること
 
仕事スペースには好きな香りを置いてリラックスして仕事をすること
 
どんな予想外の事がおこったとしても、その時の最善をつくした自分を、一日の最後に『今日も頑張った!』と褒めるということです。」
 
 

ーーーなるほど、パステルの子育てって思ったようにいかないこともたくさんあるので自分に丸をつけて一日を終わることはすごく大事だと思いました。成瀬さんのリフレッシュ方法やお好きなものについて教えてください。 

 
 
「私はとにかく食べることが好きで、美味しいものを食べることが好きなんですけれども、このコロナの影響で全然外食ができなくなってしまいました。
 
いけないなら自分で作るしかないと、家でお料理をしています。
 
いつもと同じようにやるのはつまらないので、子どもたちがどんなに騒いでいても料理の時間はAirPodsで音楽を聴きながら料理をするのに没頭する、ひたすらみじん切りをするみたいなことをしています。
 
何の声も聞こえない『全集中』でみじん切りをするのが、意外とリフレッシュになることに気がついたんです。出かけられない苦肉の策なんですけど。
 
それをやり始めたら子どもたちもお料理をしたりお手伝いをするときに、私の真似をして好きな音楽をかけるっていうようになったんですね。その時はテレビを消して音楽を聴いています。
 
子どもたちって視覚優位な子が多いと思うんですけれども、テレビがついているとテレビしか見ない、その動画のほうに目が向いちゃうと会話ってなかなかその時できないものです。
 
テレビを消して音楽をかけながらお料理を一緒にするとそこで会話が生まれたりして、お手伝いもどんどん上手になりますし自分の時間がさらにできてリフレッシュになっています」
 
 
 
 

◆ポイント解説

 
 
子どもが知ってる世界は、すごく狭いので、ママが音楽を聞きながら料理やお手伝いをするなどの新しいことを見せてあげて、ママが楽しそうだと真似してくれるものですね。
 
 
お子さん達が、視覚優位だからテレビは消して、耳から情報を入れるようにされているのも、楽しみながらお子さんの聞く力を伸ばすことができコミュニケーション力も上がることに繋がります。
 
 
お子さん達が、自ら楽しみながら、いつの間にか脳を発達させることをしているという、発コミュの魅力が詰まった「こども社長メソッド」はとても魅力的です!
 
 

3.やらせないお手伝いでママが1番ラクになれる子育てを!

 
 

ーーー最後に、成瀬さんのこれからの活動の目標について教えてください!

 
 
「私は、発達科学コミュニケーションの講座にプラスして、このやらせないお手伝いでお子さんの未来を描く力が育つ「こども社長メソッド」に取り組んでいただく事で、 ママが1番ラクになれる子育てを目指しています。
 
自分で考える力がつき、行動できたら、ほとんどの指示出し、フォローがいらなくなるだけでなく、家庭の中の役割を率先してやってくれるようになります。
 
それが、子ども達にとって未来を描く力につながるとしたら、そんな3ヶ月後を想像して欲しいと思います。
 
子育てが一気におもしろくなるこのメソッドを、今は我が子の発達に悩んでいるけれど、子どものキラリと光る才能を信じているママ10万人に届けたい!です。
 
親子で夢を実現させる、そんな子育てに興味のあるママはぜひ成瀬まなみとInstagram、Facebookで検索してみてください」
 
 
 
 

◆ポイント解説

 
 
発達科学コミュニケーションだけではなく、やらせないお手伝いで子ども達が自ら動き出し、ママが楽になる子育て、さらに子育てが一気におもしろくなる、そんな「こども社長メソッド」が学べるのはトレーナーの中でも成瀬さんの元でだけということが分かりました!
 
 
これからの成瀬さんのご活躍がとても楽しみです!
 
 
また、お子さんの脳を楽しく成長させてママも楽になれる方法をこちらの無料電子書籍でもお伝えしています。
 
 

忙しいママの味方!やる気のない低学年発達凸凹キッズの脳がお手伝いで変わる!こども社長プロジェクト簡単な4ステップワーク付き♪はこちら↓↓

▼自分でお支度も宿題もできる子になる!お子さんのやる気がぐーんとアップ
 
 
子どもたちが未来を描く力をつける子育てについて詳しく解説しています!
▼無料で毎日情報をお届けしています

 
 
執筆者:山田ちあき
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-トレーナーの声, 発達障害
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.