【子育ての段取り】朝が不機嫌イライラな子どもには、「前日から」の段取りで対応!

子どもが朝から不機嫌イライラで、家族みんながいや~な雰囲気になっていませんか?小さな理由の積み重ねから、不機嫌が毎日続いてしまうのかもしれません。家族みんなが朝からゴキゲンになるために、前日からの段取りで対応することをオススメします!

子どもが朝から不機嫌イライラMAXになっていませんか?

朝から不機嫌で、イライラモード全開の子どもに、家族みんながいや~な雰囲気になってしまっていませんか?
 
 
わが家には小学6年の息子がいるのですが、息子は朝起きるとなぜかイライラしていることが多くありました。
 
 
暴言を吐き、ひとしきり文句を言ったあとは、ベッドでダラダラし、なかなか学校に行かない、ということが日常でした。
 
 
いやなことがあったからイライラし不機嫌になる、というのなら理解できるのですが、朝起きた瞬間から怒りMAXなのです。
 
 
「なんで怒ってるのよ!」と問いつめたり、「怒らないでよ!」と怒りをおさめようとしても、子どもの怒りのパワーは増幅するだけでした。
 
 
そうすると、家族みんながイライラモードになり、「息子が怒るから家族の雰囲気が悪くなる…」と息子を恨む気持ちまで芽生えていました。
 
 

「なんかヤダ」で不機嫌に…

発達障害・グレーゾーンの子ども、特にADHD(注意欠陥多動性障害)タイプのお子さんは、些細なことでカッとなりやすい傾向にあります。
 
 
ありあまるエネルギーを自制する機能がうまく働かず、さまざまなことでイライラしてしまいます。
 
 
さらに、見通しが立てにくいという特性もあるため、今日、自分のやることがよくわかっていないことがあります。
 
 
「授業ではあれとこれが必要」とか「あの課題を早めに終わらせておこう」などと考えることが難しいのです。
 
 
そのため、ただ漠然と「めんどくさい」「やだな」という感情だけが残ってしまうのです。
 
 
また、「めんどくさい」「やだな」というネガティブな感情が残りやすいという特性もあり、その感情に支配されてしまうので、朝起きた瞬間から不機嫌になりやすいのです。
 
 

前日からの準備で、家族みんなが朝からゴキゲンになれるダンドリ【夜編】

朝起きたときに、ネガティブな感情のスイッチを入れないために、前日からポジティブな感情のスイッチを入れるようにします!
前日にやっておく段取りは、3つです。
 

翌日の朝ごはんを決めておく

朝起きたら〇〇を食べる、ということが明確になることで、先の見通しがしっかり立ち、心の安心材料になります。
 
 
ぜひ子どもの食べたいものを聞いてみてください!
 
 
わが家の場合は「おにぎり」ということが多いのですが、「インスタントラーメン」ということもありました。
 
 
朝から!?健康に悪そう…と思いましたが、「お味噌汁のかわりに、みんなで少しずつ食べよう!」と提案したら、いいねいいね~!と受け入れてくれました。
 
 
いつもと違う朝食というのも新鮮で、子どももワクワクしてきます。

翌日の楽しみを見つけておく

「楽しみ」というと、何か大それたものを準備するのかというと、そうではなく、小さな楽しみを、できたらたくさん見つけ、それを予告します。
 
 
「明日天気が良くなるんだって!」
「明日楽しみにしてた〇〇がテレビであるね!」
 
 
普段毎日していることでも、それが子どもの楽しみであれば伝えていきましょう!
 
 
「あのゲーム、明日は〇〇までクリアできるようにがんばって!」
 
 
など、子どもの楽しいことに共感していくことも大切です。
 

いい気分で1日を終える

イライラと不機嫌になりやすい子どもは、朝だけということもなく、きっと1日中かもしれません。
 
 
夜、寝る前にもゲームをいつまでもやめなくてバトルになってしまう…なんてこともあるかもしれません。
 
 
「もう知らない!勝手にしなさい!」と言い残して、そのまま1日を終えるのではなく、「おやすみ」と笑顔で言って1日を終えたいですよね。
 
 
ゲームなどやめられない場合、無理にやめさせず、先の項でお伝えした翌日の楽しみを切り出して、行動の切り替えを促します
 
 
「明日の朝ごはん、何がいい?」と、気持ちを今から明日に向けていきましょう!

前日からの準備で、家族みんなが朝からゴキゲンになれるダンドリ【朝編】

朝起きてからの段取りも3つです!

「おはよう」の挨拶

朝起きた瞬間から不機嫌だと、声をかけづらいときもあります。
 
 
激しく怒りをぶつけてきた時でなければ、穏やかな声で「おはよう」と声をかけましょう!
 
 
「いつも不機嫌な息子!」というレッテルをはがして、声をかけてくださいね。
 
 
もし、激しい怒りを出してるときは、そっとしておき、おさまったら何事もなかったように「おはよう」と声をかけましょう!
 
 
ポイントは「穏やかな声」と「スマイル」です^ ^
 
 

前日決めた朝ごはんを食べる

そして、前日決めた朝ごはんを約束どおり食べましょう!
 
 
いつもママが子どもを起こしているなら「朝ごはんは〇〇だよ~!」と声をかけるのも効果アリです!
 
 
ネガティブな感情のスイッチが入る前の声かけが大事です。
 
 
また、前日にメニューを決めておくことで、朝起きてから「何にしよ~…」と考える必要がないので、ママも楽チンですね!

前日確認した「楽しみなこと」をもう一度確認する

そしてもう一つ。
 
 
前日に確認した楽しみなことを、「今日は〇〇だったよね!楽しみだね~」と再度お話をします。
 
 
ずっと前から楽しみにしていたことであれば忘れずに、それこそ朝起きた瞬間から「今日は〇〇だ!」と子どももワクワクしながら目が覚めるかもしれません。
 
 
ですが、日常の些細な楽しみくらいであれば、忘れてしまいがちです。
 
 
なぜならネガティブな感情の方が残りやすいやすいからです。
 
 
だからこそ、朝起きたときに、もう一度伝えてあげることで、子ども「あー、そうだそうだ。そうだった!」と楽しいことでいっぱいの脳になっていきます。
 
 
毎朝、笑顔で1日のスタートをきっていきましょうね!
 
 
執筆者:津森あかね
(New Mammyアンバサダー★)
 
 
タイトルとURLをコピーしました