怖い夢を見てしまう母子分離不安の子どもにおススメする絵本3選。

子どもが怖い夢を見て泣いてる。そんな様子が続いているとママも心配になりますよね。
なぜ、母子分離不安っ子は怖い夢を見てしまうのでしょうか?注意すべき母子分離不安っ子の怖い夢とは?怖い夢を見てしまう母子分離不安っ子におすすめの絵本もご紹介します。
 
 

1.なぜ子どもは怖い夢をよく見るの?

 
 
子どもがよく怖い夢を見てうなされている。
 
 
 寝ていると、突然、泣き出して怖がっている
 
 
お子さんが怖い夢をよく見ることを心配しているママはいませんか?お子さんが過度に怯えている様子を見ると、たまらなく心配になりますよね。
 
 
なぜ、子どもは怖い夢を見るのでしょうか?
 
 
人間の睡眠には「ノンレム睡眠」「レム睡眠」の2種類がありますが、子どもは大人に比べてレム睡眠の時間が長いことがわかっています。
 
 
 幼児期のレム睡眠は脳の発達に深い関わりがあるとされ、子どもはこのレム睡眠が長いので、もともと夢を見やすいと言われています。
 
 
不安が強く、ネガティブなイメージを持った状態で睡眠に入ると、レム睡眠時にがネガティブな記憶を整理します。
 
 
 その際に、嫌な経験怖いシーンが夢となって再現されることがあるのです。
 
 
母子分離不安の子どもは、不安が強くネガティブなイメージを記憶に残しやすい特性をを持っているので、怖い夢を見やすい気質であるといえます。
 
 
 

2.注意すべき母子分離不安っ子の悪夢とは?

 
 
子どもが怖い夢を見て、うなされたり、泣いたりするのは珍しいことではありません。
 
 
しかし「ママがいなくなる!」「ママが死んでしまう。」といった母子分離に関する内容の夢を繰り返し見て、お子さんが苦しんでいる場合は注意が必要です。
 
 
 アメリカ精神医学会の診断と統計マニュアル「DSM-5」の分離不安症における診断基準の一つとして「分離を主題とした悪夢の反復」が挙げられています。
 
 
 ママからの離れることにに対して、過剰な恐怖または不安があり、母子分離に関する悪夢を繰り返し見る場合は、分離不安症が疑われます。

【母子分離不安症とは?】
ママべったりの母子分離不安にどう対応する?分離不安の専門家が教える対応の鉄則

 
 注意して対処してあげる必要があります。
 
 
 

3.怖い夢を見てしまう母子分離不安っ子には絵本をおススメします!

 
 
子どもは成長とともに、「夢」「現実」を区別できるようになります。
 
 
大人の私たちが、怖い夢を見たとしても「今日は怖い夢を見たな。」程度で終わることですが、子どもはまだ「夢」と「現実」を区別できません。
 
 
もし、お子さんが怖い夢を見て苦しんでいるのであれば、まずは「夢」が「現実」ではないことを教えてあげてください。
 
 
ママやパパが怖かった思いを受け止め、フォローしてあげることもとても重要です。
 
 
 「夢」が「現実」ではないことを子どもが理解するためには、絵本やお話の活用をおすすめします。
 
 
 主人公が夢を見て、現実に戻ってくるような内容のお話から、「夢」は「現実」ではないことを教えてあげましょう。
 
 
「夢」の中の世界のお話と言えば、「不思議の国のアリス」が有名ですね。
 
 
「不思議の国のアリス」は夢の中の世界に迷い込んでしまうけれど、結局「夢」だと気づいてお話が終わります。
 
 
このように、結局怖い夢は「現実ではなかった」と気づく結末のストーリーは、子どもの怖い夢の対応にはおすすめです。
 
 
また、怖い夢を退治するようなストーリーだったり、見ていた夢の続きのお話を一緒に考えてハッピーエンドで終わらせてあげたりするのもいいと思います!
 
 
 

4.怖い夢を見る子どもにおすすめする絵本3選

 
 
「夢」を題材にした絵本はたくさんあります。
 
 
 私が我が子に読んであげた絵本で、怖い夢を見た時に読んであげたいおすすめの3冊を紹介します。
 
 
 ぜひ、参考にされてくださいね。
 
 
◆よるくま(酒井 駒子作、偕成社)
 
 
 夜のわくわく冒険から帰ってくると、最後には大好きなお母さんからのぎゅ~が待っていました。愛情と安心がいっぱい詰まった絵本です。
 
 
◆かいじゅうたちのいるところ(モーリス・センダック著、じんぐうてるお訳、冨山房)
 
 
 映画にもなった名作。ママと喧嘩をして寝室に閉じ込められた男の子。しかし、突然寝室は森の中に変わってしまい…冒険がスタートします。冒険に疲れ切った男の子はママの懐かしい匂いを感じます。ほっと安心して読み終えることのできる絵本です。
 
 
◆ペネロペ こわいゆめをやっつける(アン・グットマン文、ゲオルグ・ハレンスレーベン画、ひがしかずこ訳、岩崎書店)
 
 
 ペネロペが怖い夢を見ないように、パパとママがペネロペに魔法の粉を付けてくれます。魔法の粉のおかげで怖い夢を見なくなったペネロペ。表紙にはキラキラの魔法の粉がついていますよ!
 

夢を題材にした絵本は、他にもたくさんあります!ぜひお気に入りの絵本を親子で見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました