自信で解決!何をやってもトイレトレーニングが進まない時に見直して欲しいこと

 

「トイレトレーニングが進まない…」と悩んでいませんか?実は、子どもに自信がないとどんなテクニックを使ったとしてもトイレトレーニングは進みません。そこで今回は、なぜ自信が必要なのか、そして自信のつけ方をお伝えしますね!
 

【目次】

 

1.トイレトレーニングが進まない悩みは、自信をつければ解決します!

 
 
何をやってもトイレトレーニングが進まない…
 
ご褒美を使っても上手くいかなかった…
 
子どもの気持ちに寄り添っても上手くいかなかった…
 
 
そんなお悩みはありませんか?
 
 
実はそのお悩み、子どもに自信がないことが原因です!
 
 
 
 
なぜ、自信がないとトレイトレーニングが進まないのかと言うと、新しいことや苦手なことに挑戦できないからです。
 
 
脳は、行動を繰り返すことで発達します。
 
 
自信がないから動けない
    ↓
行動しないから、脳が発達しない
    ↓
トイレトレーニングが進まない
 
 
このように繋がってしまい、いつまで経ってもトイレトレーニングが進まないのです!
 
 
そこで今回は、子どもに自信をつけるオススメの方法をお伝えします。子どもに自信をつけて、トイレトレーニングのお悩みを解決しましょう♪
 
 

クリスマス目前!
冬休み、ゲームの長時間使用が心配なママへ
↓↓↓

 
 

2.焦った時こそ、自信が必要なわけとは?

 
 
周りの子どもはどんどんオムツを卒業していくのに、わが子はトイレトレーニングが進まない…
 
オムツをしているのは、クラスの中でわが子だけ…
 
 
このように感じていませんか?
 
 
2学期は、年少のクラスであれば、ほとんどのお子さんがオムツを卒業している時期。2歳児クラスのお子さんであっても、日に日にオムツを卒業する子が増えていく時期です。
 
 
何をやってもトレイトレーニングが上手く進まないと、つい周りと比較して焦りを感じたり、「いつになったらオムツを卒業できるんだろう…」と不安を感じたりしますよね。
 
 
焦りや不安から、色々な情報を調べ、手当たり次第に子どもにやってみたという方もいると思います。
 
 
ですが、そんな時こそ自信が必要です!
 
 
 
 
なぜかと言うと、やみくもにテクニックを使って進めようとしても、子どもに自信がついていなければ上手くいかないからです。
 
 
さらにトイレトレーニングが進まないことにばかり注目するのもNG!
 
 
子どもの自信がどんどん減り、今まで自分でできていたことができなくなったり、反抗的になったりと、状況が悪化することもあるからです。
 
 
焦った時こそ、子どもに自信をつけることを意識しましょう!
 
 

3.トイレトレーニングに失敗した過去

 
 
実は私も、子どものトイレトレーニングが進まなくて悩んだ経験があります。
 
 
保育士をしていた時に効果のあったテクニックも、本やインターネットで調べた情報も、どれも娘には効果がなく、褒めても、叱っても、ご褒美を使っても、何をやっても上手くいきませんでした。
 
 
いつかはオムツを卒業できるから大丈夫…
 
個人差があるからしょうがない…
 
 
そう自分に言い聞かせるものの、いつまで経ってもトイレトレーニングが進まない娘にイライラしたり、焦ったりしていました。
 
 
 
 
時には、
 
なんでトイレでおしっこしないの!?
 
オムツ履いているの〇〇ちゃんだけだよ!
 
 
と、子どもを責めてしまうこともありました。
 
 
また、周りの子どもがどんどんオムツを卒業していく中、いつまで経ってもトイレトレーニングが進まないことから、保育士としても、母親としても自信を失っていきました。
 
 

\学校も病院も教えてくれない/
発達障害・グレーゾーンの子どもを
自立させる育て方がわかる本
↓↓↓

 
 

4.子どもに自信をつけるオススメの方法

 
 
そんな私ですが、発達科学コミュニケーションの声かけを組み合わせて娘に使ってみたところ、トイレで排泄ができるようになりました!
 
 
娘のトイレトレーニングで、色々な方法を試し、失敗した経験があるからこそ、子どもの自信が必要だと感じています。
 
 
何をやってもトイレトレーニングが進まないと悩んでいる方には、色々なテクニックを試す前に、まずは「自信をつけること」を優先してやって頂きたいです。
 
 
では、子どもに自信をつけるために、どうしたら良いのかと言うと、「できた!」という成功体験をたくさんさせてあげる事が必要です。
 
 
そのため、子どもができている事を言葉にして褒めたり、認めたりすることが効果的です!
 
 
そこで今回は、褒めるのが苦手なお母さんでも簡単にできる「実況中継」というオススメの方法を紹介しますね♪
 
 
実況中継は、子どもの行動を見たまま言葉にします。褒めるポイントを探さなくても良いので、褒めるのが苦手な方でも、簡単にできます。
 
 
子どもがオマルに座るまでを例にすると…
 
 
オマルまで来たね!
 
ズボンを脱げたね!
 
パンツを脱げたね!
 
オマルに座れたね!
 
〇秒座れたね!
 
 
というように、たとえオマルでおしっこが出なかったとしても、子どもがやっている事を実況中継する事で、小さな成功体験をたくさん作ることができます。
 
 
また、できたことだけでなく、やろうとした事を「~しようとしているんだね」と言う事で、より多くの成功体験を作ることができます。
 
 

 
 
トイレトレーニングの時だけでなく、ご飯、着替え、お風呂、歯磨きなど、日常生活の様々な場面で「実況中継」をすることで、さらに子どもは自信をつけていきますよ!
 
 
毎日の「実況中継」が、子どもに自信をつけ、トイレトレーニングを進めていきます。ぜひ今日から使ってみてくださいね♪
 
 
子どもに自信をつける方法は、こちらの記事でも書かれているので、併せてお読みください。
 
 
 
 
上手くいかない子育てを解決するヒントをお届けしています♪
▼ご登録はこちらから

 
 
執筆者:たかの しま
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
 
 
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない おうち発達支援の始め方
資料請求はこちら
発達グレーゾーンの困りごとを大人に持ち越さない
おうち発達支援の始め方
資料請求&限定プレゼントはこちら
タイトルとURLをコピーしました