オンラインゲーム中の暴言や衝動的な行動を子どもが「自分で」止められるようになる、親のかかわり方

子どものオンラインゲームをしている様子を見て、暴言や言葉づかいの悪さにビックリすることはありませんか?ママが無理に制止しても、暴言は止められません。ゲーム中でも、子どもが自分自身で暴言を止めていく経験を積んでいきましょう!

暴言や衝動的な行動がつい出てしまうゲーム中の子ども

いつの時代も、ゲームとのかかわり方について、親子でバトルになるというのは聞く話ではありますが、この令和の時代、オンラインゲームをパソコンがなくとも、子どもが気軽にできるようになったというのは、大きな変化ではないでしょうか。
 
 
子どもたち同士の交流の場として定着しており、わが家の小6の息子も毎日のように友達とオンラインゲームをしています。
 
 
わが家では、ゲームはリビングでやることをルールとしているので、ゲーム中の様子を見ることができるのですが、ヒートアップしてくると、一緒にやっている友達に対し「おまえ!何やってんだよ!」ときつい口調になっていきます。
 
 
うまくいかないことがあると、座ってるソファをガンっと叩いたり、つけてるヘッドフォンを叩きつけたりもします。
 
 
そんな行為が長引くわけではないのですが、見ていて決して気分がいいものではありません。
 
 
もう少し穏やかにゲームしてほしいなぁ…と思って見ていました。
 
 

ゲームとなるとつい暴言が止められなくなる理由

ゲーム、とくにバトル系のオンラインゲームをしているときの脳は、ストッパーが効かない状態になっています。
 
 
注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプのお子さんであれば、特性として衝動性が高い傾向があり、尚更、ストッパーが効きにくい状態になります。
 
 
思ったこと、感じたことをそのまま口に出してしまうので、相手を傷つけたり、トラブルになってしまうことも多くあります。
 
 
 
 
また、思春期の子どもの脳は「扁桃体」という感情をつかさどる部分が、活発に活動する時期でもあります。
 
 
ただでさえ活発に活動しているところに、ゲームで興奮状態になることで、余計にカッとなりやすいのです。

大人になるまでに自己コントロールができるようになりたい

ゲーム中とはいえ、やはり暴言を吐いたり、物を投げつけたりするのではなく、自分の行動を自己コントロールできるようにならないと、大人になってから困ってしまいます。
 
 
仕事でうまくいかないことが起きるたびに、暴言を吐いていたら、人間関係もうまくいかなくなっていきます。
 
 
脳機能的には、大体小学校高学年くらいになってできるようになっていく部分なので、大人になる前に、自己コントロールを身につけさせたいですよね。
 
 
そのためには「自分で」コントロールできた!「自分で」切り替えることができた!という成功体験を、今のうちにたくさん積んでいきたいのです。
 
 

ゲーム中の暴言を自分で止められるようになるには

ゲーム中の暴言を子どもが自分で止めていくために、3ステップで進んでいきます!

子どもに伝える

子どもがゲーム中に暴言を吐いたり、大声を出しているということを、本人が認識していない場合が多いと思うので、あくまで「ママの気持ち」として、
 
「ちょっと大きい声でビックリした」
「言葉が強くてちょっとこわいな」
 
などと伝えます。

話し合う

ママの思いを伝えた上で、暴言を言ったり、イラっとして物にあたりそうになったときに、どうしたら自分で止められるかな?と話し合っておきます。
 
 
「うるさい!」「静かに!」と親が子どもを抑えさせるのではなく、子どもが自分で止めていけるようになりたいのです。
 
 

指示を決める

わが家の場合、ゲーム中に話しかけられるのはイヤだということで、ホワイトボードで問題の行動を気づかせる作戦にしました。

 
 
子どもがヒートアップしてきたら、ホワイトボードで私の気持ちを伝えます。
 
 
「こわいよ~~~」
「(コントローラー)投げたらこわれるよ~」
 
 
最初はホワイトボードをちらっと見て、とくに反応をしていなかったのですが、次第に手で「ごめん!」のジェスチャーをするようになっていき、少しずつ大声を出すことも、苛立ちを露わにすることも減っていきました。
 
 
たまに「うおっ・・・静かにしまーす・・」と大声で何かを言おうとして、自分で気づいてやめることもできるようになりました。
 
 
自分で抑えることができたら、にこっと「いいね!」のサインを送っていきましょうね!
 
 
 
 
ママが上手に指示を送ることで、子どもは成功体験を積むことができ、自己コントロールの力を身につけることができます!
 
 
お子さんにぴったりの指示を見つけてくださいね^ ^
 
 
執筆者:津森あかね
(New Mammyアンバサダー★★)
 
 
 
思春期のゲーム・YouTube問題へのママの対応をお伝えしています!
▼無料メール講座の登録はこちらから
タイトルとURLをコピーしました